勝敗グラフ中日ドラゴンズ選手名簿(おたんじょうび帖)中日ドラゴンズ年俸ランキング高額年俸ランキング・全国版高額年俸ランキング・球団別表彰選手セ・リーグ個人成績パ・リーグ個人成績
| birth of オレ | pre.2004 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 日本シリーズ |
June 2004 season 06/01 →06/30

-
06/01 tue./45/24勝20敗1分/対巨人2勝4敗/東京ドーム

東京ドームで逆転完敗。

中日 000000400 | 4 ドミンゴ-岡本-岩瀬-遠藤
巨人 000000500 | 5 木佐貫-ランデル
勝:木佐貫3勝4敗/S:ランデル3勝0敗1S/負:岡本3勝1敗0S/

木佐貫相手にヒット→残塁のパターンが続くも、7回、四球死球立浪タイムリー福留3ランで一気に4点、勝利を確信。しかしその裏、ドミンゴから清原2ラン(1996本目)。東京ドームの雰囲気は目指せ二千本安打清原祭り。清原談:「タツ(立浪)と福留が打ったから、おれもと思ったんだ」。仁志:「ほかの人が打つのと、清原さんが打つのでは雰囲気が違う」。さらに江藤阿部連打。岡本にスイッチ、二岡ペタジーニ仁志で3加点、絵に描いたような逆転喰らう。土屋鉄平、初スタメンでセンターオーバー二塁打。

ドミンゴ:「6回までは、自分のピッチングができたんだけどな…」。オレ:「ドミンゴは4点もらって少し安心しちゃったかな。(質問:もう一人前の打者でドミンゴ交代ということはなかったんですか?)ありません」。

スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [左]土谷 [一]善村 [捕]谷繁/途中出場:渡辺/井上/残り:(投)朝倉/落合/山本昌/川岸/小笠原/バルデス/(捕)柳沢/(野)川相/森野/英智/大西/登録:バルデス

-
06/02 wed./46/24勝21敗1分/対巨人2勝5敗/東京ドーム

川上5失点、連夜の逆転負け

中日 101010000 |  川上-岩瀬-バルデス
巨人 000001400 |  林-岡島-シコースキー
勝:シコースキー2勝2敗1S/負:川上6勝4敗0S/

こつこつと地道に先制して、あっさり豪快にひっくり返されるというパターンで逆転負け。7回にHR→仁志が勝ち越しタイムリー、ってとこまで、きのうとまるで同じ。川上:「あの7回は全体的に球が浮いた。スタミナ切れもあったかもしれない」。オレ:「川上は良かったよ。どこで代えるの? 代えるところなんてないじゃない」。約3週間ぶりの連敗にも「どうにもならない相手じゃない。たまたまこうなっているだけ」

スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [左]大西 [一]渡辺 [捕]谷繁/途中出場:英智/森野/土谷/善村/井上/残り:(投)岡本/岩瀬/朝倉/遠藤/落合/川岸/小笠原/バルデス/野口/(捕)柳沢/(野)川相

-
06/03 thu./4724勝22敗1分/対巨人2勝6敗/東京ドーム

三連続逆転完敗。「器に負けた」

中日 010000020 |  山本昌-遠藤-川岸-小笠原
巨人 000304020 |  桑田-佐藤宏-シコースキー-前田-岡島
勝:佐藤宏1勝0敗0S/負:山本昌3勝2敗0S/

ヒットは打ってるんだけど、やっぱホームランの差か。2回表 福留ソロ14号/4回裏清原3ラン9号/6回裏高橋由3ラン10号/6回裏小久保ソロ16号。この夜のスポーツニュースは、「イヤまさにもう巨人の横綱相撲ですね、地力の差を見せつけましたね」みたいな声が並んだ。あうー。

以下は中スポより:予想もしなかった3連敗。ドミンゴ、川上に続き、現役最強Gキラー・山本昌をもってしても史上最強打線の勢いを止められなかった。だが、宿敵との戦いはまだまだ続く。敗戦の中から教訓を見いだすのが将というもの。落合博満監督(50)は前を見ながらひと言つぶやいた。

「器に負けた」

決して史上最強打線に負けたわけではない。打球が飛びやすい球場とされる東京ドームで最も警戒しなければいけないのは一発。自慢の投手陣がもう一度基本に立ち返った投球をすれば、十分勝負になるはずとの信頼感の表れだった。思えば「番長」と「プリンス」にやられた3日間。ドミンゴは清原の2ラン、川上は高橋由のソロをきっかけに“魔の7回”に引き込まれた。そして山本昌は、4回に清原、6回に高橋由にそれぞれ3ランを浴びて6失点KOで2敗目。落合監督は「ほんのちょっとしたコントロールミス。修正できる」と3連戦を振り返った。

連敗を回避できなかった山本昌は責任を強く感じているのか、険しい表情で声を絞った。「うーん、申し訳ない…」。これで今季巨人戦では6本目の被弾。しかも失点すべてがホームラン絡みだ。森投手コーチは「(東京)ドームにはドームの戦い方がある。ギリギリで入ってもホームランはホームラン。また来週に巨人戦があるんだから。同じメンツで戦っていくんだし、いい反省材料になったはず」と気持ちを切り替えた。果たして史上最強打線を封じ込める対策はあるのか? 落合監督は「それはオレたちの問題」と煙幕を張った。今度は本拠地ナゴヤドームで巨人を返り討ちにする番だ。

スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [左]大西 [一]善村 [捕]谷繁/途中出場:土谷/川相/井上/渡辺/残り:(投)岡本/岩瀬/落合/バルデス/野口/(捕)柳沢/(野)英智/森野/清原この日2安打4打点で、通算1999安打(たぶんそうだった)。

-
06/04 fri./48/25勝22敗1分/対広島7勝1敗/ナゴヤドーム

福留勝ち越し打。広島12残塁。

広島 000001000 |  ベイル-天野
中日 000101010 |  朝倉-岡本-岩瀬-バルデス-落合
勝:朝倉2勝0敗0S/S:落合0勝0敗8S/負:ベイル2勝2敗0S/

福留、六回に決勝タイムリー:「健太が頑張ってたので、なんとか1点でもの気持ちだった」。四回、1点先取直後の1死一塁に、ベイルのシュートを引っ掛けて二ゴロ併殺打。決勝打は同じシュートだった。「狙ってはいなかったが、頭にあった。前の打席でその球を見てたから。今はホームランとかでなく、勝ちにつながるならなんんでもいいです」。オレ竜:「(先発朝倉に)もう1イニング行ってくれないと。今はこういう形しか点を取れない」 山本監督:「前半のチャンスに1本出ていれば。3、4番の差が出たな。こんな日もあるわ」。8回の1点は、井端の今季2号ホームラン。

スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [左]井上 [一]渡辺 [捕]谷繁/途中出場:川相/英智/大西/残り:(投)遠藤/バルガス/川岸/小笠原/野口/(捕)柳沢/(野)森野/善村/土谷

-
06/05 sat./49/25勝23敗1分/対広島7勝2敗/ナゴヤドーム

野口3回4失点KO、登録抹消。

広島 004120100 |  河内-玉木
中日 100100000 |  野口-川岸-遠藤-小笠原
勝:河内5勝2敗/負:野口2勝4敗/

初回荒木レフト線2塁打、井端送って立浪センター前タイムリー。8球で鮮やかに先制、しかし。先発野口3回、先頭緒方四球から4連打、一挙に4失点。中スポWEBの見出しは「先制の竜! 今季49戦で34度目。だが『逃げ切れない蛇』」と来たもんだ。この日は他に、4回アレックス後逸、5回遠藤ワイルドピッチ、1死3塁からピッチャー河内に被スリーバントスクイズ、さらに4番シーツに被セーフティスクイズ。ダメダメな感じ。

野口は4月27日広島戦(広島)で147球2勝目、しかし5月3日ヤクルト戦(神宮)1イニング2/3、8連打KO。1カ月以上勝利なし。この日で4敗目。「完投目前の好投を見せたかと思いきや、序盤で打ち込まれる」いわゆる「安定感に欠ける」ってヤツか。オレ竜:「抹消だよ。次の登板まで日数が空くし、シーズン中に1度こういう経験してもいいんじゃないか」「今のままじゃしょうがない。10日間、下(2軍)に行って、走ってもらうよ」

スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [左]井上 [一]渡辺 [捕]谷繁/途中出場:善村/大西/英智/森野/残り:(投)川上/岡本/岩瀬/落合/ドミンゴ/バルデス/(捕)柳沢/(野)川相/土谷

-
06/08 tue./50/26勝23敗1分/対巨人3勝6敗/ナゴヤドーム

川相4点差を追い付くダイブ、延長荒木サヨナラH

巨人 300000200 |  木佐貫-シコースキー-ランデル
中日 010000041X|  ドミンゴ-石川-岩瀬-落合
勝:落合1勝0敗8S/負:ランデル3勝1敗1S/

八回、森野のツーベースで川相昌弘炎の生還今月は巨人戦が多い。一回高橋由伸3ラン。我が軍は木佐貫から二回、アレックスH渡辺H谷繁四球の二死満塁からドミンゴタイムリー、さらに満塁、荒木三振。七回ローズのソロ、小久保タイムリー、あーまた駄目か。今月アタマ衝撃の『横綱相撲に三連敗』がトラウマとなり、我々には負け犬根性が染み付いていたのだ。

しかしもちろん、我々が間違っていた。八回、福留15号完璧2ラン、さらにアレックス井上連打。ピッチャー木佐貫からシコースキー。代打人気者川相バント移籍後初の失敗、1走に残る。代打森野。ラジオでは「川相に代走出さないんですかねぇ」「うーん、しかしそれ言うなら先に二走井上代えないと意味ないでしょ」「そりゃそうか(笑)」みたいな掛け合い。ここで森野がワンバウンドでフェンスに当たる2ベースだーっっ。井上生還、さらに川相が危うく飛び込んで4点目、魂の劇走に涙。

つか、代走出しとくべきだったか。イヤ、それこそ結果論か。イヤ、結果はよかったんだが。森野:「ストレートに振り負けないようにと打席に立った。甘い球がきたので、一発でしとめることが出来ました。ほんと打てて良かったです、はい。みんなが流れを作ってくれたんで、僕で止めちゃいけない。積極的に行けて良かった。いい仕事が出来て良かった」

九回1死満塁押せ押せモードで井上最悪のゲッツー。いや、みんな思い出してくれ、さっきの回には活躍したんだ井上は。

延長十回、Pランデル。先頭落合英二に代打土谷鉄平、四球。それほどズバ抜けた活躍してるってわけでもないのに何故か期待させますね土谷鉄平。顔と名前がイイせいか。構えもイイ。続く谷繁バスターエンドラン(投ゴロ)で2進、森野敬遠の1死1、2塁で荒木。きれいな流し打ちライナーのライト線H、鉄平サヨナラホームイン。荒木談:「チャンスで2回凡打してるんで、絶対打ってやろうと思った」 「サヨナラは初めてなんで祝福は気持ちよかった。うれしいっすね、やっぱり」もーちょっと嬉しそうにしてくれ荒木。この日3安打。

俺:「これが東京ドームとナゴヤドームの違いじゃないの。ローズのレフトフライ(二回、二死満塁)も東京ドームだったら入っていただろう。あれで7—0だったら終わりだよ。選手がこの球場で落ち着いて野球をやってくれた」「(延長戦もリリーフ1人ずつと決めていたのか)そうだよ。頭(回の先頭打者)を抑えていこうということ」「よく追いついて、ひっくり返したね。たいしたものだ」「(1日からの東京ドームでの3連戦はいずれも逆転されて3連敗)ここ(本拠地)では負けられないというのが選手にあったんだろう」。九回岩瀬、十回を落合。「これが選手の自信になっていく。明日は(投手)総動員でいけるよ」

アナウンサー「明日勝てば首位ですが」森野「勝ちたいです、絶対勝ちます!」

堀内監督「弱いねえ。木佐貫は。まだ2点勝っているんだ。それなのに、どうしてポンポン打たれるんだ? 弱いねえ。勝つイメージを持って投げられないんだろう。気持ちの問題? 気持ちなんかないんじゃないの? いつも同じだもの。考えられない」

スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [左]井上 [一]渡辺 [捕]谷繁/途中出場:川相/土谷/善村/森野/残り:(投)岡本/遠藤/川岸/小笠原/バルデス/チェン/(捕)柳沢/(野)英智/大西/登録:石川賢/チェン 抹消:バルガス/野口茂樹

チェン・ウェイン(陳偉殷)18歳は「今中二世」らしい。ほんとか? 「うれしいけど、すごく緊張しています」 森繁和:「左だし、使う場面は出てくる。チャンスがあれば投げてもらう」オレ:「(バルガス抹消)投げさせるところがないだけ。それ以上でもそれ以下でもないよ」

-
06/09 wed./51/26勝24敗1分/対巨人3勝7敗/ナゴヤドーム

スミ2...川上に援護なし

巨人 200000000 |  林-ランデル-岡島-シコースキー
中日 010000000 |  川上-岩瀬-落合
勝:林2勝3敗0S S:シコースキー2勝2敗2S/負:川上6勝5敗0S/

「ロースコアならうちのペース」ってことになってる今年、まさか巨人相手に1−2で負けるとは。川上101球、感動的な好投だった。「悪いなりに頑張れたと思う」。7回、交替時にオレ竜は「きょうだけは代えさせてくれ」と言ったそうだ。涙。

初回ローズ22号2ラン、2回アレックスと谷繁の二塁打で1点返す。4回、ふらふらっと上がった谷繁のライトフライ、とゆーか、向こう向きで仁志が捕ったからセカンドフライなんだけど、3塁ランナーアレックス強引にタッチアップ。しかし仁志、プロフェッショナルでクイックな返球を決め、本塁はるか手前でタッチアウト。

きのうが劇的だったせいで「当然終盤にドラマが起こる」と思ううちに、そのまま終わってしまった。巨人は3点以下で勝ったのが今年初めてらしい。福留ダメダメ4三振。「(林に苦手意識は?)いや、別に」「(気負いとか?)ないよ」

オレ竜:「こればっかりは仕方ない。点が取れないんだから」「巨人とはこういう戦い方でいいんじゃないか。空中戦やったって太刀打ちできないんだから」「(岩瀬、落合投入について)2日試合がないわけだし、行けるところまで行こうとゆーこと」これはゆうべの「明日は(投手)総動員でいけるよ」発言の通りか。「近いうち下から、もうちょっと打てるイキのいいバッターを探してくるよ」

スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [左]井上 [一]渡辺 [捕]谷繁/途中出場:森野/土谷/英智/残り:(投)岡本/遠藤/石川/小笠原/バルデス/チェン/(捕)柳沢/(野)川相/善村/大西/抹消:川岸(きのう練習中に腰痛発症)

-
06/12 sat./52/27勝24敗1分/対ヤクルト4勝6敗0分/秋田

マサ最高@秋田。会長「一日一善」

中日 000020000 |  山本昌-落合-岩瀬
ヤク 000000010 |  石川-杉本
勝:山本昌4勝2敗 S:岩瀬1勝3敗6S/負:石川4勝4敗0S/

カントクの故郷で、5回先頭荒木三遊間、井端レフトフェンス直撃二塁打で先制、アレックスレフト前で2点目。井端談:「まあ、一日一善ですから」って、いいですねこの談話。井上もこーゆーふうに考えてくれないか。10安打2四死球で2点は酷いけど、まあ一日一善ってことで。

山本昌4回までパーフェクト、8回までわずか90球3安打、素晴らし過ぎる38歳談:「ヤクルトは勝負の早い打者が多いので1球目を特に気を付けた」「マーチンのホームランがなけりゃ最後まで投げてたんですけどね。まだ行けたけど、後ろにいいピッチャーがいるんで、任せておきました」

9回を落合英二、かと思ったら、三振とって1死後ヒット1本打たれただけでいきなり岩瀬投入。岩瀬は近頃なにげに調子戻ってるようだ。最後はラミレスのセンターライナーを蔵本ヒデノリがダイビングキャッチ。英智談:「経験上、捕れると思って前へ出た」

スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [左]中村 [一]渡辺 [捕]谷繁/途中出場:土谷/英智/森野/残り:(投)岡本/遠藤/石川/小笠原/バルデス/チェン/(捕)柳沢/(野)川相/井上/大西/前田新悟/登録:中村公治/前田新悟 抹消:ドミンゴ/善村

6番レフトでいきなりスタメンの中村公治(23)は4回第2打席でツーベース。ドミンゴ、8日の巨人戦降板後の右肘痛回復せずで抹消、ショックだ。平井(左脇腹痛)はいない、野口(走り込みの日々)もいない、バルデス(右ひざ半月板損傷)もいない、今度はドミンゴか、ヤバいのか。ヤバいっぽいと思うんだけど。よくはわからないが。

-
06/13 sun./53/28勝24敗1分/対ヤクルト5勝6敗/秋田

秋田で連勝

中日 000002000 |  朝倉-岡本-岩瀬-落合
ヤク 000000100 |  マウンス-田中-河端
勝:朝倉3勝0敗0S S:落合1勝0敗9S/負:マウンス1勝5敗0S/

ヤクルトは10安打で1点か・・・。先発朝倉、初回二死後、岩村、ラミレス連打で一二塁。続く鈴木健の強烈な当たりが一二塁間へ、これをナベが好捕。「アレが大きかったです」「今日は野手の皆さんの守りに助けてもらってばかりで…。何とか、その守りに応えたいとだけ思って投げました」。結局七回103球1失点、なんか信用できない勝ち投手。「調子は投げるたびに良くなってきていると思うんです」。今季初先発した5月26日神宮のヤクルト戦以来、3連勝。「でも、まだこれからですよ」 。渡辺:「足を動かしていった。グラブによく入ったね」

中スポWEB:「7本の安打のうち5本が集中した。6回だ。朝倉が切り開き、井端と立浪がつないだ1死満塁。てこずるマウンスに、初球から襲いかかったのが福留孝介外野手(27)だった。「バットの先っぽだったけど、何とかいいところに落ちてくれましたよ」 落ちながら逃げていく121キロを辛うじて拾った。左翼・ラミレスの前に弾んだ先制打。みちのくの竜党が沸いた攻撃は、このイニングだけだった。

スタメン: [二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [左]中村 [一]渡辺 [捕]谷繁/途中出場:土谷/英智/川相/残り:(投)遠藤/石川/小笠原/バルデス/チェン/(捕)柳沢/(野)前田新/森野/井上/大西

近鉄消滅オリックスと合併、来期はどうなるんだ、って話が流れる。

-
06/15 tue./54/29勝24敗1分/対広島8勝2敗/広島

猛打王立浪和義。

中日 020026020 | 12 小笠原-紀藤-岡本-山北-バルデス
広島 010020000 |  黒田-玉木-玉山
勝:岡本4勝1敗/負:黒田4勝6敗/

抹消のドミンゴに代わって先発小笠原。俺合博満:「なんとか5回まで投げて欲しかったけど、あれだけ投げてくれれば・・・」森繁和:「とにかく3回までは投げろ、と言ってあったんだ。久々の先発だから」

立浪4安打3打点。今季四度目通算154度目の猛打賞。これは谷沢に並ぶ球団タイ記録(セ・リーグ5位)だそうです。ちなみに立浪、谷沢の上の4人は誰でしょう。4:山本浩二(158)、3:若松勉(159)、2:王貞治(171)、1:長嶋茂雄(186)。「光栄です」。首位巨人に0.5ゲーム差、貯金は今季最多タイの5。立浪:「まだ意識する時期じゃないんで。勝てる試合を勝っていきたい」。「本当に1試合1試合、全員の力で勝っているんで。チームはいい状態です」

【6回表・奇跡の6連打・打者一巡劇の記録】

紀藤に代打前田新:ショートゴロ
荒木:振り逃げ
井端:ライト前ヒット
立浪:ライト前タイムリー、1・2塁
福留:ライト線タイムリー2塁打、2・3塁
アレ:ライト前タイムリー、1・3塁
森野:レフト前タイムリー、1・2塁
井上:ライト前タイムリー、1・3塁
谷繁:ライト犠牲フライ、これでこの回6点。

スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [一]森野 [左]井上 [捕]谷繁/途中出場:川相/英智/前田新/中村/柳沢/残り:(投)岩瀬/遠藤/落合/石川/(野)渡辺/土谷/大西/登録:紀藤/山北 抹消:チェン

ありゃ、一球も投げさせないで下げちゃったよ、今中二世。(これについては、チェンがアテネオリンピック台湾代表選手だということが関係していた、という説もある。日本の代表選手選出条件「1チームふたり以内」という決め事が土壇場で反古にされた場合に備えて、「うちは一軍経験選手を既にこんなにオリンピックに取られてる」と主張するため、というもの)

-
06/16 wed./55/30勝24敗1分/対広島9勝2敗0分/広島

継投裏目、再び1日で首位陥落

中日 000010100 |  バルガス-山北-紀藤-岡本
広島 00100200X |  ベイル-大竹 − 石原
勝:ベイル4勝2敗 S:大竹2勝2敗4S/負:バルガス1勝3敗0S/

中日は継投が裏目に出て、1日で首位から転落した。同点の6回、先頭打者に二塁打を打たれた先発バルガスに代えてマウンドへ送った左腕山北が不調。代打栗原、投手ベイルと2本の適時打を浴びてこの回2点を失った。落合監督は「バルガスはいいのか悪いのか分からん。(交代の)見極めが難しい」。好機に適時打のなかった打線も敗因だが、普段から「少ない点を守って勝つ」と言っているだけに、投手起用で頭がいっぱいのようだった。(日刊スポーツ)

宇野勝(45歳)談:「10残塁? そんな日もあるさ。どうするべきか、皆がそれぞれ考えている。大丈夫だよ」。2番手以降の失点は七試合ぶり。山北:「投手に打たれたのが痛かった? そうですね」。「責任の重さを痛感する左腕は、消え入りそうな声で話すのが精いっぱいだった」(中スポWEB) スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [左]中村 [一]森野 [捕]谷繁/途中出場:渡辺/大西/残り:(投)岩瀬/落合/石川/小笠原/バルデス/(捕)柳沢/(野)前田新/川相/井上/土谷/英智/登録:バルガス 抹消:遠藤

-
06/17 thu./56/30勝25敗1分/対広島9勝3敗0分/広島

tanishige!英智!!中村!!!

中日 0000002102 |  川上-落合-バルデス-岩瀬
広島 0001020000 |  高橋-天野-菊地原-沢崎
勝:落合2勝0敗9S S:岩瀬1勝3敗7S/負:沢崎1勝2敗0S/

川上、八回3失点。七回八回に追い付いて同点。七回谷繁ホームラン:「シュート。感触は十分ありました。憲伸の時は、なかなか点が入らない試合が多かったので野手が頑張らないといけない」

センター英智ウルトラキャッチ八回裏先頭緒方の右中間を、センター英智、内野手にしか有り得ないような奇跡のダイブでキャッチ。ヒデノリ談:「打球判断に迷いとかはなかった。10割打つのは無理だけど、守りは頑張ればできる。練習のたまものです。アレックスの後に入っているのだから、これぐらいはしないと。自分には、チームを救うああいうプレーが求められていると思っている」。この日はもうひとつ、九回裏の際どいスライディングキャッチも話題になった。

延長十回二死一二塁、ルーキー中村公治23歳(東北福祉大)、カウント2−2からスライダーを右越2点タイムリー。中村公治(初猛打賞&初打点&決勝タイムリー):「思い切って振ることしか考えていなかった」「こんなに嬉しいことはありません。ただ嬉しいの一言です。自分の持ち味は思い切りだと思っているのであの場面では開き直って思い切って振りました。今までいろいろなアドバイスを頂いた監督やコーチ、先輩といった自分を支えてくれた方々のおかげで打てたと思います。これからも一試合一試合を大切に一生懸命プレーしてチームの勝利に貢献できるようにがんばります!」 高校球児みたいな初々しいインタビュー。ちなみに中村さんの座右の銘は「恩返し」。 1981/5/6生れ/186cm、83kg右投右打/兵庫出身/東北福祉大-中日(04-)/AB型/おうし座/愛車:なし/モットー:明るく /趣味:映画鑑賞/今年の目標:開幕1軍。

オレ:(中村公治について)「何かやってくれそうなルーキーらしからぬ雰囲気がある」 「(英智の2つのファインプレー)あの2つのどちらか片方でも抜けていたらあのまま終わってたんじゃないか」「これからもコツコツ守っていきますよ」

【8回裏、先頭緒方の右中間打球に『驚くような速さで』一直線ダイブ、ヒデノリ蔵本をひたすら讃えるライブ記録】

906 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/16(水) 21:03
うおおおおおおおおおお美技!!!!!!!!!!!!!!!

ラジオだけど

910 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/16(水) 21:03
木俣感動のプレイ

911 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/16(水) 21:03
蔵本素晴らしい!!!!!!!!!!!!

913 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/16(水) 21:03
クララすげええええええええええええええええええ
」 ネ申守備キタキタキタキタ━━━━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!!!
キタ━━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)゚∀゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)−_)゚∋゚)´Д`)゚ー゚)━━━!!!!

924 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/16(水) 21:03
おお!俺流采配的中したな。

925 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/16(水) 21:03
すげえええええええええええええええええ

926 名前燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/16(水) 21:03
クララが立ったー

927 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/16(水) 21:03
スーパープレーキターーーーーー英智ハァハァ

951 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/16(水) 21:04
今の無茶苦茶凄くないか

955 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/16(水) 21:04
キマタ「3メートルは飛びましたね」

スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [左]中村 [一]渡辺 [捕]谷繁/途中出場:川相/残り:(投)岡本/紀藤/遠藤/石川/山北/(捕)柳沢/(野)前田新/森野/井上/土谷/英智/大西

-
06/18 fri./57/36勝20敗1分/対横浜8勝3敗1分/ナゴヤドーム

昌、8回零封。

横浜 000000000 |  土居-加藤
中日 00000101X |  山本昌-岩瀬
勝:山本昌5勝2敗/S:岩瀬1勝3敗8S/負:土居0勝1敗/

この前(12日ヤクルト戦@秋田)の昌は凄かった。きょうは始めのうち怪しい感じだったけど、それでもやがてノッて来て、結局8回零封、3安打8奪三振ですよ。「完封? 行きたかったけど、やめといた方がいいって谷繁が言うんで」。トーチュウ:「この日から投入された反発力のより少ないサンアップ製ボールの効果も見逃せない」

ところで昌はきょうで通算2500投球回達成だそうだ。ふーん。4月から9月までの半年間、仮に毎週1回先発するとしたら26試合か。すべてのゲームで9回投げたとして、1年で234投球回。それを10年続けてもまだ届かないのか・・・。

6回、荒木ヤラシイ内野安打、井端送りバント、立浪センター前で先制。「今は結果が出てるんで、いい方に考えてやれる。いや、ホントにたまたまです」。得点圏打率はリーグ断トツ、鬼の5割8厘。オレ竜談:「らしい点の取り方? 1点目はね。どうやって走者を出し、タツでかえすか。毎度毎度だけど、ウチのパターンだよ」

8回、荒木ヒット。木俣さん談:「ラッキーラッキーって、荒木はこれでいいんだよ」。続く井端1球目(だったっけ)いきなりエンドラン、打球は右中間へ。快速荒木一気に生還。

971 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/18(金) 20:35
エンドランキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!

982 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/18(金) 20:35
うfふdhふぃうあしょあsf

984 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/18(金) 20:35
鬼俊足キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

985 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/18(金) 20:35
(゚∀゚)お見事!

990 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/18(金) 20:35
追加点キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

1002 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/18(金) 20:35
1・2番コンビキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

1010 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/18(金) 20:35
なななななな
なんだ今の荒木の速さはあああああああ
すげえええええええええええええええええええ

1012 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/18(金) 20:35
この点は大きいね

1014 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/18(金) 20:35
泣けた

1017 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/18(金) 20:35
萌える1番2番だ・・・

オレ:「エンドランじゃないよ。荒木が自分で走った。いい球来たから井端が打った」。井端:「とにかく走者を進めようと思ってました」

9回アタマから岩瀬、すっかり復調気配か。「バタバタしなくなった。落ち着いていけば抑えられると思っている」。1日の巨人戦以来、9試合連続無失点。「前の(良かったころの)状態に戻ってきているので」。石井琢を出したけど内川を遊ゴロ併殺。今日も我が軍の二遊間は鉄壁華麗。

458 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/18(金) 20:50
ゲッツキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

459 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/18(金) 20:50
守備がいいと楽しいねえ。

463 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/18(金) 20:50
萌え燃えディフェンス

467 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/18(金) 20:50
高木にいわせればどれも当然だしw

469 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2004/06/18(金) 20:50
毎試合この二遊間が見れるって俺たちは幸せだよなぁ

福留、井上、きょうも打てそうな気配なし。オレ竜:「(守りの野球ですね、に)そうとしか言いようのないゲームだったね。 少ないチャンスを生かす、ウチらしい攻撃ができた。少ない点数をどうやって守るかがうちの野球だからね。当分こういう戦いが続くだろうね」 スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレ [左]中村 [一]森野 [捕]谷繁 /途中出場:川相/英智/土谷/渡辺/井上 /残り:(投)岡本/紀藤/落合/石川/小笠原/バルデス/山北 /(捕)柳沢 /(野)前田新/大西

-
06/19 sat./58/36勝21敗1分/対横浜8勝4敗1分/ナゴヤドーム

「きょうはこういう試合だった。それだけのことだ」

横浜 0201000006 |  三浦-木塚-川村
中日 1001010101 |  朝倉-紀藤-岡本-岩瀬-落合-小笠原
勝:木塚1勝0敗/負:落合2勝1敗/

1回、荒木H、井端送ってドメ、ドンヅマリポテン二塁打であっさり先制。ピッチャーは3連勝無敗の朝倉。今日も負ける気しないモードだったんだが・・・・。朝倉4回5安打3失点。逆転されて追い付いて延長十回、落合英二が一死満塁から代打佐伯にレフトオーバー走者一掃二塁打で今期初黒星。さらに小笠原が万永から2点二塁打、など。

しかし、今年は負けるときは激しい貧打で負けてる印象があるんだけど、こうしてスコアボード見直してみると意外に点とってるんだよなあ。今日も福留ぜんぜん駄目、って印象だったけど、そう言えば1回のと9回のと2打点だったり。こういうの、「しぶとく意地を見せた」と言うんだろうか。それとも「帳尻」か。野球はむつかしい。

オレ:「ちょっと重たいゲームをやらせちゃったかな。もう少し動いた方が良かった」(立浪2三振無安打)「仕方ない。こういう時もある」(英二について)スーパーマンじゃないんだから打たれることもある。あんまり騒ぎ立てるな」「きょうはこういう試合だった。それだけのことだ」。朝倉:「調子自体はそんなに悪くなかったが、勝負どころでボールが甘かった。次の機会に必ずやり返したい」

617 名前:代打名無し 投稿日:04/06/20 00:04

今日の解説の権藤曰く 落合は残り40試合を見据えて戦っている
100試合で使える選手を見極めて残り40試合でスパートかける
だから川崎先発はもう1度あると思う
落合英を晒し者にせず、すぐ代えたのはいい、等

きょうの井上5番スタメンは驚いたけど、それも「見極め」の一環なのか? スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [左]井上 [中]アレックス [一]森野 [捕]谷繁 /途中出場:柳沢/土谷/英智/渡辺/大西/中村/残り:(投)石川/バルデス/山北 (野)前田信/川相

-
06/20 sun./59/37勝21敗1分/対横浜9勝4敗1分/ナゴヤドーム

帰ってきた野口。11奪三振完封

横浜 000000000 |  マレン-山田
中日 200000000 |  野口
勝:野口3勝4敗/負:マレン3勝6敗/

6月5日の広島戦で3回もたずKO、翌日抹消、二軍でいわゆるミニキャンプ漬けだった野口、感動の復活。完封は3年ぶりだそうだ。走り込みって効果あるのね。個人的に走り込みと聞いてイメージするのは「持久走」だったんだけど、新聞によると「ダッシュ」らしい。「100mダッシュを40本、約200mのダッシュを20本」とトーチュウにある。なるほど。八回絶体絶命の一死二三塁でオレ竜マウンドへ。「今日は最後まで任せた。代えない」と言ったらしい。直後、三球三振ですよ。しびれますね。

「そうですね。谷繁さんに乗せてもらいました」
「そうですね。谷繁さんのおかげです」
「そうですね」

こんなんでも、顔はむちゃくちゃ嬉しそう。オレ竜:「 八回はまったく代える気ありませんでした。打たれたらまた二軍で死ぬほど走らされることは分かってただろうしね。ああやって苦労した奴が活躍するのは嬉しいね」

初回、最近のってる荒木が「らしい」内野安打。盗塁に井端Hで一三塁。立浪タイムリー(打率.335、現在嶋に次いで2位)。福留四球で無死満塁、アレックスさらに四球押し出しで2点目。この回あと5点くらい入るんじゃないか、って雰囲気だったけど、中村三振、渡辺二併。オレ竜:「もうちょっと点が欲しいね。あと1点でも2点でも」

スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [左]中村 [一]渡辺 [捕]谷繁
途中出場:英智
残り:(投)岡本/岩瀬/紀藤/朝倉/落合/石川/小笠原/バルデス/山北/(捕)柳沢/(野)川相/森野/井上/土谷/大西
登録:野口 / 抹消:前田新悟

-
06/21 mon. /北へ向かうぜサムライ街道

火曜から札幌決戦。そこのけそこのけ男が通る。勝って帰るさ俺だもの。(最初の1枚以外は無関係のショットです)

サムライ街道1 サムライ街道2 サムライ街道3 サムライ街道4 サムライ街道5
-
06/22 tue./60/33勝26敗1分/対巨人4勝7敗/札幌ドーム

札幌快勝再び単独首位「こんな試合なぁ・・・いつもいつも続けてると、そのうちピッチャーがへばっちゃう」

中日 004000000 |  ドミンゴ-岡本-岩瀬
巨人 011000000 |  木佐貫-
勝:ドミンゴ4勝2敗/S:岩瀬1勝3敗9S/負:木佐貫3勝6敗/
[二]荒木/ [遊]井端/ [三]立浪/ [右]福留/ [中]アレックス/ [一]森野/ [捕]谷繁/ [左]井上/ [投]ドミンゴ
[二]仁志/ [左]清水/ [中]ローズ/ [右]高橋由/ [三]小久保/ [一]ペタジーニ/ [捕]阿部/ [遊]元木/ [投]木佐貫

三回表1点ビハインド。.木佐貫が二死からドミンゴに四球。荒木、高く弾むサードゴロで例によって内野安打。ああ、どんどん荒木のことが好きになる。井端:「四球、内野安打でしょ。流れはこっち」。初球フォークを三遊間、満塁。立浪押し出し。続く福留がなんと(なんて言っちゃいかんが)左中間(センターローズ)を抜く三塁打でこの回4点。ふつうの外野なら普通のセンター前ヒットじゃなかろうか、と思ったけど、記憶違いかも。とにかくこの三連戦で、センターローズとかショート元木とかの守備には哀れみを覚えたよ。

七回表2点リード。ドミンゴ代えて代打大西、粘って粘って粘ってレフト前。続く荒木送りバント試みるが、例によってファールとかで2ストライク、例によってオレ竜苦笑い、ああ、いつもいつも同じ光景を見る。荒木は試合前つねにバント練習を繰り返してるそうだけど、もう荒木にバントのサイン出すのやめて欲しいんですが。一生。で、結局どうなったかと言うと、サード内野安打です。さすがだ。二塁ランナー大西に代走土屋鉄平。なんでオレ竜は大西に代走出すのだろうか。大西と鉄平とでランナーとしての能力にどんな差があるのか。さて無死一二塁でさらに井端、まったく同じようなバント失敗の経過を辿り、結局同じように内野安打。レベル高いのか低いのかわかりませんね我が1、2番コンビは。さあ、またも満塁で立浪/福留/アレックス、しかも今度は無死。ピッチャー木佐貫→岡島。

立浪、ライト線を抜くかと思われた鋭い当り、ペタジーニが横っ跳びの好捕&素早い送球で本塁フォースアウト。ペタジーニと曙って顔似てますね。福留、岡島の変なカーブに三振。ピッチャー岡島→中村。アレックス、ショートゴロ。はぁ。そのまま岡本-岩瀬で抑える。

オレ竜:「(追加点が取れませんね)そんなこと言われなくてもわかってる。こんな試合を続けていると、投手がどんどん辛くなるよ」「こんな試合なぁ・・・。いつもいつも続けてると、そのうちピッチャーがへばっちゃう」。むむ。日曜のコメントも「もうちょっと点が欲しい」だったし、ちょっと珍しい。打線への檄を装った投手陣へのねぎらいなのか。敗戦後にはネガティブなコメントを出さないと決めてる反動で、勝ったあとにこういうこと言うような気もする。

この日はそう言えば七回のファインプレー直後に先頭バッターとして出て来たペタジーニがいきなりセーフティーバント(結果はアウト)ってのも印象的で、賛否両論話題になった。 スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [一]森野 [捕]谷繁 [左]井上 /途中出場:川相/渡辺/英智/大西/土谷/残り:(投)紀藤/朝倉/落合/石川/小笠原/バルデス/(捕)柳沢/(野)中村 /登録:ドミンゴ 抹消:山北

-
06/23 wed./61/34勝26敗1分/対巨人5勝7敗/札幌ドーム

札幌第二戦、22安打爆勝。

中日 350012201 |14 川上-石川
巨人 100000011 |  高橋尚-平岡-佐藤宏-柏田-中村
勝:川上7勝5敗/負:高橋1勝4敗/

荒木:4安打1打点2得点。
井端:3安打1打点3得点。
立浪:4安打2打点2得点。
福留:2安打5打点3得点2四球。
アレ:3安打3打点1得点。

各紙とも福留と立浪が主役だけど、もっと荒木を讃えてくれ。絶不調アレックスも3安打。最後サードに入った川相昌弘、9回に今季初安打、パチパチ。

川上憲伸(きのう誕生日で29歳):「あの点数がなければ、あの回までは投げられなかったと思います。それくらい、状態は悪かった」「皆さんは(打たれれば)失投と言いますが、自分の中では腕が振れているかどうか。コースが甘いと全部打たれるってもんでもない。逃げたらいいのか? というのもありますよね。ただ、攻めた上で打たれずに…。もう少し大人になって投げられればいいんだけど」「状態が悪いと言って、打たれてしまうわけにはいかないですよ」

オレ(今日はゆったり見れたのでは?)「ゆったりと見れる試合なんてないよ。ただ今日に関しては言うことはありません」

日刊スポーツ:「札幌のファンには、中日が史上最強打線と映ったに違いない」「計4人が3安打以上をマークする猛攻で連勝し、首位をキープした。敗れれば再び首位を奪い返される決戦第2ラウンドで、今季最多22安打、同14得点の強さ発揮」「完膚なきまでに巨人をたたきのめした。中日らしく単打を積み重ねて今季最多&最多得点。4人が猛打賞の大爆発で首位攻防戦に連勝」
日刊スポーツ:「勝敗は事実上、開始から40分で決した。3−1で迎えた2回、先頭川上の二塁打・・・荒木、井端が連続右前打で1点。なお一、三塁で立浪が左前に運んだ。仕上げは4番福留。追い込まれながら変化球を右翼席へ16号3ラン。・・・アレックスも続き“今季最長タイ”の6連打で一挙5点。序盤で8−1とした」「前日は・・・落合監督を『(追加点が取れないので)投手がつぶれてしまう』と嘆かせたものだった」
毎日新聞:「本塁打、総得点ともリーグワーストにあえいできた中日が、それぞれトップの巨人を完膚なきまでに打ちのめした」「得点パターンも実にバラエティーに富む。象徴的なのは六回。左翼線二塁打を放ったアレックスとのエンドランが決まり、福留が一塁から一気に生還。森野が二ゴロでアレックスを三塁に進め、谷繁の犠飛で迎え入れる。わずか1安打で2点を奪う効率の良さ」
中スポ:高橋尚成(29)はロッカールームに戻るなりグラブをたたきつけた。左足首痛から戦列復帰後、2試合連続KO。「また一から出直します」。堀内:「ちょっと、ひどいな。勝負ダマが甘い。考えないといけない」。初回1死満塁からアレックスに左前2点打、谷繁にも中前適時打で3点、2回4連打で2点、さらに福留に3ラン。池谷投手コーチが「右方向に狙われていた。それが読めないと」と吐き捨てるように言った。

立浪和義(34)、通算155度目の猛打賞で谷沢健一の記録を抜く。初回左翼線二塁打、2回左前適時打、3回、左前クリーンヒット、3打席連続で同じ方向へ。7回にも無死一、三塁で右翼越え適時打。5打数4安打で3割4分5厘、首位・古田に2厘差の2位。「たまにはこういう日があってもいいでしょ。明日も勝って、3連勝で締めましょう。それが一番です」

九回は北海道出身(函館工 - 八戸大 - 中日)ルーキー石川賢23歳が御祝儀っぽい登板。うーん。期待はずれ、、っぽかった。太り過ぎじゃないの。公式サイトの選手紹介:「焼肉を13人前を平らげるという大食漢ぶりでつくり上げたナチュラルパワーが重い球の原動力だ。自主トレでは、オーバーウエートが指摘されたが『やせ過ぎないように。故障がないように汗をかけばいい』」って、そうですか。

スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [一]森野 [捕]谷繁 [左]中村 /途中出場:川相/土谷/渡辺/(捕)柳沢/残り:(投)岡本/岩瀬/紀藤/朝倉/落合/小笠原/バルガス/バルデス
(野)英智/井上/大西

-
06/24 thu./62/35勝26敗1分/対巨人6勝7敗/札幌ドーム

連続二桁得点、圧倒的札幌三連勝。

中日 004024001 |11 バルガス-岡本-朝倉-岩瀬-バルデス
巨人 000201000 |  林-シコースキー-佐藤宏
勝:バルガス2勝3敗/負:林3勝4敗/

三回先頭バルガス、あわやバックスクリーンという二塁打。ゆうべの二回先頭川上の二塁打が頭をよぎる。さらに荒木ヒット。井端ジャストミートで外野フェンスに当てる(結果シングル)。さらに立浪2点ツーベース。マジですか。福留三振(ここが、きのうと違う)。福留はほんとに林が打てない。が、アレックスに林ワイルドピッチ、2走立浪なんと一気に生還。これがオレ竜の言う「つまらない野球」ってヤツか。なんかかっこいいなあ、つまらない野球。札幌ドームはファールグラウンドが物凄く広いんだそうだ。

初戦は三回二死ドミンゴの四球から4点、
二戦は二回先頭川上の二塁打から5点、
本日は三回先頭バルガスの二塁打から4点。
これを手前味噌に解釈すると、「我が軍は小さな綻びを見逃さない」ってことか。

きのう今季初ヒットの川相、この日は八回から守備固めで出て九回、ファウルで粘った末の10球目を今季初ホームラン(2年ぶり)。オレ竜も苦笑。「ファウルでタイミングが合った。練習でも出ないホームラン」。巨人ファンから「帰ってこいよ」の大声援。「ありがたいことです」

福留も五回、林からホームラン。「絶不調のバッターに、エンドランのサインを出したおかげで無心で振れた、ベンチが打たせたホームラン」との評判。

(六回アレックスタイムリー):「ストレート、昨日から自分でも打撃が上向いているのがわかるし、貴重な2点を返せてうれしいね」 立浪:「そりゃ、いいムード。でも今回は相手の調子が悪かった」

朝倉は調整登板か。しかし岩瀬、岡本もそうなのか。そうかも。オレ:「三連勝は難しい。2つ勝つことはできても、3つ勝つのはなかなかできないもんだよ。選手が点が欲しいときに取ってくれて、ピッチャーは抑えてほしいところで抑えてくれる、文句のつけようがない」

スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [左]大西 [捕]谷繁 [一]渡辺
途中出場:柳沢/川相/井上/中村/ 残り:(投)紀藤/石川/小笠原/(捕)柳沢/(野)森野/土谷/英智

-
06/26 sat./63/36勝26敗1分/対阪神7勝6敗/ナゴヤドーム

圧勝。立浪5打点

阪神 000010000 |  福原-石毛-吉野-牧野-モレル
中日 130005000 |  山本昌-久本
勝:山本昌/負:福原/

初回、荒木井端であっさり1点。2回、2死一、三塁で立浪ライト線2点二塁打。6回、荒木犠飛、井端タイムリー、立浪3号3ラン。昌、7回1失点。5連勝、貯金10。オレ竜:「ウチは立浪の前に走者を出して取れるところで点を取る。こういう野球しかできない。後はピッチャーがいかに抑えるか」。立浪:「まだ半分終わっていない。どん欲にオールスター前まで1個でも貯金をしたい。夏場は連勝もあれば連敗もあるから…」「主軸が打つと勝つ。野球というのはこうなっている」

よそのことだがこの日、巨人3-11ヤクルト。工藤四回8失点KO、巨人は今シーズンワーストタイの五連敗、球団史上初の3試合連続2ケタ失点。堀内:「ひどいね。史上初も何もしようがない。そういうピッチャーを出してるんだから。点差がつくと使えないピッチャーも出てくる。前半で点を取られるから試合が決まっちゃうんだよな」。史上最強打線もルーキー川島に12三振。左手骨折の清原に続き、阿部、左太腿裏痛で離脱。

スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [捕]谷繁 [一]リナレス [左]中村/ 途中出場:川相/英智/渡辺/井上/柳沢/ 残り:(投)岡本/岩瀬/紀藤/朝倉/落合/石川/小笠原/バルデス/(野)土谷/大西/ 登録:リナレス/久本/ 抹消:バルガス/森野

-
06/27 sun./64/37勝26敗1分/対阪神8勝6敗/ナゴヤドーム

「毎日の積み重ね」英智超返球

阪神 000000000 |  井川-安藤-牧野
中日 00110011X |  野口-岡本-岩瀬-バルデス
勝:野口/負:井川/

2点リードの七回、無死満塁のピンチに代打葛城レフトフライ。英智:「間に合うかギリギリの距離だったので、捕ってから最短の時間で投げられるよう、可能な限り少ないステップで投げた」「ストライクを投げるのは普段から1番心掛けていること」。美しいワンバウンド返球で三走桧山本塁タッチアウト。阪神走塁コーチ福原:「いくら肩が強くても、あの場面ではストップできない」桧山:「向こうもベストのプレーをした。仕方ない」。俺:「毎日の積み重ね。あいつはああいう練習を毎日してるんだ。急にうまくなったわけじゃない。東京ドームでも良いプレーをしてくれたしね」

野口—岡本—岩瀬—バルデスで零封、野口は2連勝、我が軍は6連勝。野口:「調子は悪かったのですが、何とか六回まで試合をつくれて良かった」

3回井端、13試合連続安打となる先制打。「相手が良いピッチャーなので、数少ないチャンスだと思って打った。先制点が取れて良かった。」(1.2.3番が凄いですね)「荒木が打つので流れに乗って打ってます」「立浪さんが絶好調だから、立浪さんの前にランナーに出ようと思って頑張ってます」「(6連勝で貯金11)貯金はいくらあってもいいので、20でも30でも増やしていきたい」 。4回リナレスタイムリー:「打ったのはカーブ。もう1点取りたかったし、チャンスだったので、何とか打ちたかった」。アレックス:「ホームランは約1ヶ月振りぐらい。嬉しい。打球が上がりすぎたので、入ってくれと思いながら走っていた。」俺:「投手、内野外野を含めた守り勝ち」(五回2死から早々と守備固め)「二塁ランナーが藤本だったから守りにいこうと思った」「選手達は自分が何をすべきかわかっている。個々が考えてプレーしている。これからもベンチメンバー含めて全員で戦っていく」

■ヒデノリ蔵本ヒーローインタビュー
——ナイスプレーでした
「ありがとうございました」
——凄い返球でしたね
「監督がいい場面で使ってくれたので、それに応えられて良かったです」
——あのプレーが無ければ、或いは同点という場面でした
「あ、はい、おっしゃるとおりです」

英智

——ストライク返球だと思いましたか
「投げた瞬間はストライクは行ったと思ったんですけど、谷繁さんのブロックとかもありましたので、ハイ、良かったです」
——レフトはまだ激戦です。今日は3ベースを打ちました。レギュラーを獲ってください。
「あの、自分のやるべきことを忘れずやっていきたいと思います」

スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [捕]谷繁 [一]リナレス [左]中村
途中出場:英智/川相/井上/渡辺/残り:(投)紀藤/朝倉/久本/落合/石川/小笠原/(捕)柳沢/(野)土谷/英智/大西

-
06/29 tue./65/38勝26敗1分/対広島10勝3敗/福井

7連勝「しっかり練習してるから結果が出ている」

広島 000101000 |  高橋-林-沢崎-小山田-菊地原
中日 41210200X |10 ドミンゴ-紀藤-小笠原
勝:ドミンゴ/負:高橋

共同通信より:
当然の7連勝、中日 投打がっちりでスキなし

1回の攻防で大勢は決まったようなものだった。走塁ミスで先制機を逃した広島に対し、ミスにつけ入り谷繁の3ランなどで4点を奪った中日。その後も集中力の欠如が目立つ広島を横目に、選手個々が勝利へひとつになっているのだから、2年ぶりの7連勝は当然の結果だった。

連勝中、54得点を挙げている一方で、失点は11。好調の打線が目立ちがちだが、この日のドミンゴまでいずれも先発投手が勝ち星を得ている。落合監督は「それは知らなかった」と話したが、すぐさま「うちはそれ(先発)があるから戦える」−。持ち味通りの勝ちパターンを持続しているのだから、表情も自然と崩れていく。 投手がしっかり試合を作ると、打線も応える。とりわけ荒木、井端の1、2番の出塁率は高く、連勝中はすべて本塁を踏む活躍ぶり。「1、2番が機能しているから点が取れる。大量点は下位も打っているから」と宇野打撃コーチも満足そうにうなずいた。

ここ10年、セ・リーグでは6月末に首位のチームが8度栄冠を勝ち取っている。今月あと1試合残しているが、投打ががっちりとかみ合っている今の中日にスキは見当たらない。

一喜一憂型ファンからすると、このまま50連勝くらいするんじゃないか、ってな気分。オレ竜:「うちはピッチャーで勝ってきたチームなんだ。うちは先発が安定してるからここまで勝ててきてるんだ。バッターに関しては、しっかり練習してるから結果が出ている。練習しなきゃ結果は出ない」

アレックス:「(3回タイムリーツーベース)打ったのはスライダーだと思う。最近、自分の打撃の調子が上がってきているし、チームのバッティングの調子もすごくいいので、この波に乗り続けたいね」。リナレス:「(3回タイムリー)打ったのはシンカー。チームの勢いに乗せてもらって打った感じだね。でも打ててうれしい」。立浪、この日で通算2000試合出場達成。突如として「ライブドア、近鉄買収へ」報道。

スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [捕]谷繁 [一]リナレス [左]中村/ ●途中出場:柳沢/川相/井上/ ●残り:(投)岡本/岩瀬/朝倉/久本/落合/石川/バルデス(野)渡辺/土谷/英智/大西

-
06/30 wed./66/38勝27敗1分/対広島10勝4敗/岐阜

オレ抗議21分間。長良川に落合コール

広島 100212000 |  ベイル-天野-林-菊地原-大竹
中日 000005000 |  朝倉-久本-紀藤-落合-バルデス-岡本
勝:ベイル/S:大竹/負:朝倉/ [広島]:/ [中日]:

先発朝倉、被安打7だが安打性の当り多く、不安定。それでも六回一気に5点差を追い付き(荒木四球井端2H立浪H福留三振アレH谷繁三振リナH大西H井上H)、九回1死満塁、サヨナラお祭りモードで谷繁サードゴロ。本塁封殺。捕手から一塁への送球が谷繁の足(だったと思う)に当たる。一塁塁審は谷繁の左足がファウルラインの内側にあり、一塁手の捕球を妨害したと判断、谷繁アウト、試合終了。広島側が全員さっさと帰っちゃった一方で、監督食い下がる。スタンドから落合コール。

三塁塁審、谷(責任審判):「当たった時、谷繁はファウルラインをまたいでいた。その時点で谷繁アウト」。オレ竜:「言うことは何もない。ただ試合に負けた。それだけ」。その後の新聞コメント:「(ラインを)またいでもいいのではないか、と言うことでルールの見解の相違」。谷繁:「あそこでサードゴロ打つ方が悪い」。じつにびみょーな感じで、連勝は7で止まる。

スタメン:[二]荒木 [遊]井端 [三]立浪 [右]福留 [中]アレックス [捕]谷繁 [一]リナレス [左]中村/ 途中出場:英智/大西/渡辺/土谷/井上/ 残り:(投)岩瀬/石川/小笠原/野口 (捕)柳沢 (野)川相