勝敗グラフ中日ドラゴンズ選手名簿(おたんじょうび帖)中日ドラゴンズ年俸ランキング高額年俸ランキング・全国版高額年俸ランキング・球団別表彰選手セ・リーグ個人成績パ・リーグ個人成績
| birth of オレ | pre.2004 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 日本シリーズ |
May 2004 season 05/01→05/31

-
05/01 sat./22/11勝10敗1分/対横浜2勝1敗1分/ナゴヤドーム

平井今季初勝利

横浜 000100000 |  マレン-デニー
中日 000001010 |  平井-落合
勝:平井/S:落合/負:デニー友利/[横浜] /[中日] 平井-落合

平井:「僕だけチームの中で乗り遅れていた。どれだけヒットを打たれてもあきらめずに辛抱強く投げようと思っていた」。オレ竜:「これで先発していく投手にみんな勝ち星が付いた。投手は何といったって勝ち星だからな」。荒木六回同点二塁打:「4回横浜の盗塁は僕のポジショニングのミス。僕の責任。あれで先制されたんで、何とかしたかった」。井端八回、決勝中前打:「ピッチャーの足を目がけて打ったら、あとはどこかへ行ってくれるだろうと思った。これで、きのう負けた嫌なムードも取れたかな」

大西スタメン、生まれて初めての一塁守備。谷繁はプロ入り初の三番。「大西はずっと試合前に練習をしてきた。野球ってのは生き物で、刻一刻と動いてる。それに対応していかないと。このままだと一樹の控えで1年が終わっちゃう、それに気付いたんだろう」「谷繁もよくリードしてくれた。それで十分」

-
05/02 sun./23/12勝10敗1分/対横浜3勝1敗1分/ナゴヤドーム

川上憲伸8回ゼロ封

横浜 000000001 |  門倉-木塚-吉川
中日 01020000X |  川上-落合
勝:川上/S:落合/負:門倉/[横浜] /[中日]

落合監督がマウンドに歩み寄ってきたのは九回一死満塁の場面。一死から佐伯、ウッズに連打を浴び、古木に四球。まだ1点も失っていない状況で「どうする?」と聞かれた。プロ入り後、マウンド上で“進退”を問われたことなどない。一瞬考えた結論は、「代わります」だった。「気持ちは入っていたけど、弱気な部分が出ていたから。古木の場面で一発で同点だな、とか、四球ならどうしよう、とか考えてしまった。だからワガママで試合を壊したくないと思って…」・・・だそうです。とにかく川上は前回登板金沢の雪辱に燃え、それを果たしたのである。二回アレックスソロ、四回井上2ラン。

-
05/03 mon./24/12勝11敗1分/対ヤクルト0勝2敗/神宮

壊滅的20失点。これからミーティング。入ってくるな。

中日 110100004 |  野口-宮越-小山-石川-佐藤
ヤク 09126002X | 20 石川-石井-山部
勝:石川/負:野口/

壊滅的20失点二回二死から野口悪夢の九連打。「四球や犠打を挟まない九連打は96年7月9日に巨人が広島戦(札幌)で記録して以来6チーム目のプロ野球タイ記録」だそうだ。

代わった宮越、3ラン被弾。小山2イニングで被本塁打1の3失点、石川6失点、プロ初登板佐藤、2本のソロで2失点。もうやめてお願い。

クラブハウスから報道陣をシャットアウトし、コーチ、選手全員招集の、就任後初の緊急ミーティング。「いつもいつも勝てるわけじゃない。1敗は1敗だよ」

-
05/04 tue./25/12勝12敗1分/対ヤクルト0勝3敗/神宮

ドミンゴ、雨、岩瀬...

中日 101000000 |  ドミンゴ-高橋聡-岩瀬
ヤク 00030001X |  石堂-五十嵐亮-石井
勝:石堂/S:石井/負:ドミンゴ/

ドミンゴ、四回2安打で1点を失いなお1死一塁で雨が強くなり17分間の中断。再開後の2球目、稲葉に逆転2ラン。「中断まではいい感じだった。自分の力を出し切れないので雨は苦手」

岩瀬、1点を追いかける展開で8回から登板、しかしピッチャー石井に右中間HR被弾、試合後無言。これが十試合目の登板で、うち6試合で失点。

-
05/05 wed./26/12勝13敗1分/対ヤクルト0勝4敗/神宮

チームの空気? 重いよ。でもがんばるしかないでしょう、

中日 000110001 |  バルガス-高橋聡-岩瀬
ヤク 10300000X |  マウンス-五十嵐亮-石井
勝:マウンス/S:石井/負:バルガス/

ヤクルトが今季初の3連勝を飾った。1回に岩村の中前打で先制し、3回はラミレスの適時打と鈴木の2点二塁打で加点した。マウンスは変化球が切れ、7回途中まで2失点で来日初勝利。中日は今季2度目の3連敗で初めて勝率5割を切った。

オレ:「これで各チームとの対戦も二回りしたな。チームも落ち着くんじゃないか。どうやって戦っていくのかもわかったことだしね」「借金生活? この時期にそんなこと全然気にしてない。これからちゃんと抑えていくよ」。福留:「チームの空気? 重いよ。でも今日だってたくさんのファンが来てくれた。調子が悪いとか、状態が悪いとか、そんなこと言ってられない。がんばるしかないでしょう」

-
05/07 fri./27/13勝13敗1分/対阪神3勝4敗/倉敷

猛打立浪四安打爆発

中日 003001000 |  昌-落合-岩瀬
阪神 001001100 |  福原-桟原-モレル
勝:山本昌/S:岩瀬/負:福原/

「四月を月間打率2割5厘で終えた立浪。『普通なら外されていてもおかしくなかった』。どん底の4月をそう振り返る。不振脱出のため取り組んだのは、人一倍の走り込み。「こういう時は走るのをおろそかにできない」と下半身強化に努めた。結果がこの日の固め打ちに表れた。立浪に引っ張られた打線は、七試合ぶりの2ケタ安打。1、2番を今季初めて入れ替えた打線がつながった。『(打順は)適性があるだろ。ウチはこういう戦い方をしていくんだよ』と落合監督はいつも通り平然。泥沼に陥る寸前、連敗は止まった」と、大阪日刊スポーツ・なにわWEBにある。

ベテランが不振だと必ず「なんで休ませないんだ」という声が出るけど、「不振脱出のために人一倍走り込んだ」、なんて話を知ると、そう単純なもんでもないのか。

1番井端2番荒木、というここまでの打順を、この日入れ換えた。オレ竜:「打順は適性があるだろ。ウチはこういう戦い方をしていくんだよ」。のちに語るところによると荒木は「2番だとどうしても考え過ぎちゃう」、井端は「打順なんてどこでもいい」、ってことなので、入れ換えて正解なんだろう。井端は打順入れ替えについて「うーん、荒木はバントが下手過ぎるからねー」、とニヤニヤ笑って語ってた。荒木:(もともと守備範囲が広かった荒木さんですが、今年さらに広くなったように見えます)「後ろ守ってるからじゃないですかね、今年から。スローイングに大分自信が出てきたから後ろも守れるようになって、守備範囲も広くなった、そういうことじゃないでしょうか」

-
05/08 sat./28/13勝14敗1分/対阪神3勝5敗/甲子園

ひとりで好投、川上孤立無援

中日 000000000 |  川上
阪神 000000001X|  薮-ウィリアムス
勝:ウィリアムス/負:川上/[中日] /[阪神]

7回表1死満塁、谷繁遊ゴロ併殺打。九回無死一、二塁。二走立浪に代走英智。アレックスの詰まった三塁ライナーで飛び出し、併殺。英智:「(アレックスの)バットと重なって、打球が見にくかったのは見にくかった。落ちると思ったんですが…。でも、捕られちゃ(何を言っても)ダメですね」 。高代コーチ:「ライナーで飛び出すなんて、問題外。次から使いにくくなる」

十回裏、金本サヨナラHR。オレ竜:(七、九回に攻め切れませんでしたね)「フフン…」。「エースが投げて1点取られて負けるのはしゃあなあいわな…。川上はすごく良かった」。川上:「次、頑張ろっと」。...涙。

-
05/09 sun./29/13勝15敗1分/対阪神3勝6敗/甲子園

「おかしいか?」壊滅的16失点

中日 230000000 |  平井-野口-宮越-佐藤-石川
阪神 11083003X |16 下柳-牧野-江草-モレル-桟原-安藤-三東
勝:牧野/負:平井/

下柳から二回までに5得点、久々の快勝モード、しかし先発平井四回無死から四連打。「調整の意味合いでしばらく中継ぎで使う」ふうなニュアンスで二番手野口、二塁打、中本塁打、左中二塁打、左本塁打。暗転、バカ負け。野口の中継ぎ起用には非難集中。「先発ローテ? どこかおかしいか? これで先発要員が全員、ひと回り悪いところが出たということだ。憲伸に始まって、野口、平井とな」

ルーキー本格派右腕佐藤充、日本生命出身26歳が六回七回をパーフェクトに抑えたところに光明を見る声が多かったが、肘を痛め、13日無念の抹消。

-
05/11 tue./30/13勝16敗1分/対ヤクルト0勝5敗/ナゴヤドーム

「収穫は井端のゲッツー」

ヤク 0011001001 |  石川-山部-坂元-五十嵐亮
中日 0000003000 |  ドミンゴ-高橋聡-落合-岩瀬
勝:坂元/S:五十嵐亮/負:岩瀬/[ヤク] /[中日]

最大3イニングの延長戦に、ベンチは迷わず守護神を送り込んだ。まず抑え、勝機を待つ。だが、岩瀬仁紀投手(29)は最初のイニングで散ってしまった。延長10回。1死から志田に中越え三塁打。2死まではこぎ着けたが、代打・度会に二塁・荒木の頭を緩く越されて、決勝点を献上した。「不運? 結果がすべてです。勝たなきゃいけない試合だった」。これで2敗目だが、救援失敗を含めれば4度目の炎上。岩瀬が迷い込んだ穴は、なお深いのか…。

ピッチャー岩瀬、のコールに中日応援団は不安げにどよめき、相手ファンからは「ひゃっほう!」みたいな歓声が挙がる。悪夢のような光景だ。今季登板13試合のうち7試合で失点。この日チームは単独最下位に転落した。

オレ:(打線は粘りを見せましたね)「粘りはね…。でもゲームを勝って、初めてその粘りが選手にいい影響を与えるんだ。ただ粘った、で終わってはね」「3−0で負けることを考えれば、同じ負けにしても違うかな。谷繁が多少変わってくるだろうし、立浪の状態もよくなってくる」「きょうは井端がサードに打った(六回三ゴロ併殺打)のが一番の収穫。君たちに言っても分からないだろうけど。まあ、分かってもらわなくて結構」。天才なのか、バカなのか。

↓このころ、どこかの掲示板で見た書き込み

2004年5月11日(火)現在

【順位差】
1)阪神   —
2)広島  1.5
3)巨人  0.5
4)ヤク  0.5
4)横浜  0.0
6)中日  1.0 ←ココ!

【チーム打率】
1)ヤク  .300
2)広島  .284
3)巨人  .279
4)横浜  .273
5)阪神  .269
6)中日  .252 ←ココ!

【チーム本塁打】
1)巨人   70(阿部を含む)
2)広島   52
3)阪神   48
4)横浜   41
5)ヤク   34
6)中日   25 ←ココ!
番外) 阿部慎之介:ひとりで19本

【チーム打点】
1)巨人   187
2)広島   164
3)阪神   162
4)横浜   143
5)ヤク   136
6)中日   112 ←ココ!

【チーム防御率】
1)横浜   4.21
2)横浜   4.21
3)阪神   4.42
4)巨人   4.47
5)ヤク   5.10
6)中日   5.26 ←ココ!

今日のオレ語録。練習中の森野に「レギュラーの座が転がっているのに拾わなくていいのか?」と言ったらしい。かっこいいなあ落合博満。ちなみに今日の森野は2タコ。

-
05/12 wed./31/14勝16敗1分/対ヤクルト1勝5敗/ナゴヤドーム

井端四安打一打点

ヤク 004000002 |  バルガス-平井-岩瀬-落合
中日 01222101X |  石堂-佐藤賢-成本-山本
勝:バルガス/S:落合/負:石堂/

井端四安打。我等はここで昨日の謎めいた予言を想起し、慄然とすべきなのであろうか。まー半分は偶然だろ、と思いつつ、やはり鳥肌の立つ思いもするのであった。谷繁も2安打3打点1本塁打、立浪1安打1打点。とうとう勝ちましたよヤクルトに。「打者は1球でよくも悪くもなる。井端はあのサードゴロで変わった」。今季初の毎回安打、9得点。井端:「四安打といっても内野安打が三つ。でも振りきったから安打になった。きのうので吹っ切れたんです」。前日オレ竜から「自分の打球が飛ばないと思うのは忘れろ」と言われたそうだ。なるほど。たしかに『超野球学』にもそんなこと書いてありましたね。「体格が小さい」イコール「飛ばない。だからコツコツ逆方向」なんて決めつけはナンセンスである、みたいな。俺:「打つ方に関しては底を抜けたという風にみてもいい」

-
05/14 fri./32/14勝17敗1分/対横浜3勝2敗1分/ナゴヤドーム

暗黒の日々

横浜 001100001 |  三浦-加藤-河村-佐々木
中日 000020000 |  山本昌-岡本-岩瀬
勝:川村/S:佐々木/負:岩瀬/

山本昌、六回2失点も援護なく、打線は8安打5四球、10残塁。岩瀬九回に登場、またも失点。俺竜:「自分で乗り切るしかない。長くやってりゃ、いろんなことがある。その都度、壁に当たる。それをぶち破って一流になる。いい試練だよ。環境を変える? まるっきり考えていません。変えたら、また壁にぶち当たった時、また変えなきゃいけない」

暗黒の日々はどこまで続くのか。この日を境に快進撃が始まることを、まだ誰も知らなかったのである。

左脇腹痛から復帰、登録の岡本が2イニングをパーフェクト。「点差を考えずに、サインが決まったらミット目がけて投げるだけでした。これからもああいう場面で投げられるよう、頑張りますよ」

-
05/15 sat./33/15勝17敗1分/対横浜4勝2敗1分/ナゴヤドーム

ひとりで完封、自分で2ラン

横浜 000000000 |  マレン-富岡-木塚
中日 00000020X |  川上
勝:川上/負:マレン/

川上完封、自分で2ラン。それ以外に書くことがない。

川上が投げた試合、打線は21イニング連続無得点。
俺竜:「打線? 言わせるなよ」
谷繁:「あいつが投げるといつもこういう展開になる。申し訳ない気持ちでいっぱい。とにかく辛抱してくれ、と言ってるんですが…」
福留:「何とか打てるように頑張らないと…」
俺竜:「打線の負けん気に期待するよ」

-
05/16 sun./game34/16勝17敗1分/対横浜5勝2敗/ナゴヤドーム

福留5安打6打点

横浜 000001000 |  門倉-加藤-デニー友利-木塚-吉川
中日 202010030 |  平井-岡本-高橋聡-落合
勝:平井/負:門倉/

初回二死一塁門倉から、福留左翼8号2ラン。「今日はショートゴロでもいいから左に打つつもりでした」2打席目、左翼フェンス直撃適時二塁打。3、4打席もH、八回二死一三塁、吉川から左翼ポール際へ9号3ラン。福留:「1日だけじゃだめ。これから取り返していきたいです」。オレ:「福留は、きょう打ったからってもう大丈夫とか、そんな簡単なもんじゃない」「これまで右側の30度だけで野球をやってたけど、ようやく90度を使えるようになった。これで変わってくれないと困る」。平井六回1失点。「やっぱり投手だよ。投手が試合をつくってくれるから」

立浪も四打数三安打四得点。五月に入って42打数18安打、打率4割2分9厘。「4割? 打席数が少ないからでしょ。まだまだですよ。ただ状態は一時期に比べればね、良くはなってる」「バットのスイングが違うんですよ。最近はヘッドのスピードがものすごく速い」 「腰の状態もだいぶ良くなりましたしね。ヒットが出てる、ということは調子がいいということなんでしょう」

-
05/18 tue./35/17勝17敗1分/対広島6勝1敗/広島

谷繁決勝150号@郷里広島

中日 000300010 |  ドミンゴ-岡本-落合
広島 010000101 |  高橋-林
勝:ドミンゴ/S:落合/負:高橋/

谷繁は広島出身なのね。これまで知らなかった。四回高橋から、プロ入り通算150号。プロ野球史上136人目。150本中50本が広島戦だそうだ。「まあ、長いことやってますんでね。試合中? そんなことは考えませんよ。どうやって勝つか、それだけ。中継ぎ陣も頑張ってくれました」「きょうのようなしぶとい試合を勝つことでチームも強くなるんです」「まあまあ、みんな、僕はまだやっていくんだから、そんな終わりみたいな言い方しないでくださいよ」

俺竜:「ウチはいつだって総力戦。誰が先発で投げようともだ。先発がある程度踏ん張って、打線が点を入れ、それを中継ぎが抑えて、英二(落合)で逃げ切る。1点ずつは返されたけど、こういう展開に持ち込めばバタバタしないからな」。これで五割復帰。

落合監督、熱弁2時間 /中スポWEBより

▼試合でも練習でも、極力プレッシャーを選手にかけないようにと考えている。これまでこのチームは、打たなくては怒られ、初球を打っては怒られっていう野球をやってきた。今までにない野球を今年はやってる。野手も投手陣も故障続きの中での5割は評価できるんじゃないの。みんなよくやってるよ。

▼一樹がチームに与えた影響が一番なんじゃない。レフト起用はある意味で苦肉の策だった。レフトのレギュラー争いでキャンプからオープン戦と誰も決定的なものを出せなかった。開幕で起用したら、一発で答えを出し、定位置を奪った。焦った大西が一塁のミットを持って練習をしだす。待っててもレギュラーは取れないことに気付いたんだよ。危機感といういい影響をチームに与えてくれた。

▼先発投手陣は頭数もちゃんといるし、ある程度の投球内容も見せてくれてる。中継ぎも岡本がいい内容を見せてくれた。これにバルデスが戻れば、中継ぎももっと落ち着くんじゃないのか。ある意味、昨日(18日)の試合はこれまでの中で、一番(内容が)落ち着いてたんじゃない。

▼打線には落ち着きなんてことはない。波は必ずあるものだし、どこでどうなるものかが分からないから。ただ(福留に)犠飛がやっと出てきた。これまではあと一本、あそこで(犠飛が)出てれば勝てるって試合が何回あった? それがちゃんと出るようになったじゃないか。こうすれば、こう打てると選手自身が分かるまで、オレたちは待つしかないんだ。

▼いろいろ先のことを考えて手を打ってるよ。ウエスタン(2軍)でなぜ、中村を4番にしてるか考えてみろ。福留が五輪で抜けたら、誰が4番を打つ? 誰が(右翼を)守る?大西を4番にするわけにいかないだろ。この先、中村がどうなるかそれは分からない。1番かもしれないし、3番になるかもしれない。ただ、ある程度のことはいろいろ考えているよ。

▼うちが4連敗、5連敗がないのは(連敗を)止められるだけのピッチャーがちゃんといるから。これからも連敗はしないんじゃないの。

-
05/21 fri./36/18勝17敗1分/対横浜6勝2敗1分/横浜

「うん、エースだもん」

中日 100010040 |  川上-岡本
横浜 200000001 |  三浦-川村-東
勝:川上/負:川村/[中日] /[横浜]

川上、8回を4安打2失点。「立ち上がり、ストライクを取るのが精いっぱいだった」「いつもいつも、いい投球ができるわけじゃない」「次第に腕が振れるようになってきた」「粘り強く投げていれば、打線が援護してくれる。そう信じて頑張った」

オレ竜:(川上がよく投げましたね)「うん、エースだもん」

森野将彦25歳、今季1号3ラン。「なかなか出ないと思ってた」「これからもっと(本塁打を)増やしたい。スタメンは勝ち取らないと」

初回1死三塁立浪、三浦から一塁線先制二塁打。通算422本目。歴代3位、セ・リーグトップの王(現ダイエー監督)に並んだ。「王さんに並んだというのがね。王さん好きだったんですよ。長くやれているのでこういうことがある。これからもいい二塁打を積み重ねていきたいですね」「ホームランがあるわけじゃないし、足が速いわけでもない。だから二塁打なんです」。荒木、4打数4安打2盗塁。オレ竜:「今はこの形が一番いい。タツ(立浪)の状態がいいから、コツコツと点を取れるんだ」。今季初の四連勝。貯金1、首位阪神に0.5ゲーム差と迫る。

-
05/22 sat./37/19勝17敗1分/対横浜7勝2敗1分/横浜

「勝たなきゃいけない試合だったが」

中日 002000120001 |  山本昌-紀藤-高橋聡-小笠原-岡本-落合-野口
横浜 002210000002X|  マレン-木塚-ギャラード-デニー友利-加藤-佐々木
勝:佐々木/負:野口/

三回渡辺中前、荒木左中二塁打、井端右中二塁打で2点先制。その裏、内川、多村、ウッズ連打で同点。山本昌4回降板。中略。延長12回佐々木からアレックスHRで劇的勝ち越し。しかしその裏、野口からウッズが劇的サヨナラ2ラン。試合時間5時間40分。

日刊スポーツから、講談調の名文を引用。「延長12回、悪夢の弾道が、右翼・福留のはるか上空を通過していった。崩れる野口、うなだれる谷繁、そしてベンチはしばし凍りつく。「甘かった? そうですね。勝ちゲームだったから、勝たないかんかったです…」。T・ウッズに配給した逆転サヨナラ弾。野口にこれ以上振り返れというのは無理だった。130メートルのビッグアーチは、芽生えかけた左腕の自信も無惨につみ取った」

オレ竜:(12回野口続投)「野口の2イニングは予定通り。ああいうケースで投げられるほど、岩瀬の状態が回復していないということ」「今日は勝たなきゃいけなかったけどなー。勝負ってのは簡単にいかないよ」

-
05/23 sun./38/20勝17敗1分/対横浜8勝2敗1分/横浜

谷繁5打数5安打

中日 000220040 |  平井-岩瀬-岡本-小笠原-朝倉
横浜 000000101 |  ウォーカー-東-吉川
勝:平井/負:ウォーカー/

四回谷繁、五回アレックス2ランで先行、八回集中打で4得点。好投平井、五回、突然の左脇腹痛で緊急降板。抹消。無念。その後リハビリを重ね、復帰したのはじつに7月8日ですよ。しかしこの日は後続が抑えた。立浪、リーグ新の通算423二塁打。歴代単独3位。右肩痛から復活を目指す朝倉健太、今季初登板。「めちゃくちゃ緊張しました。足がプルプル震えましたもん」。谷繁、先制6号2ランを含む5打数5安打。前日の試合前練習で監督から打撃指導を受けた。「『ちょっと遊びを持たせろ』と言われたんで。ヒントになった」。オレ竜:(谷繁選手にはどんなアドバイスをしたんですか)「忘れた」

六回岩瀬、九日ぶりに登場、三人をパーフェクト。

-
05/25 tue./39/21勝17敗1分/対ヤクルト2勝5敗/神宮

17安打石川KO、ドミンゴ快投

中日 220010001 |  ドミンゴ-落合
ヤク 300000000 |  石川-杉本-河端-坂元-山部
勝:ドミンゴ/負:石川/

先発石川を打ちまくり、先頭打者出塁四度。五回までに12安打で、5得点。って少ないか。一回、荒木中前、井端投犠打、立浪左前、福留左前、アレックス中犠飛で2点。2−3の二回は谷繁が同点右前打、立浪右翼線適時打。五回福留10号ソロ。ドミンゴは初回3失点も、例によって後半ノッて来て3勝目。ヤクルト最下位転落。

オレ竜:「ドミンゴは力勝負で投げてくれればいいんだよ。このくらいのピッチングはするよ。できれば完投してほしかったな」「福留はまだ本当の意味での四番ではない。それでも、スコアボードに『H』のマークがつく事が大きいんだよ。一歩ずつみんな進歩している。こういうバッティングを続けてくれればよい」「盗塁のサイン? 出してません。全部選手が自分で考えてやっている」

落合監督放任主義 選手のハートがっちり /東スポ

ヤクルトを6-3で下し、首位・阪神に0.5ゲーム差とした中日が乗ってきた。最下位に沈んだ際には「夏までに空中分解か」と心配する声も球団内からあがっていたが、不思議なことにそんなドン底のときでも落合監督の放任方針がナインのハートをつかみ、不協和音は聞かれなかったという。名指しで選手を批判する言動は一切ナシ。自分で考えてのプレーなら失敗しても叱らない。「選手は落合監督でやりやすいと思っている。自由にやらせてもらえるからな」とチーム関係者が言うように、落合監督は選手にストレスを与えない方針を徹底している。

その一方で締めるところは締めている。単独最下位に転落した11日にはナゴヤードムにコーチ陣を集合させ「選手のコンディションを把握し、報告を徹底するように」と厳命し、ゲキを飛ばしたという。翌日以降、チームは7勝2敗と波に乗っただけに、指揮官の叱咤は効果テキメンといっていい。さらに「監督は配球を読んで盗塁のサインを出す。あんな監督は今までいなかった」とコーチ陣が言う緻密なサイ配もチーム内で一目置かれている。「一歩ずつみんな進歩している」とニンマリの落合監督だが、チームを完全に掌握しつつあるようだ。

-
05/26 wed./40/22勝17敗1分/対ヤクルト3勝5敗/神宮

朝倉復活先発圧勝奪首@神宮

中日 201232010 | 11 朝倉-遠藤-小笠原-川岸
ヤク 000000120 |  藤井-成本-花田-佐藤賢
勝:朝倉/負:藤井/

昨年の右肘骨折、今年三月右肩違和感を経て「もう勝てないんじゃないかと思った」朝倉健太22歳、389日ぶりの先発。ヤクルト藤井秀悟27歳、去年1年を棒にふり左肘靱帯手術から復活を期す。しかし我が軍は「藤井の親友」福留を筆頭に、情け容赦もなく藤井を打つのだった。

福留がPL、藤井が今治西で甲子園に出場、互いの実家にも招待し合うほど親交がある。「あいつが投げている姿を見て本当にうれしくなったよ」 「こちらも久しぶりの健太が投げていたから、先制点が欲しかった」って、泣ける話だなー。初回、藤井から先制11号2ラン。朝倉:「初勝利よりもうれしい。2軍のコーチ、トレーナー、両親とか…。お世話になった人みんなに感謝したい」「恩返しをしなければいけなかった。1球1球、願いを掛けて投げた」「(故障を伝える)新聞の自分の記事を見て、本当は痛いのに投げてみたりした時期もあった」

オレ竜:「今日は言う事がないな。朝倉は良く粘った。完投させずに降板させたのは、百球をめどに考えてたから。しばらく投げてないわけだし。下で苦労した人間が結果を出すのはうれしい。(打線について)ボールを打たずにストライクだけ打っていれば、ヒットの確率は高くなる。良いところでフォアボールを取ったし、一人一人が自分の役割を知っている」(首位浮上について)「そういうことはシーズンが全部終わってからの話」

つなぎ重視のオレ流査定 /Road To Victory 落合竜の挑戦

華々しい1発で幕をあけ、4回には下位、5回には上位の3連打。26日中日打線は420日ぶりに復帰したヤクルト・藤井を沈めた。確かに勢いがある。だけど勢いには実体がない。だから永遠には続かない。「ノーアウト満塁があったとする。ゲッツーでも一点が入る。それでもいいんだ。フライや三振でひとつアウトになるよりチームには1点入るんだから」

併殺を推奨しているわけではないのだが、落合監督の根幹を物語る言葉だ。相手より1点でも多く得点した方が勝つ。野球という競技の本質だ。それは口だけではない。意味のある凡打には現場の長として正当な評価を与えているのだ。オレ流査定とでも名付けようか。本来、球団の業務であるはずの査定に今季から落合監督が介入している。プラスはもちろんマイナスも合わせ球団の評価に加算されているのだ。

「こちらとしては歓迎も歓迎。大歓迎ですよ。今までの監督にもやってもらいたかったくらいですからね」現場の介入にも不快感どころか竹田和史査定担当はウエルカム。サインはもちろん、細かい意図までネット裏の査定マンでは把握しきれないところもベンチの落合監督ならすべてがわかる。そのオレ流査定を反映させることは選手の利益にもなるはずだ。派手な活躍ではなく地味な凡打こそ、指揮官のプラス点は加えられているようだ。「今は進塁打を打ったときのベンチのムードがいいんですよね」試合前、前夜25日のことを井上が振りかえってくれた。サインは進塁打。渋い内野ゴロで走者を進めたところ落合監督は「あれでいいんだぞ」とにっこり笑った。オレ流査定ではプラスが計上される。陽の当たらぬプレーにも目に見える形の評価を−。この夜の圧勝は落合監督の集大成だった。

-
05/27 thu./41/21勝19敗1分/対ヤクルト3勝5敗/神宮

ラミレス...

中日 001010011 |  川上-岩瀬-小笠原-川岸
ヤク 30010101X |  川島-五十嵐亮
勝:川島/S:五十嵐亮/負:川上/

オレ竜:「あれだけ打線が繋がればいいんじゃない。ただ、ヒットの数を競っているわけじゃない。どうやって点をとるかだ。川上も、打たれたホームラン全部に、悔いが残るんじゃないか。ただ、ピッチャーはいつも完璧なわけじゃない」。川上:「今日は全体的にコントロールが悪かった。それが、最後まで修正できずにいってしまった。1回ラミレスの3ランはともかく、あとの2本(四回土橋、六回古田)は防げたと思うから悔いが残る」

アレックス・オチョア「今年の監督は、とにかくオレに声をよく掛けてくれる。遠征先の宿舎の部屋の鍵は開けておくから、いつでも相談に来いと言ってくれるんだ」

-
05/28 fri./42/22勝19敗1分/対阪神4勝6敗/ナゴヤドーム

岩瀬仁紀キター!!!

阪神 000000000 |  福原
中日 00000020X |  山本昌-落合-岩瀬
勝:岡本/S:落合/負:安藤/

七回井上渡辺連続四球で一死一二塁、打者谷繁。「昌さんが頑張っていたので、なんとかしたかった。いいところで打ててよかった」。右中間を破る二点二塁打。ベンチに向かってガッツポーズ。

八回一死から落合英二。そして九回。

213 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
岩瀬キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

214 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
お願い
落合投げて

215 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
岩瀬キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

216 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
うわあああああああああああああああああああああああ

220 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
岩瀬か・・・。

223 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
球場どよめいた

226 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
きたよきたよ

227 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
岩瀬 来ちゃった・・・・

229 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
(ヽ´,_`) えっ?俺?

234 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
岩瀬キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!
大丈夫かよおい

235 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
破壊神キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

241 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
うわーイワスコかよ

247 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
岩瀬キタ。
落合面白い野球しすぎだろ

248 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
うおおおおおおお
岩瀬キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

249 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
岩瀬キチャッタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

252 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
(; ゚д゚)ザワ(;゚д゚;)ザワ(゚д゚ ;)

255 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
こえぇぇぇ!

256 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
ありえneeeeeeeeeeee

257 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
おいおい本当かよ 俺落合そのままだと思った

258 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
ぁぁん

259 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
客もえぇ〜みたいな

267 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
結果出る前にいっとく
俺はこれでイイと思う

279 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
ひゃああああああああああああ・・・
かなり雰囲気がイヤな感じに・・

280 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:11
岩瀬か・・・。
無理に開幕1軍にしなけりゃ今頃こんなことには・・・_| ̄|○

296 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:12
どよめくスタンド

沈黙の解説席

続く一行レス

盛 り 上 が っ て ま い り ま し た !

300 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:12
落合で2アウトくらいとってからのほうが…

302 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:12
俺は岩瀬抑えると思う

306 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:12
これしかないのは確かだが、正直怖い
頼むぞ神…

308 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:12
ガンバレ頼む岩瀬

313 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:12
信じるのみ

374 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:13
とゆーか投げさすならここしかないだろ、なんでそんなに不満があるんだ

410 名前:代打名無し 投稿日:2004/05/28(金) 21:14
>>374
端的に言えば今の調子では勝ち試合で使って欲しくない

と、いう訳で、結果どうなったかと言うと、八木三振、関本二ゴロ、アリアス三振とペルフェクト。「大事なところで使ってもらって気合が入りました。この日の投球を今度こそきっかけにしたい」。オレ竜:「マスコミも評論家も、ファームにいってミニキャンプを張れと主張した。けど、そんな簡単なもんじゃないんだ。これで吹っ切れてくれるだろ」「あいつは自分の力でカベを乗り越えたよ。苦しみながらもな」

-
05/29 sat./43/23勝19敗1分/対阪神5勝6敗/ナゴヤドーム

野口先発復帰、立浪2点打

阪神 000001010 |  下柳-安藤-ウィリアムス
中日 00000030X |  野口-岡本-岩瀬-落合
勝:岡本/S:落合/負:安藤/

1点を追う七回一死一二塁、荒木左前打、左翼金本のミス絡みで同点。さらに満塁、立浪一二塁間を破る2点タイムリー。「最高の形でつないでくれたので、どんな形でも1点を取りにいきました。真っすぐとカーブだけって言っても、ウィリアムスは簡単に打てる投手じゃない。追い込まれるとキツいんで、早いカウントからいきました」「四月が悪かったんで…。普通ならとっくにスタメン外されている状況なのに、監督は使ってくれたし、声もかけてくれた。その気遣いに、絶対に挽回しようという気持ちを持っていました」。立浪は17試合連続ヒット、脅威の得点圏打率五割ちょうど。

3日以来中継ぎにまわっていた野口、26日ぶりの先発。一回二死満塁、六回、1点取られてなおも無死満塁と苦しむが、とにかくそこまで1失点。野口;「調子はあまり良くなかった。最初から谷繁さんに1球、1球腕を振るようにアドバイスされて、あの回まで何とか投げられた」 「岡本が(六回無死満塁を)よく抑えてくれた。チームが勝ったのが何より。次はもっと長い回を投げられるようにしたい」

無死満塁、「初球から勝負だぞ」と監督に言われたという岡本、初球144キロ直球で沖原二飛。続く矢野、初球144キロ直球でゲッツー、二球で抑える。七回も抑えて勝ち投手に。「負けてる場面での登板だったから」と、ヒーローインタビューを辞退したらしい。イカすなー。八回から岩瀬。九回先頭鳥谷センター前ヒット、そこから落合英二。

オレ竜:「野口はあれだけ腕が振れていれば次につながる。久々にいい時の野口だった」「岡本が満塁を0点に抑えたことが流れを変えた」(打線は)「どうやって立浪につなぐかという野球で、立浪が打てば今日のような結果になる。このまま良い状態でチームは行ってくれるだろう」

-
05/30 sun./44/24勝19敗1分/対阪神6勝6敗/ナゴヤドーム

四球、バント、敵失、犠飛。1安打サヨナラ勝ち

阪神 000000000 |  下柳-ウィリアムス
中日 000000001X|  バルガス-遠藤-小笠原-岡本
勝:岡本/負:ウィリアムス/

九回裏、先頭井端四球。1死後、四番福留セーフティーバント。ウィリアムス悪送球で1死二、三塁。「何はともあれ、それが勝ちにつながってよかったです。サインは出ていません」。ここで代打大西、3球目をライトへサヨナラ犠飛。「追い込まれて、逆に広くボールが見えるようになった。オレに三振はないと言い聞かせた」って、泣けるコメントだなー。「何度もいい場面で使ってもらいながら、結果を出せなかったから…。きょう打てなかったら、情けなすぎるとホンマに思っていた」「四番がつないでくれたんだよ。孝介が、何とかしようとチャンスを作ってくれたんだから」 。この日、志願して昼間のウエスタン・リーグに出場。「無理を言って三打席、立たせてもらった。おかげで自信をもってボールを見極めることができた」「次も勝つ。そして必ず優勝します」

ちなみに「1安打」というのは、三回荒木のライト線ツーベース、得点には絡まず。「お前の1本がなきゃゼロ安打勝ちだったのに、ってみんなに叱られました。僕ってある意味ヒーローなのに」。オレ竜:「守り勝ち。投手を含めて、野手全員の。こういう野球をしていく。巨人戦? よそ行きの野球はしません」。バルガス、六回途中突然の右肘痛で降番。「ネクスト? ダイジョウブ、ダイジョウブ」

渡邉博幸インタビュー /テレビ愛知『竜鯱2』

:今年内野がすごく締まってる感じがします。渡邉選手のファーストも逸れそうな送球をがっちり抑えたり、と、いいプレーがたくさん出ていますが、ご自身の感覚はいかがですか?
: やっぱり二遊間の力が大きいんじゃないですかね、やっぱりここの、うちの二遊間は日本一だと、僕もみんなも思ってると思うんですけど、それに便乗っていうか負けられないっていうね、うん、そういう気持ちがあるからお粗末なプレーをしたくないっていうんで、やっぱり集中力が違うのかなやっぱり。
:すごくいい緊張感があるってことですか?
: そうですね、本当にいい緊張感で、うん。まあ点差が開いてるにしろ、僅差にしろ。やっぱり僅差の時には、誰もが集中するわけじゃないですか、ただ点差が開いたときに、どこで集中するかっていう、そういうのをね、二遊間に教えてもらってますね、はい。(5月30日放送)