勝敗グラフ中日ドラゴンズ選手名簿(おたんじょうび帖)中日ドラゴンズ年俸ランキング高額年俸ランキング・全国版高額年俸ランキング・球団別表彰選手セ・リーグ個人成績パ・リーグ個人成績
| birth of オレ | pre.2004 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 日本シリーズ |
July 2004 season 07/01 →07/31

-
07/02 fri./67/38勝28敗1分/対横浜9勝5敗1分/横浜

憲伸5回2被弾5失点

中日 020000000 |  川上-紀藤-久本/
横浜 00302000X |  マレン-加藤-セドリック-佐々木
勝:マレン/S:佐々木/負:川上

二回、リナレス今季1号2ランで先制。
三回、種田タイムリー多村2ランで逆転される。
五回、ウッズ2ランで3点差。川上五回5失点。
七回以降、加藤、セドリッック、九回佐々木。

荒木、連続得点記録は11試合、連続安打は15試合で止まる。「マレンは特別良くはなかったのに、こっちが積極的にいけなかっただけ。テンポの良さに、こっちが合わせてしまったのかな」「また明日ですね。記録はいつか止まるもの。また明日から記録を積み上げていければチームにも貢献できると思う」

-
07/03 sat./68/38勝29敗1分/対横浜9勝6敗1分/横浜

昌5回3失点降板

中日 000020000 |  山本昌-岡本-バルデス-石川/
横浜 000211000 |  土居-富岡-木塚-加藤-セドリック-斎藤-佐々木
勝:富岡/S:佐々木/負:山本昌

山本昌不安定、五回途中降板。「(五回)同点となった後の四球がねえ。無駄な四球でランナーをためすぎた」。チームは三連戦で横浜に負け越すのは今季初。7連勝後3連敗。オレ竜:「負ける時はこんなもの。そんなに欲目で見るな」

横浜の富岡って知らないけど、10年目左腕でプロ入り初勝利だそうだ。「どうやったら勝てるんだろうと思ってたのに…。内容はよくないし、こんな形で勝っていいのかなとは思いましたけど、長かったですね」って、おい、こんなこと言われてるぞ。8回から何故か谷繁下げてキャッチャー柳沢。

-
07/04 sun./69/39勝29敗1分/対横浜10勝6敗1分/横浜

井上三安打。連敗脱出

中日 100202100 |  野口-岡本-紀藤-落合-バルデス-岩瀬/
横浜 010012100 |  三浦-土肥-加藤-斎藤
勝:岡本/S:岩瀬/負:三浦

継投早めで野手総動員1点差勝ち。四回1死一塁、井上ライトへ六号2ラン。この日3安打。「久しぶりだったんで…。僕はここ2カ月くらい、チームに迷惑を掛け…」「昨年までだったら、そのまま腐っていたかもしれない。今年はそういう態度は絶対に見せないと。いつか絶対に良くなると信じて…」。中スポWEBには、「と話した井上の声が震え、目は真っ赤だ」とある。「天国から地獄へ。開幕スタメンを果たした井上は、4月中盤まで打率4割台をキープしていたが、5月中旬から下降の一途。最近はルーキー中村(東北福祉大出)に左翼のスタメンの座を譲って、ベンチを温める日々が続いていた」

オレ:「本来なら負けゲームかもしれない。その試合を勝ったというのは選手に力がついたということ」

この日から先発捕手柳沢。落合流は故障情報一切出さないけど、どうも谷繁腰痛と思われる。「疲れました。でも、こういう時のために毎日練習してるんです。慌てることはありませんでした」「谷繁さんがいないから弱くなったと思われたくなかった…。きょうは勝てて良かったです」。6回表1死満塁でスクイズ成功。「どこに転がったかも分からなかった」。荒木がついにエラーしたらしい。しかもふたつ。どんなエラーだったのか知らない。

荒木無失策の夢破れても /Road To Victory 落合竜の挑戦

荒木雅博内野手(26)、この日の相手は昨年から1四球をはさんで10連続安打を続けてきたカモの三浦だったがノーヒット。横浜三連戦13打数無安打に終わった。さらに、三回にファンブル、九回に悪送球と、69試合目にして初失策。「ピッチャーに本当に申し訳ないっす。勝ったからよかったとは言えないっす」。しかし、ここまでノーエラーできたことを讃えねばならない。失策ゼロの選手は他にもいたが、みんな外野手や指名打者。規定打席に到達している中では両リーグで「最後の内野手」だったのだ。今季、荒木はひそかに守りの目標を掲げていた。「開幕から百試合ノーエラー」。夢は破れたが志はなおも生きている。

あこがれの内野手がいる。レイ・オルドネス(カブス)。メッツ時代に3年連続ゴールドグラブ賞を獲得した天才遊撃手だ。「当時メッツを率いていたバレンタイン監督(現ロッテ)から、「君は1本のヒットを打たなくてもいい。その代わり1本のヒットを止めてくれ」と言われたんですよ。僕もそんな内野手になりたいんです」と荒木。メジャー通算で打率2割4分6厘、11本塁打。打つことはまるっきり期待されていなかったオルドネスだが、荒木にはもっと上を見据えてほしい。140本の安打を止め140本の安打を打ち、トータルで280本。それだけの力はある。

-
07/06 tue./70/39勝30敗1分/対ヤクルト5勝7敗/ナゴヤドーム

谷繁抹消。ドミンゴ5回5失点完敗

ヤク 300020003 |  石川-杉本-ゴンザレス-河端-五十嵐亮/
中日 000003000 |  ドミンゴ-小笠原-岡本-落合-久本-石川
勝:石川/負:ドミンゴ

ドミンゴ5回5失点、打線は石川に六回までパーフェクト。柳沢先発、前田章宏21歳3年目も八回から今季初マスク。去年の10月以来二度目。九回久本-前田章で4連打3失点。

オレ:(tanishigeについて)「これからもこういうことはある。前々から言っているように、いる人間で戦っていくしかない」「いい状態でオールスターに入るのと悪い状態で入るのと2つあるけども、ウチみたいに落ち気味で入る方がいいんじゃないの。いい休みになるから」。と来たもんだ。

-
07/07 wed./71/40勝30敗1分/対ヤクルト6勝7敗/ナゴヤドーム

平井復活、井端内野ゴロ、福留二発、至宝犠飛

ヤク 000000200 |  藤井-杉本-吉川-山部-川端/
中日 30000201X |  平井-岡本-バルデス-岩瀬
勝:平井/負:藤井

5月23日横浜戦以来、脇腹痛から平井、ついに復活。三回までパーフェクト。「緊張しましたね」「全体的に低めに集めることができました。細かいことを考えずに低めに力があるボールを心がけた」「最初から最後まで全力。でも、思い切り投げられて良かったですよ」。テレビの試合中継は「見ないようにしてた」と言う。「ほかの投手も頼もしいし、自分は慌てる必要ないかな、と思った。でも、取り残されている感じもした」 「首位のチームに戻ってこられて良かった。目標は1つ。最後は笑えるように頑張りたい」

初回福留18号2ラン、六回19号2ラン。「1本目、打ったボールはスライダー。打てて良かったです。2本目、打ったのはストレート。直前の打席で見逃し三振だったので、最初から積極的に打っていきました」

オレ:「平井が戻ったのは大きい。体さえ普通に戻ればこれくらいやってくれると思っていた。久しぶりの登板なので80から100球位だと思っていた。先発ピッチャーは数が多いので、完全に治してあがってくれればいいと思っていた」「福留の2本のホームランも大きかったが、うちのチームとして本来の点の取り方は1回の井端の内野ゴロ間の1点と8回のリナレスの犠牲フライだ」

-
07/08 thu./72/41勝30敗1分/対ヤクルト7勝7敗/ナゴヤドーム

川上七回1失点-昌-岩瀬

ヤク 000100000 |  ベバリン-ゴンザレス-川島/
中日 010400000 |  川上-山本昌-岩瀬
勝:川上/S:岩瀬/負:ベバリン

二回井上ソロで先制。追い付かれた四回、井端がセンター前、立浪広く開いた三遊間を抜くエンドランで一三塁。福留の内野ゴロで1点勝ち越し。アレックスのライト前で福留一気に三塁へ。続く井上一ゴロ、三走福留があえて三本間に挟まれ併殺を防ぐ頭脳プレー(と書いてあった。なるほど)。二三塁となったところでリナレスがツーベース。素晴らしい。

オレ:「守り勝つ野球。うちはこういう野球。今日は初めから、川上が駄目なら昌の予定だった。予定通り。今日のゲームは絶対に勝ちに行くつもりで戦った。川上も今日勝てたからオールスターへ気分良く行けるでしょう」「(福留のゲッツー崩れの間の一点)昨日の二本のホームランよりも、ああいう点のとり方のほうが流れが変わるし、ウチらしい点の取り方」。貯金11でオールスター休みに入る。

▼落合「前半戦41勝は誰の力でもありません、選手全員の力」

▼堀内「最低のチーム状態で勝率5割以上で踏みとどまった。良くやったとは言えないが、良しとしないといけない」

▼岡田「伊良部の不振やキンケードの故障が大誤算。成績はいいのか悪いのか分からないが、本当の勝負は8月。巻き返したい」

▼山本「先発投手に故障者が続出したのが一番の誤算。打線は力がある。後半戦のカギは投手と守り。球宴休みに再整備したい」

▼若松「先発投手がね。鎌田、石堂らの不振が残念。あとは故障した石井の穴。もう一度投手を立て直してやっていきたい」

▼山下「昨年に比べ力はついている。勝率5割にも十分戻れる。8月のアテネ五輪期間にそれなりの戦いができるかが浮上のポイント」

-
07/11 sun./ all star second game@NAGANO

第二戦は長野県営球場にて。三回裏二死、打者小笠原カウント2-1。三走新庄剛志、うずうずした挙句、ホームスチール敢行、判定セーフ。次の打席でも二塁打を放って生還し、全得点を挙げてMVPを獲得。阪神時代の99年以来2度目。もしかすると『最後のオールスター戦』かも知れない。選手たちは12球団のチームカラーを織り込んだミサンガを着用し、「近鉄オリックスの性急な合併と議論を尽くさないままの1リーグ化反対」を意思表示。

未確認情報だが、翌日のスポーツ新聞の文言は各紙でこう分かれた。という書き込みを見た。

[日刊スポーツ]:「最後となるかもしれない球宴」
[スポーツニッポン]:「球界再編が進めば今年で最後になる可能性もある夢の球宴」
[東京中日スポーツ]:「これが球宴の最終戦かもしれない」
[デイリースポーツ]:「もし球界が再編されれば、セ、パでの球宴はこれが最後になる」
[サンケイスポーツ]:「最後となることが濃厚な現行の球宴」
[報知新聞]:「セパ12球団による最後の球宴が終わった」
-
07/16 fri./73/42勝30敗1分/対阪神9勝6敗/甲子園

柳沢二刺殺。やるじゃん。

中日 300100000 |  山本昌-落合-岩瀬-バルデス/
阪神 100011000 |  井川-マイヤーズ-桟原
勝:山本昌/S:バルデス/負:井川

後半戦開始、先頭荒木いきなり2ベース。福留の遊ゴロで生還。さらにアレックス2ラン。「井川から打てたのは嬉しい。チェンジアップをうまく打てた。後半戦初戦だしそれがうれしい」。四回福留、20号ソロ。山本昌、ピンチの連続を六回3失点でしのぐ。柳沢、五回赤星、1点差の九回無死一塁では代走上坂を刺殺。いずれもピッチドアウト。「ベンチから外せとサインが出ていた。(たびたび走ってくるのは)なめられてるとしか思えない」「練習の成果が出た。『思い切っていけ』とベンチが言ってくれるから」。昌「柳沢に助けてもらったし、今日は感謝感激の投球ですよ」

496 名前:代打名無し@実況は実況板で 投稿日:04/07/16 02:12
TBSラジオの番組に電話ゲストで出た井端の発言。落合監督って選手からするとどうなの?という問いに対して、井端「ぶっちゃけていいっすか?」(当たり前だと言うような素っ気無い口調で)「最高っすよ」

「マスコミ等、外部からの目を全部引き受けてくれて選手に野球に集中できる環境を作ってくれている」「監督と会話を良くするようになった。山田さんや星野さんのときはここまで話した事は無い。他の選手とも一日一回は会話してるんじゃないかな?」。若手なんかは喜んでますよ、とも言っていた。ゲッツーが収穫という発言に関しても話が振られて、「あの一言には救われた、結果としては悪いわけだがあれでいいんだと自信が持てた」

710 名前:代打名無し@実況は実況板で 投稿日:04/07/17 11:33
リナレスに声かけてるとこ、俺も見たよ。
英語で話してんのかなーって俺は思ったけど。
あと、昨日は岩瀬スイッチの場面もカッコよかったな
色々話しかけたあと、岩瀬のグラブにポーンとボールを放り込む俺竜。
にっこりと子供のような笑顔を見せたあと、今度は真剣な表情で柳沢と向き合う岩瀬
最高にハアハアした

735 名前:代打名無し@実況は実況板で 投稿日:04/07/17 16:26
リナにナベとの交代告げる時、ニコッとしながら指でチェンジのしぐさした落合監督が刑事コロンボに見えた。。。

-
07/17 sat./74/42勝31敗1分/対阪神9勝7敗/甲子園

バカ負け、長峰3奪三振デビュー

中日 000000010 |01 平井-長峰-紀藤-小笠原/
阪神 33200520X |15 ホッジス-牧野-吉野-金沢
勝:ホッジス/負:平井

来日初登板のホッジスに沈黙。平井は乱調。俺:「先発が打たれたら、こういう試合になる。平井を三回まで引っ張ったのは、ある程度球数を投げさせたかったから。次も投げてもらわないといけない投手だから」「1敗は1敗。ホッジスには予備知識もないし、打者には辛かったな」

二年目左腕長峰昌司19歳、四回、金本、檜山、アリアスから3連続奪三振デビュー。「debut 」を「デヴュー」と書く人がいるけどカッコ悪いと思う。どうでもイイか。「すごく緊張した。口の中がカラカラで無我夢中でした」。俺:「長峰は合格じゃないかな? 下にもいいのがいるだけにまだわからないが、今日の試合で1人ぐらいいいやつがいてもいいだろう」

阪神ファン実況掲示板より

774 名前:代打名無し@実況は実況板で:04/07/17 23:18
今日の岡田へ不満がひとつ。
吉野がいい球放ったのに主審がボール判定したとき。
にこーり笑って親指立てて欲しかった。
俺竜のアレ、ちょっとキュンときたぜ

780 名前:代打名無し@実況は実況板で:04/07/18 00:28
その親指キュンってなんだ。
今日(昨日か、もう)の試合見てないので、わからん。説明しておくれ

782 名前:代打名無し@実況は実況板で:04/07/18 00:54
今日の主審のストライクはかなり厳しかった。 内角で、ストライクに
とってもいいだろう、といういいボールに、ことごとくボール判定が出た。
確か長峰か紀藤が投手で、打者が桧山の時に、
スッゲェいいコースの球がボール判定されて、あきらかにバッテリーが
ガッカリしてたとこで画面に中日ベンチの落合が映された。
落合は「イイ球だった」という感じで親指をサムアップしてた。

783 名前:代打名無し@実況は実況板で 04/07/18 01:11
落合監督かっこええ〜
残念ながら岡田監督では首をかしげるのが関の山だな

789 名前:代打名無し@実況は実況板で 04/07/18 07:46
>>782
説明ありがとう。
おい、かっこいいな落合(って、なんで圧勝した試合で落合を、ほめなあかんのか)

-
07/18 sun./75/42勝32敗1分/対阪神9勝8敗/甲子園

野口超好投。援護なし。

中日 000000001 |  野口-岡本-小笠原/
阪神 00000020X |  下柳-安藤-ウィリアムス
勝:下柳/S:ウィリアムス/負:野口

森繁和:「野口は最高のピッチングだった」。打線は下柳の前に七回まで四安打無得点。八回安藤、九回ウィリアムズの前に無安打。

落合信子さん語る:「中日の試合は欠かさず東京の自宅で見てる。落合の監督就任が決まった昨年秋に、2人で何かお祝いをしたいねって、買ったのが、当時、一番大きかったテレビ。すごく高かったけど、60インチのテレビを落合が大奮発して買ってくれたの」「試合のある夜は、息子の福嗣と2人で大騒ぎしてテレビを見てる。試合前は必ず仏壇の前で手を合わせて、『中日が勝ちますように。選手のみんなががんばって、落合の夢が実現しますように』って心の中で祈るの。試合が始まったらテレビにくぎ付けよ。チャンスで大声を出し、ピンチで叱咤(しった)する」「言ったことを必ず実現してきた落合をわたしは信じてる」

-
07/19 mon./76/43勝32敗1分/対巨人7勝7敗/ナゴヤドーム

「カッコつけずに、とにかく勝つ」

巨人 002000001 |  工藤-シコースキー/
中日 00030010X |  川上-落合-岩瀬
勝:川上/S:岩瀬/負:工藤

2点を追う四回、立浪福留アレックス連続二塁打で逆転。川上、七回までに今季最多の毎回十被安打、しかしローズ2ランのみに抑える。「今日は、できる範囲のことで精いっぱい」「カッコつけずに、とにかく勝つ」。七回、またも立浪二塁打で加点。八回落合英二、江藤、阿部、二岡を完璧。九回岩瀬1失点、さらに1点差で二死三塁、高橋由レフトフェンスへ。英智、転びながら自演気味なファインプレーでゲームセット。岩瀬の失点は5月29日以来。

堀内:(工藤について)「ゲームを作ったといえば作ったが、コントロールが悪かった。低目を狙うと高めにいき、高目を狙うと低めにいった」(工藤、立浪勝負)「左の立浪だから工藤でいったんだけど、うまく打たれたのかな」

オレ竜:「守り勝ち。こういう野球しか出来ない、こういう野球で勝っていくしかない」(最後の蔵本)「ポテンヒットがイヤだったから少し前に出させていたけど、蔵本は良く捕ってくれた」「東京ドームだったらほとんどやられてるんじゃないか。器の違い」

-
07/20 tue./77/43勝33敗1分/対巨人7勝8敗/ナゴヤドーム

長峰初先発。「優勝が見えてきた」

巨人 020033100 |  林-コーリー-中村-シコースキー-岡島-久保
中日 101030002 |  長峰-岡本-久本-遠藤
勝:中村/S:久保/負:岡本

英智初スタメン。言われたときはプレッシャーから、嬉しさどころか「吐き気すら感じた」とかいう話をラジオ実況が言ってた。大丈夫かよ。しかしこの日2安打、しかも9回のは2点タイムリー。ピッチャー長峰19歳、初先発。「今日は最初から思い切り飛ばしました。ゲームを壊さないことだけ考えて投げたんですが……」二回小久保ソロ、さらに林タイムリー。五回ローズ3ラン。

オレ竜:「長峰先発は予定通り。もっと早く代えれば5回のローズの3ランは防げたが、あえて長峰に経験をつませた。5対2からの同点に追いついたのがうちの野球だ。野手が頑張って長峰の負けを消したよ。この1敗はこれからの2勝3勝に跳ね返ってくる。こういう野球をやっていれば優勝に 近づく。優勝が見えてきた」
堀内監督「(九回、2点差まで詰め寄られ)もっと早く久保を使っておけば……。出し惜しみしたな。林も含め、気持ちとボールが一緒じゃないヤツが多すぎる」

-
07/21 wed./78/44勝33敗1分/対巨人8勝8敗/ナゴヤドーム

「僕はジャイアンツを出された人間なので...(涙)」

巨人 100000020 |  上原-前田-コーリー /
中日 10003100X |  山本昌-高橋聡-バルデス-落合-岩瀬
勝:山本昌/S:岩瀬/負:上原
柳沢。お立ち台では感極まって泣いてしまいました

山本昌38歳、中4日での先発は3年ぶりらしい。「びっくり? むしろ期待されていると思って、ありがたかった」。初回高橋由タイムリーで先制され、その後もほぼ毎回走者を出す。「きつかったです。1本打たれたらボロボロになるところだった。本当に苦しかった」。巨人は上原。「あっちも中4日で来たからね」。122球、6回5安打1失点。オレ竜「 タフだね。あと5、6年はできるよ」

二回無死一塁、四回、五回いずれも2死満塁を無失点で切り抜ける。オレ竜:「こういうゲームはこうなっちゃう。あれだけ(向こうが)1本出ればというところで出ないと、試合の流れはこうなっちゃう。(4回勝ち越しの場面については)サインは出していない。選手に任せてある。送らせることは考えなかった。打ってアウトになれば、また1番の荒木に期待するだけ。選手の力だな、これは」

英智2安打1得点1打点。柳沢、5回右中間勝ち越しタイムリー二塁打:「昌さんが気迫のこもったピッチングだったので、僕が後押しされた。今まで打てなくて迷惑をかけたし、昨日の負けは僕の配球ミス。うちのピッチャーにも迷惑をかけた。上原は良いピッチャーなので、追い込まれたらまずいと思った。ジャイアンツをトレードで出されて、同じリーグに帰ってきていつか見返してやろうと思った。お立ち台では感極まって泣いてしまいました」

-
07/23 fri./79/45勝33敗1分/対広島12勝4敗/ナゴヤドーム

当たり前の野球。

広島 020000000 |  ベイル-林-佐竹-永川 /
中日 021421000 |10 ドミンゴ-岡本-久本-遠藤
勝:ドミンゴ/負:ベイル

実兄(ホセ・アルベルト・グスマン氏41)を亡くしドミニカへ緊急帰国のドミンゴ(29)、17日ぶりの復帰。 2回シーツに先制2ラン食らうも、六回86球2失点。「はじめは少しフィーリングがつかめなかった」「自分のピッチングには満足している。味方の打線に助けられ、先発としての責任は果たせたと思う」。 オレ竜:「よく投げた。六回でいっぱいいっぱいだったけど。走らなくていいってあれだけ言ってんのに全力疾走してるんだもの、疲れるよ。帰国中は何もしてなかったんだから、スタミナ切れは仕方ない。これからイニングも伸びていくんじゃないの」

二回、二死から福留、英智ダブルスチール。オレ竜:「サインは出してないよ。選手同士でやったんだろう。スキあらばといううちの野球を選手が理解して実践してくれている。選手全員がしっかりとプレーしてくれているよ」。福留:「ずっとタイミングは取ってたから問題なし。あれだけベイルが足を高く上げてればね。蔵本さんも僕を見てたから」

直後に同点タイムリー、柳沢 :「ドミンゴのためにもいいところで打てて良かったです。バッティングの調子も上がっているので自信を持って打席に立てることが結果につながっていると思います。何よりチームの勝利に貢献できたことが本当に嬉しいです。これからも一戦一戦がんばりますので応援よろしくお願いします!」。五回、英智タイムリー:「スライダー、甘い球だけを狙っていました。不細工なバッテイングでしたが、あそこに打てたということは、調子がいいバロメーターだと思います」。中スポWEBによると、英智3箇条というのがあるらしい。

走:「目標10盗塁」
守:「各打者のデータを把握して守る」
打:「多くを求めない」

福留 :「自分の調子も上がってると思います。首位にいるチームの4番を打たせてもらっているので恥ずかしくないようにがんばります」。この日2打点、金本、ラロッカ、ローズを抑えて73打点でセリーグ単独トップ。ちなみに打率は .271、規定打席到達選手中セリーグ単独最下位。

オレ竜:「このチームはどんどん変わってきている。今ではベテランが若い選手に色々教えてくれている。みんなが同じ方向を向いているってこと。柳沢に谷繁がリードを、立浪がバッティングを。オレ達が言うより聞きやすいもんな。柳沢なんかシーズン当初と別人みたいな打ち方してるじゃない」「きょうだって広い意味では守り勝ち。相手のエラーのスキを付いて点を取る。相手にはそういう野球をさせない。当たり前の野球。こんな野球をこれからもやっていくよ」

-
07/24 sat./80/46勝33敗1分/対広島13勝4敗/ナゴヤドーム

完勝というか辛勝というか

広島 010000000 |  高橋-玉木-ワトソン
中日 000200000 |  平井-落合-岩瀬
勝:平井/S:岩瀬/負:高橋

先発平井1点を先制されるも4回、アレックス13号2ランで逆転。8-9回を落合岩瀬。俺竜は「試合後のインタビュールームではこぼれる笑みを抑え切れなかった」そうです。 「うん、そうだな。よく踏ん張ってくれた。これで平井も阪神戦のいやな負けを少しは忘れられるかな。点だってもう少し欲しい。けど、いつもいつもは打てないよ。こういう試合でうちは勝ってきたんだから」

アレックス:「ドーモアリガート」(2ラン)「ごkhsしmfフクドーメラメーヲサメタミン。福留がランナーに出たので繋ぐつもりでランナーに出ようと思った。強く叩ける球が来たので打った」(ドラゴンズ強いですね)「くぁwせdrftgyふじこlp;優勝はキャンプから皆が言ってきたことだし、ディフェンス、ピッチャーがいいのでバッティングを頑張る」(これからも期待してます)「ダニャラオウナヘイイェー。あと60試合残ってるけど、ファンの皆さん応援よろしくお願いします」

▼信子夫人のオレ流歳時記

後半戦に入ってもドラゴンズの勢いは衰えるどころかかまさに昇り竜の勢いで天に駆け上がっている。試合を見るのが毎日、楽しみで楽しみで。試合後必ずかかってくる落合からの電話も日に日に早く、そして声も弾んでくるの。(中略)「平井がよく投げてくれた。7回まで投げてくれたからその後に投げる投手の負担が軽くて済んだ。よく頑張ってるよ」24日の試合後もそんな風に選手をほめていた。勝って選手を褒め、負けても絶対に選手に文句言わない。マスコミにだけじゃないの。私と話している時だってそう。選手を必ずほめる。選手の話をするとき、落合は本当に幸せそう。だから聞いてやったの。「いろいろ書かれてるみたいだけどどうしてもっとマスコミの皆さんにもこんなふうにお話をしないの。「もっとコミュニケーションを」なんて新聞や雑誌で書かれてるわよ」。そしたらこんな答えが返ってきた。「確かにな。やろうと思えばやれるよ。でも今オレは選手たちのことで頭がいっぱいなんだ。特に試合の前は1分でも2分でも選手のそばにいたい。きょうの試合でどう勝つか。どう選手を生かすか。それしか考えられない」。監督一年生の落合が必死になって結果を出そうとしている。ファンやマスコミの皆さんに公約した「リーグ優勝、そして50年ぶりの日本一」に全身全霊をささげて取り組んでいます。色々至らないところがあるかもしれません。だけど日本一に必死になって取り組んでいることだけはご理解していただきたいです。(中日ドラゴンズ監督夫人)

-
07/25 sun./81/46勝34敗1分/対広島13勝5敗/ナゴヤドーム

完敗「野口はちょっとした事なんだろう」

広島 400210003 |10 佐々岡-小山田-玉木-天野/
中日 000110013 |  野口-遠藤-久本-長峰-高橋聡-バルデス
勝:佐々岡/負:野口

九回に3点を返して4点差に迫るも、そこまで。オレ竜:「またそういう(粘りの)話か。聞き飽きただろ?」。先発・野口が初回2死から6連打。4回遠藤、緒方に2ラン。5回久本、嶋にソロ。「誰も打たれようと思って打たれているわけじゃない」「野口はそんなに悪くないと思ったけど、ちょっとした事なんだろう。谷繁が試運転できたのが大きい、阪神戦で使えるんじゃないかな? ただ、1日おいて体がどうかが心配」
野口:「初回から試合を壊して申し訳ありません」
渡辺(4回タイムリー):「打ったのはまっすぐ。せっかくスタメンで使ってもらっているので、点差は関係なくセンター返しを心がけたのが良かったです」
井端(5回のタイムリー):「1点でも多く取りたかったんで良かったです」

英智スーパープレーの影に長嶋のノックあり(Road To Victory 落合竜の挑戦)

教え子が自分の担当教科で好成績が出ればその先生はうれしいもの。それがこの世界にもいえる。外野守備を担当する長嶋清幸コーチ(42)の表情が緩んだ方は。「そりゃうれしかったよ」。前夜のある場面を振り返った。23日の広島戦1戦目初回の守りだった。英智外野手(28)が左翼フェンスファウルゾーンへの打球をフェンスに右足をかけながら好捕し、ドミンゴの立ち上がりを救った。ひょいと壁に飛び乗る様は柔道技「猫柳」やプロレス技「シャイニング・ウイザード」を思わせる美技。身体能力のは定評がある英智だがもちろんそれだけでなせる動きではなかった。「長嶋さんにフェンス近くのフライを打ってもらっているので距離感はつかんでいるし頭の中で自然と足を掛けるプレーがイメージできた。普段やっていることが役に立ちました」長嶋ノックの存在を口にした。当の長嶋コーチは「ああ、それね。応用だよ応用」とフェンスをポンとたたいた。

英智ら伸び盛りの選手に少しずつ高いハードルを課している。「へたくそは練習すればうまくなる」をモットーに指導を精を出す日々。長嶋コーチ自身も79年にドラフト外で広島に入団。エリートではない。練習に練習を重ね当時は不動の中堅手だった山本浩二(現監督)を左翼に追いやる形でレギュラーポジションを手にした。ゴールデングラブ賞も4度受賞した。引退しても野球への情熱はあの頃のまま。ノックを放つ先に映る英智や土谷らにかつての背番号「0」を投影させているのかもしれない。

英智がスーパープレーするたび、落合博満監督(50)が口にする言葉がある。「そういう練習をしている。一朝一夕ではない。積み重ねがああいうプレーに出る」。日々の練習が高度な技術や知識が詰まった長嶋コーチの風呂敷を開いていく。今日もグランドにはノックバットを片手の熱血教師がいる。

【巨9−11横】延長十一回4時間11分、金城が久保からサヨナラHR。堀内「粘った?負けりゃあ一緒だよ。ピッチャーがヘボすぎる」「久保? 安易って問題じゃない!」

-
07/27 tue./82/47勝34敗1分/対阪神10勝8敗/甲子園

初回一気に4点→渡辺三重殺。川上10勝

中日 400000200 |  川上-落合-岩瀬 /
阪神 010001000 |  下柳-金沢-藤川-三東
勝:川上/S:岩瀬/負:下柳

初回荒木遊ゴロ失、井端立浪連打、福留押し出し死球、さらにアレックス押し出し死球、英智2点タイムリー。依然無死、一塁に英智三塁にアレックス。渡辺の強いライナーをショート藤本が落球、そのまま二塁を踏んで一塁へ転送。その間、何故かアレックスが歩くように本塁へ。本塁に転送、直前でタッチアウト、トリプルプレー。俺竜:「アウトカウント間違えたんでしょ」

五回無死1、2塁で立浪が送りバント、俺ベンチでびっくり。しかし福留相変わらずの三振。「プレッシャーというわけではないけど、『オマエに任せたぞ』っていう無言のゲキですからね。なのに何もできなかった。それが悔しかった…」 。七回、同じく1死2、3塁で福留。ポコンとバウンドしたボールが内野の頭上を越してライト右に転がる変な2ベースで今度は2打点。

川上7回2失点。「腕は振れていました。味方が4点を取ってくれたんで小細工して打たれるよりも最初から飛ばしていこうと」(2けた勝利)「まあ首位のチームでローテーションで回ってればね。勝たないといけないと思ってます。これからですよ」。俺竜:「いやー、今日は良かった。最後はへばったけど、エースが7回まで頑張ってくれて。6回ならもう1人割かなければいけなかった。2人残せたしな、今日も…」。「2人」とは、岡本とバルデスを指すらしい。バルデス...?

岡田彰布:「タイムリミットやな。ここまでやな。 明日からいろんな事が出来るわ」

▼巨人選手会(高橋由伸会長)はこの日、オリックスと近鉄の存続を訴える署名活動に取り組むことを決めた。ナベツネ:「おれが話をする時間があれば、そんなばかなことはしないだろうが」

-
07/28 wed./83/48勝34敗1分/対阪神11勝8敗/甲子園

渡辺3ラン4打点。柳沢1号ソロ。延長11回5時間37分壮絶。

中日 20402000101 |10 山本昌-岡本-高橋聡-バルデス-岩瀬-長峰-落合 /
阪神 20203000200 |  杉山-牧野-三東-桟原-ウィリアムス-マイヤーズ-安藤-藤川
勝:長峰/S:落合/負:安藤

試合終了は深夜11時40分。グダグダみたいな、劇的だったような。山本昌不安定、それを五回まで引っ張る。そこまでで8対7の1点リード。三回表は立浪五号ソロ、さらに渡辺 の1号3ラン。三回裏は金本アニキ23号2ラン。五回は荒木のレフトオーバー2点タイムリー。好調荒木、じつは出塁率セリーグ規定打席到達選手中単独最下位(.317)。ちなみに最下位争いのライバルは阪神藤本。

岡本-高橋聡-バルデスで8回まで押さえる。九回には柳沢のプロ入り初HRで2点差。「まさか入るとは思いませんでした。その瞬間はうれしかったけど・・・」。九回アタマから岩瀬。決まりだろ。と思われたところで先頭に四球、続くセンターフライをアレックスが英智とお見合い気味に見送り結果2ベース。続く一二塁間のゴロを渡辺がはじき、交錯した荒木と逆方向へ転がる2点タイムリーに。渡辺:「あの場面は荒木に任せるべきだった」なるほど。岩瀬に自責点2。延長。もーぐったり。

十回裏長峰登場、圧倒的3奪三振。十一回表、先頭打者アレックスのひょろひょろ打球を追って遊撃ゴールデンルーキー鳥谷、目測を誤る。「見ての通りです」。記録は二塁打。続く英智の三遊間バントも鳥谷もたつきオールセーフ、内野安打。続く渡辺「覚醒」博幸がセンター前タイムリー。その後柳沢、長峰の代打谷繁、荒木が三連続空振り三振で1点止まり。その裏最後は落合英二がゼロ封。

俺竜:(最後は総力戦でしたね)「総力戦? そんなんじゃない。そういう流れにこっちがしてしまったということ。そういう流れにした監督のミスだ。マサ(山本昌)を引っ張りすぎた。リリーフ陣のことを考えて引っ張ったこともあるけどマサに勝ち星をつけたかったんだ。だから本当は九回に試合を終わらせて欲しかった。でもこういう流れにしたのは監督であるオレの責任。絶対にやっていけないオレのミス」。(長峰、高橋聡と若い投手が踏ん張った)「そうだ。岡本、バルデスにしてもよく投げてくれたよ。とにかく踏ん張って試合を作ってくれた。オレのミスを投手陣、野手陣みんなで挽回してくれた。若い投手に関して言えばこういう経験をして抑えていくことが何より自信になるものなんだ。よく投げてくれた」(アレックスの守備は?)「うーん。何だろう。風? わからん。ナベにしてもアレックスにしてもミスはしたけど、この2人が最後の最後に働いてくれたじゃないか」。岡田彰布:「勝てれば1番よかったけどな。中日に3連敗はできん。まずは連敗を止めて、その後やな。それは選手が明日見せてくれるやろ。八月があるんやから」

山本昌(昌さん公式HPより):たぶん初めてです。8点もらって勝てなかったのは。とにかく野手やリリーフのみんなには申し訳ない。でも、なんとかボクに勝たせようとしてくれた落合監督には、絶対恩返ししますよ。

-
07/29 thu./84/48勝35敗1分/対阪神11勝9敗/甲子園

12回4時間45分。岩瀬、矢野からサヨナラ被弾

中日 000051010000 |  ドミンゴ-岡本-バルデス-久本-落合-岩瀬/
阪神 300000400001X|  井川-三東-藤川-ウィリアムス-安藤-マイヤーズ
勝:マイヤーズ/負:岩瀬

初回、片岡死球金本2ラン、さらに連打で3点目。五回、荒木2ラン、さらにアレックス3ランで逆転。

六回、柳沢死球、ドミンゴ送りバント失敗で一走に残り、その後まさかの単独スチール二塁にヘッドスライディング、ベンチ内爆笑(前回も「走らなくていいってあれだけ言ってんのに全力疾走してんだもの」とか言ってた)。これを荒木井端のいつもの光速連打で返す。

七回、先頭藤本初球HR。さらに二死後荒木エラー。普通のセカンドなら普通に捕って普通に赤星内野安打になるボテボテのゴロに思いきり突っ込んで、結果掬い損なった。失敗したけど凄い守備だろ。エラー判定はけしからん。今年の荒木のエラー記録は、7月4日横浜戦の二つに続いて3つめ。四球の後、金本3ランで再逆転。

八回、敵失にまたしても荒木井端の光速連打で再び同点、7-7。八回岡本、九回バルデス。九回裏二死、二走久慈。関本の三遊間ゴロに立浪飛びつくも及ばず、嗚呼サヨナラ。。。と思ったけどその先にいたのはヒデノリ蔵本ですよ。立浪が触れなかったのが幸いした。「僕は前にここでトンネルしてる(2002年7月26日、サヨナラエラー)んで…。甲子園のグラウンドは打球がスネークするんです。だから、まずは捕ることに専念しました」。奇跡のと言うべきか当然のと言うべきかノーバウンド・ストライク、柳沢好ブロック、痺れた。今季4度目の補殺で2試合連続の延長へ。

十回十一回、久本が抑える。久本覚醒か? 結局十二回、落合英二→岩瀬で矢野、サヨナラタイムリー。オレ竜:「仕方ない。こういう試合もあるってことだ。それだけのこと」「オレは結果論でものは言わない。それをしたら140試合全部勝てちゃうよ」「ドミンゴは立ち直っていた。あそこで代える監督はいないよ」

この日荒木井端ともに4安打、素晴らしい。福留3三振、最低と言うか、いつも通りと言うか。07/23の復調宣言をちょっと本気にしてたんだが。

-
07/30 fri./85/48勝36敗1分/対ヤクルト7勝8敗/ナゴヤドーム

あっさり完敗。

ヤク 001013000 |  川島-ゴンザレス-石井/
中日 000010000 |  平井-遠藤-久本
勝:川島/負:平井

ルーキー川島に四回まで無安打、七回まで3安打1得点。八回ゴンザレス、九回石井にパーフェクト。三回の先制点は立浪の送球エラー。平井は13安打五失点。完敗。

オレ竜:「川島にああいうピッチングをされては点は取れない。ゲーム前に悪い予想するのはあんまりいいことじゃないと思うけど、こういう結果になっても仕方がないなという試合が2〜3試合続いている」。(ここ数試合、エラーが出てますね)「みんなが言う通りに毎回毎回完璧なプレーができたら140試合全部勝っちゃうって言ってるだろ? 今日の負けは仕方ないよ」(疲れもあるのでは)「それは言い訳にならない。それを言うなら昔の方がもっとキツかった」「ま、この試合で森野と谷繁が八月に使えるというメドが立ったのはよかった」「川島と(球審)渡田の相性が抜群だった」

-
07/31 sat./86/48勝37敗1分/対ヤクルト7勝9敗/ナゴヤドーム

「あいつが補れなきゃ捕れない」

ヤク 000002200 |  石川-川端-田中-石井-五十嵐亮 /
中日 001001000 |  野口-岡本-落合-高橋聡_久本
勝:石井/S:五十嵐亮/負:落合

二回福留アレックス連打、渡辺犠飛で先制。六回二死二塁で俺登場、古田を敬遠指示。ところが次打者鈴木に「敬遠の後だし、甘く入らないようにと思っていたんですが」 ストレートの四球で満塁に。岡本にスイッチ、佐藤真レフトフライ、これを英智がまさかの落球、結果2点タイムリーで逆転。英智:「フック気味の打球でした。余裕があったので、大事に行き過ぎてしまいました」。若松:「今日の野口は見たこともないようなカットボールを使ってた。先に下ろしてくれて助かった」

六回英智初球スクイズで同点。さらに渡辺四球で一死満塁。しかし谷繁三振、代打森野右飛。

七回落合英二、二死後の三連打で二失点。

オレ竜(六回英智落球):「あいつが補れなきゃ捕れない。そういう選手。よほど難しい球だったんだろう」「これからのことを見据えて何人か戦力が整いつつある。オリンピックで二人が抜けるがこれでやりくりできるだろう」(野口について):「広島戦が駄目だったから、今日が悪ければ二軍に落とされただろう。でもあれだけのピッチングをしたんだからローテションには入ってくる。負けの中の収穫だ」(落合英二)「二死からもったいないと言うが、それは結果論。最善を尽くした中で、結果打たれたんだから仕方ない」 (七月の成績について)「今月はよく借金なしで収まってくれた」

ちなみにオールスター後の勝敗推移:

1:ヤクルト +5
2:読売巨人 +4
3:中日横浜 ±0
5:阪神電鉄 −2
6:広島カプ −7

▼新聞記事から。何新聞だか不明)選手時代から読書家で有名な落合監督、最近の愛読書は『鬼教頭の目にも涙』。東京・国士舘高校通信制課程の先生が、不登校生や中退生相手に文字通り体を張ってぶつかる、という熱い内容で、埋もれていた柳沢、英智、渡辺などを開花させたのも、高橋聡、土谷、長峰らの若手を次々に一軍に登用しているのも、「繊細なるが故に屈折する優秀な魂を救いたい」というこの本に触発されたものと言われている。

▼6月27日放送テレビ愛知『竜鯱2』:土谷鉄平インタビュー)こうなったら最後まで1軍、という気持ちは当然ありますよね。「まあできたら、はい」 そのために自分ができることって何でしょう。 「とりあえず任せられたことを無難に過ごしてればいいんじゃないでしょうか、多分」チームは首位にいます。今後どんな風に貢献していきたいですか。「代走に行けって言われたら、代走で貢献したいですし、守備で行けって言われたら守備で貢献したいです。その場その場でやるだけなんで、今はその、僕からどうこうってそんなのはないと思うんでさっきも言ったんですけど、任されたところでベストを尽くしてやるだけですね」ファンにどんな自分をアピールしていきたいですか。「うーん、今のところ特にないです。今は覚えてもらえれば、それでいいです」
だってさ。な、なんか・・・向上心とかないのかこの22歳は。いや、繊細なるが故に屈折してるのだろうか。