勝敗グラフ中日ドラゴンズ選手名簿(おたんじょうび帖)中日ドラゴンズ年俸ランキング高額年俸ランキング・全国版高額年俸ランキング・球団別表彰選手セ・リーグ個人成績パ・リーグ個人成績
| pre.2005 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 |
October 2005/10/01→10/31

10/01 sat.141/79勝61敗1分/対広島14勝7敗/ナゴヤドーム15:00

4年間。帰ってきてくれてありがとう。

広島 020000010 | 
中日 010002300 | 
○中里1勝/S岩瀬1勝2敗46セーブ/●大竹10勝12敗
[広島]大竹6-長谷川0.1-佐竹0-林1.2(倉-石原)[中日]石井5-中里1-鈴木1-平井1-岩瀬1(前田-谷繁)

感動的な試合になった。参ったなー、不意を突かれたよ。

先発石井五回2失点。10月1日か。。。。ちくしょう、1年前はナゴヤドームでボスを胴上げしたんだよなあ。今年は消化試合か。と思ってたら、中里篤史六回キタコレ。上げた以上は1イニングか2イニング限定で先発じゃないか、と思ってたので、油断してた。そうだったのか。メンバーはみんなこれを知ってたんだろうか。知ってて中里を勝ち投手にするためにわざとリードさせて、中里直後に逆転したのか。

653 名前:燃えよ名無しさん メェル:fortunist 投稿日:05/10/01 16:34:04
ピッチャー70

658 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:05/10/01 16:34:12
きたああああああああああああああ

659 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:05/10/01 16:34:13
きたああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

663 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:05/10/01 16:34:16
中里キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

669 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:05/10/01 16:34:19
中里キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!

673 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:05/10/01 16:34:21
中里が見えるー

677 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:05/10/01 16:34:22
キタキタキタキタ─wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─ !!!!

684 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:05/10/01 16:34:35
本物キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!

685 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:05/10/01 16:34:36
やべ涙が・・・

687 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:05/10/01 16:34:38
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

688 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:05/10/01 16:34:42
テレビ中継のある時間にやってくれ OTL

690 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:05/10/01 16:34:45
泣いた

692 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:05/10/01 16:34:46
中里登板したと聞いて月の裏側から飛んできました

694 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:05/10/01 16:34:47
やっと霞んでたものが見えるようになった

696 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:05/10/01 16:34:50
やっと帰ってきたか。ずいぶん待たせやがって

697 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:05/10/01 16:34:51
なんで中継おわっちまったんだあああああああああああああああ

698 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:05/10/01 16:34:53
(ラジオなので)見えない

699 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:05/10/01 16:34:54
ついにこの日が…   ・゚・(つД`)・゚・

感動の復活劇は8月21日に済んでるんで、今回のはあれに比べればセレモニーに過ぎない、と頭では思ってるんだが、それにしても。東海ラジオの実況大澤広樹は中里に余程の思い入れがあるらしく、もう日本シリーズ最終戦みたいな異様なテンションで中里を称えるのが泣けるというか笑えるというか、イヤ聞いてないけど。実況掲示板にそう書いてあった。新井を空振り三振。天才前田を遊ゴロ。実況大澤:「アウトにしてやってくれぇッッ!アウトォォッッッ!!!!」栗原を空振り三振。17球、最速148km/h。しかしラジオも聞いてないが、映像も見てない。実況掲示板見て感動してたら、ヨメから「中里のとこ録画に失敗したー」と電話がかかって来た。いいんだよ。オレが見たいのは来年ローテに入った中里なんだから。

その裏二死から逆転。さらに七回に3点。4点差じゃ岩瀬にセーブ付かないじゃん、と思ってたら八回平井が、まさかワザとじゃないとは思うが、測ったように1失点。九回岩瀬2安打許すも、ゼロ封、46セーブで佐々木の記録を抜き去る。小山良男、代打でプロ初ヒット、しかし二塁を狙ってタッチアウト。福留二打数0安打に終わるも、六回に四球で出て1得点を挙げ、100打点100得点をクリア。

▼福留:「僕も去年骨折して、アイツと一緒にファームでやった。走ってばかりの姿を見てましたから。今日は守ってて楽しかったです」

▼アレックス:(六回逆転2点タイムリー)「中里が良いピッチングをしていたので、なんとか勝たしてやりたかった」。

▼谷繁:(七回タイムリー)「中里に勝ちをつけてやりたかった。良い追加点になった」「中里の球を受けたのは初めてだけど、素晴らしいね。来ると分かっていて、空振りを取れる真っすぐ。オレが今まで受けた誰とも違う、すごくスピンのかかったボールでした」。

▼広島・新井(空振り三振):「球持ちがいい。手元でのノビもある。いいピッチャーですね」

▼広島・栗原(空振り三振):「手元でピュッと来る。全部真っすぐだったけど、ほとんど振り遅れてしまった」

▼中里ヒーローインタビュー: (感想は?)「すごく嬉しいです」 (どんな思いで投げた?)「肩と肘を壊して4年間投げられなかったんで支えてくれた人たちに感謝の気持ちを込めて投げました」 (緊張しましたか?)「はい。しました。お立ち台でも緊張してます(笑)」 (新井から三振取りましたね)「森コーチから腕を触れと言われたので、それができてうれしい」 (三者凡退でした)「緊張であまり覚えてないけど」 (チームメイトみんなが中里頑張れという思いだったと思います)「絶対勝たせてやると言われたので、嬉しい」 (ウィニングボールは?)「ラストボールは岩瀬さんに。僕は自分が投げたイニングのボールをいただきました」 (埼玉のお母さんが見てたそうですね)「はい」 (苦しいこと、いろいろあったと思います)「本当に、いろいろありましたけど、今日で全部吹っ飛びました」 (ファンにひとこと)「4年間リハビリ頑張ってきて、今日こうやって皆さんに見せられて本当に嬉しいです。

4年間待ってくれてありがとうございます」

(誰に一番報告したいですか?)「リハビリに携わってくれた人に一番報告したい」「今年中に一軍で投げられるとは思わなかったけど、使ってくれた監督に感謝したいです」

「絶対勝たせてやる」か。やっぱりワザとか。

▼岩瀬ヒーローインタビュー:「今日は記録を意識していたのでいつもより緊張しました。まだあまり実感がわきません」(ウィニングボールは)「あっちゃんに渡そうと思ったけど、いただいちゃいました」「優勝決定の後でもこれだけ多くのファンの皆さんに声援を頂いて本当にありがとうございます」

▼オレ:「今日は良いものを見せてもらった。中里はモノが違う。あの速球がな。あの速球で空振りすんだもの。比べたら、大竹の速球の方が速いように思うけど、球の質が違うんだな。あとは大事にキャンプをやって、来年きっちり投げられるように。神宮(での登板)はない。あったとしても最終戦(10/7)かな。4年ぶりだろ?十分に回復してなかったら投げさせない」「背番号は変えるよ。本人の希望はあるかも知れないが、番号はこっちが決める」(来季の構想は)「やっぱり先発でキッチリと間隔を空けてやらないといけないだろ。抑えには岩瀬がいるし、中継ぎで毎日投げるよりも、先発で間隔を空けた方がいい。こういうのが1人でも2人でも出てくれたら、もうベテランに頼る必要はない。これでケツに火が付いたヤツが出てくるだろう」岩瀬について)「こういう展開になって岩瀬にこういう記録が付いて良かった。価値ある日本記録だ」。オレ竜も中里の時ベンチでかなりウルウル来てた、という複数の証言アリ。

「お客さんは(この時期まで)優勝争いをしているからと思って買った券だろうけどな。本当はこの時期まで優勝争いしていなきゃいけないんだろうけど・・・」中里篤史関係の記録をこっちにまとめてみました。

10/02 sun.142/79勝62敗1分/対広島13勝8敗/ナゴヤドーム14:00

見るべきところがないから、言うべきところもない。

広島 000300001 | 
中日 101000000 | 
●川井1敗/○大島2勝2敗/Sベイル2勝1敗23セーブ
[広島]大島5-永川1-横山2-ベイル1(倉)[中日]川井6-石川1-小林1.2-岡本0.1(前田-小山)

なんか客が入ってるなー。きのう土曜日32500人、きょう日曜日35600人だそうだ。首位争いを期待してチケット買っておいたファンが多いのだろうか、と考えるとツライが、千葉マリンだったら超々満員の数字なのに、いまさらだけど、ナゴドはデカ過ぎる。とか考えてたら、しかし、甲子園って5万3000人収容なのか。知らんかった。それが毎日毎日満員なのか。スゲー。

初回福留の内野ゴロで先制、三回ウッズタイムリー。川井はなんと三回まで打者一巡パーフェクト。しかし見てない。代わりに(ってことはないが)匿名のみなさんのご好意のおかげで、きのうの中里の高画質動画を見れた。みんなイケメンイケメン言うが、三年も時間あったならその間になんとか肌をすべすべにできなかったのだろうか。それはともかく川井は四回一死から山崎2ベース、新井タイムリー、前田2ラン。結局六回を投げ、97球四死球ゼロ奪三振5被安打4の3失点。

七回関取石川。先頭前田二塁打も後続を断ち無失点。八回小林。センターフライ3つで三凡。九回二死から岡本登場、二死一二塁から末永にタイムリー。最終回ベイル、中村公小山連続三振、最後は高橋光1ゴロ、ゲームセット。

川井:「一球の重みを感じました。あの一球で逆転されてしまったし、一番投げてはいけないところに投げてしまった。今後は変化球を低めにコントロールできるように練習していきたいです」

オレ:(CBC Exciting Stadiumによる)「見るべきところがないから、言うべきところもない」なんだよう、このコメント。トーチュウにはこの台詞はなくて、川井について「タイプ的には先発だな。中継ぎはできない。そういう育て方をしないといけない」だそうです。なんでなんですかね。素人考えでは「素晴らしいキレで三回を完封したがその後スタミナ切れか?」という内容だけ見ると、むしろ中継ぎ向きに思えるわけだが。あとは戦力外通告と70人枠の話題を語っておられました。あしたは今年から導入の「高校生限定ドラフト」。

10/04 tue.143/79勝63敗1分/対ヤクルト12勝8敗/神宮球場18:20

雨の神宮に観客10236人。秋だ・・・

中日 000000100 | 
乳酸 01001000X | 
●中田8勝3敗/○石堂1勝2敗/S石井4勝3敗35セーブ
[中日]中田6-鈴木2(谷繁-小山)[ヤク]石堂7-吉川0.2-石井1.1(小野)

中田賢一23歳の七連勝がかかった試合だったが、二回小野タイムリーで先制される。五回は先頭ピッチャー石堂にストレートの四球から岩村タイムリー(今季100打点目)。打線は先発石堂の前に七回荒木タイムリーの1点のみ。荒木は自己タイの176安打。福留も青木もともに無安打。井端は六回裏からベンチに退がり、フルイニング出場途絶える。「ボールが見えにくかった。小雨のせいかも知れないし、乱視もあるし。遠近感がなくて真っすぐに詰まって、カーブにも詰まった。自分から監督に言いました。フルイニング出場は来季に取っておきます」。もともと視力が悪くて、5年前にレーザー治療してるそうだ。たしかに視力悪そうな目だなー。今年はシーズン途中から左目が乱視ぎみで視力が落ちてきたという。

中田:(もったいなかったのは?)「2点目です。間違いないです。四球連続はダメです。今日はバラついていました。今日は、じゃないですね。今日も、でした。谷繁さんの要求通りに投げられませんでした」「コントロールがいいとは自分では思いません。変化球だってそうだし。課題はいっぱいあります。すべてにおいて、レベルアップしたいです」

オレ:「中田? こんなもんでしょう」「井端? 別にフルイニング出なくてもいいじゃないか」。井端から言われた監督は「頭に当ったら台無しになるぞ」と言って説得し、交代させたそうだ。ショートは中日では初の川相が守った。いつもながらrawさんの観戦記は勉強になります。

10/05 wed.144/79勝64敗1分/対ヤクルト12勝9敗/神宮球場18:20

最後に粘り強く投げることができてよかった。

中日 020000011 | 
乳酸 10000104X | 
●朝倉5勝7敗/○吉川3勝2敗/S石井4勝3敗36セーブ
[中日]朝倉7.2-高橋聡0.0-鈴木0.1(小山)[ヤク]館山7-佐藤賢0.0-吉川1-石井1(小野)

観客8723人。今日も映像なく、ラジオもない。井端のバックアップで澤井が急遽昇格、ショートスタメン。Yahoo! の結果見てもわからないしトーチュウにもそんなことは書いてなかったけど、「俺竜観戦記」読むと澤井が結構ボロボロで、暗い気持ちになる。つくづく井端は偉大なんだな・・・チームの将来が不安になる、つか、考えてみれば澤井だって若手と呼べる年齢じゃないわけだが。現状ショートの二番手は澤井なんだろうか。荒木が盗塁ふたつ決めて41盗塁。40盗塁超は中日では1986年平野の48以来19年ぶり。三割百打点百得点をクリア、30本塁打まであと二本の福留は、すでに「ホームランを狙える球しか待ってない」らしい。今日は2打数1安打3四球。

朝倉好投、今季初の無四球。八回二死から連打で一三塁とされ、高橋聡。代打古田に通算1000打点目を献上。さらに鈴木が満塁にして小野に走者一掃2ベース。

小山二回プロ入り初タイムリー:「打ったのはスライダー、まっすぐ狙いのタイミングだったのですが、うまくバットが出てさばけました」

朝倉:「最後に粘り強く投げることができてよかった。自分なりにいい投球ができたと思います」「2死から得点につなげられたところは詰めが甘い」「(秋の)キャンプでもっと強いボールを投げられるようにしたい。今季? いろいろあったけど…。早く認められるように頑張ります」

オレ、朝倉について:「(怪我をしていたから)投げれることが分かってよかった」「今回のような投球をしてくれればいい。四球を出さなければ、打たれてもあれだけの点数に抑えられるということが分かったんじゃないのか」(井端が途中出場になりましたが)「そういうことを聞くな。井端は宝なんだ」

10/06 thu.145/79勝65敗1分/対ヤクルト12勝10敗/神宮球場18:20

オレ竜、スタンドに深々と最敬礼

中日 000000000 |  佐藤5-川岸2-小林1(前田-小山)
乳酸 30101000X |  松岡6-花田2-五十嵐1(小野)
●佐藤1勝1敗/○松岡1勝1敗

佐藤は初回4安打1四球浴びて3失点。rawさんによると、佐藤もアレだがキャッチャー前田もどうかと思う、途中交替の小山はリードは前田よりずっと上の印象だが肩が弱い、ちゅーことです。うーむ。青木は初回のHでセ・リーグ記録を更新する、シーズン193安打。青木って去年は3安打だったんだねえ。打線はルーキー松岡の前に六回を3安打無四球無得点、その後も最終回の荒木の1安打のみ。福留は初回快心の当たりがセンターフライ、第二打席はセンターオーバー、フェンス最上部直撃の2ベース。「(指を拡げて)あとこんだけだったのになあ。仕方ないよ」

今日は関東での最終戦で、オレ竜は試合後ファンからの声援に応えて帽子を脱ぎ、丁寧にお辞儀をしたという。ドラゴンズの二位は確定してるんだけど、ヤクルトと横浜の三位争いはハゲしい。この日ヤクルト勝って勝率3毛差で単独3位に。

佐藤(二月に右肘手術):「今年の開幕はベッドの上で迎えたけど、終盤には阪神戦の直接対決にも投げさせてもらって、いい経験をさせてもらった」

オレ:(守備では中村公治の判断ミス、澤井の遊ゴロエラー)「できない選手にはできるまでやってもらうよ。チャンスがまだあるんだ。ユニフォームを脱ぐ選手にはチャンスすらないんだから」(秋キャンプで厳しくしごく)「本当に厳しいのはユニフォームが着られなくなることなんだ。ユニフォームが着られればチャンスは与える。そこから選手が何をつかむかなんだ」

10/07 fri.146/79勝66敗1分/対横浜13勝8敗/ナゴヤドーム18:00

応援ありがとうございました。負けました。

横浜 002000211 |  斎藤隆6-川村1-木塚1-加藤1(相川)
中日 000100000 |  中里3-鈴木3-高橋聡2-小林1(谷繁)
●中里1勝1敗/○斎藤隆3勝4敗

そしてシーズン最終戦、中里篤史、今日は先発。キャッチャーは正捕手谷繁元信。あと2本出れば30HR達成の「HRしか狙ってない」福留を1番に。2番荒木、3番井端。観客29200人。

中里は「まあまあ」って感じなのかな。見てないけど。トーチュウ:「谷繁が『今まで受けてきた誰とも違う』とほれ込み、福留が『後ろで守っていて楽しい』と認め、落合監督が『モノが違う』と絶賛した華やかな才能。故障からの奇跡的な復活というストーリーとともに、見る側を引きつける。天才と評される一番のポイントは、しなやかな右ひじの使い方だろう。その源流は父・憲司さん(53)の教えに行き着く。子どものころ、細い棒を持たされて、『地面をたたけ』と命じられた。布団たたきに近い要領だが、ひじをうまく折り畳まないと決して地面に力は伝わらない。投手・中里の基礎トレーニングとなったわけだ」。細い棒で地面を叩く、、、、? そうですか。ジャッキー・チェンの神仙ものとかに出て来そうな話だが。3イニング59球は故障後最多。多村に31号2ランを食らう。多村だから許す。

聡文は52球、被安打5、3失点。福留は結局二ゴロ、三振、三振、遊ゴロ併殺。しかし出塁率0.4297で、0.4290の金本アニキを上回った。中里:「調子は悪くなかったし、前回よりは落ち着いてゲームに入れたと思います。もう少しゲームで投げて、場面場面で、いかに落ち着いていけるかが、来季への課題ですね」。たまに素晴らしい球が来る、ってだけなら朝倉健太と変わりないわけで、これから大変でしょうが、がんばってください。ウッズ(四回HR):「打ったのはスライダー。今シーズンの最後のゲームだから、名古屋のファンに自分のホームランを見てもらえてうれしいよ」。ところで最近 オレ竜が

「憲伸と昌は放っておいても大丈夫。中田と中里はチームの夢。
だけど健太が活躍して、初めてうれしいんだ」

と語った、とどこかで読んだけど、ほんとですか。おもしろいからほんとだと思っておきたい。その健太24歳は、祖父江彩(そぶえ・あや)さん家事手伝い22歳との結婚を発表した。高校時代から7年つき合ってる彼女だそうで、さすが健太だ甘酸っぱいぜ。もう一緒に住んでるらしい。挙式は12月。試合後のグラウンドで、監督からシーズン終了あいさつ。

全国の中日ドラゴンズファンの皆様、本日ご来場の皆様。今年1年間本当に暖かいご声援感謝申し上げます。ありがとうございました。2005年のシーズンは球団の悲願である連覇、そして51年ぶりの日本一という目標を抱え、この1年間を戦って参りました。

それを達成することは出来ませんでした。申し訳ありませんでした。

ドラゴンズの選手個々は持てる力を十分発揮してくれたと思っております。それを勝ちに結びつけられなかった。それは私の責任だと思っております。2006年のシーズンはもう始まっております。今年出来なかったセ・リーグの優勝、そしてスコアボードの上にあるこのチャンピオンフラッグを、この地に持ってくるために、戦いはもう始まっております。皆様に、これで3回目の約束になると思いますけれど、是が非でもその約束を果たしたいと思います。

そのためには肉体的にも精神的にも、もう1ランクも2ランクも強く逞しくなった選手を、2006年には皆様方の前にご披露できると思います。来年、今年以上のご声援をよろしくお願い致します。今年度はありがとうございました。

くっ、あ、安西先生・・・。あしたは「立浪、山本昌、川相の3人と、外人」以外一軍全員が九州入り、移動日なしでホークスの調整試合の相手を務めるらしい。フェニックスリーグ終了後、そのまま沖縄入り、6勤1休の秋季キャンプが始まる。去年は体調崩してヨレヨレの耄碌ジジイみたいだったけど、今年のボスは大丈夫か。

オレ:(振り返って、節目の試合になったのは?)「8月16日からの、巨人横浜六連戦だな。命取りになると思ったら、案の定だった。あそこで盛り返してくれてたら、もう少し楽な戦いができた。あの六連戦以降、無理をしなくちゃいけなくなった。勝てる試合だっただけに、最後まで響いた。ただ、選手は持ってる力を出してくれたと思う。勝てなかったのはベンチを預かるこっちの責任だ」(交流戦は?)「オレが五割でいいとか言ったのが悪かったかな。選手には申し訳ないことをした」(来季への課題は?)「いっぱいある。こういうシーズンを送らないようにしなければいけない」(今シーズンを一言で表現すると?)「負けたシーズン。勝負事は勝つか負けるかだから」。

こうして2005年の戦いが終わった。明日10/08からパ・リーグのプレーオフ開始。




▼パ play of 1st. stage
-
10/08 sat/ 千葉マリン14:00
西武 100000000 |  ●三井
千葉 000001010 |  ○薮田/セーブ小林雅
[西武]松坂-三井-正津(細川)[ロッテ]渡辺俊-薮田-小林雅(橋本)

1回表、西武は栗山の先頭打者本塁打で先制。対するロッテは5回に堀の犠飛で追い付く。直後の6回、西岡が好守を連発し流れを手繰り寄せると、8回にフランコの適時打で勝ち越し。先発渡辺俊は我慢強い投球で7回1失点と好投。最後は小林雅が反撃を断ちロッテが先勝した。

10/09 sun/ 千葉マリン14:00
西武 000000010 |  ●西口
千葉 000001010 |  ○小林宏/セーブ小林雅
[西武]西口-星野-山岸-森(細川-野田)[ロッテ]小林宏-藤田-小林雅−橋本(橋本)

1回裏、ロッテは三塁打の小坂を堀の犠飛で迎え入れ先制。6回にはベニー、今江の適時打など4安打を集中させ2点を追加した。先発・小林宏は8回途中まで被安打4、1失点と好投。最後は小林雅が3人で締めくくり、12日から始まるプレーオフ第2ステージ進出を決めた。




▼パ play of 2nd. stage
-
10/12 wed/ ヤフードーム18:00
千葉 000100120 |  ○藤田/セーブ小林雅
福岡 010000100 |  ●杉内
[ロッテ]セラフィニ-小野-藤田-薮田-小林雅(里崎)[ホークス]杉内-吉武-三瀬-高橋秀(的場)

ロッテは1-1で迎えた7回表、里崎のソロで勝ち越し。直後に同点に追い付かれるも、8回に堀・福浦の連打で二三塁とし、ベニーが2点適時打を放ち再び勝ち越しに成功した。このリードを薮田・小林雅の継投で守りきり、ロッテがプレーオフ第2ステージ1勝目を挙げた。

10/13 thu/ ヤフードーム18:00

千葉ここまで四連勝、王手

千葉 000003000 |  ○清水/セーブ小林雅
福岡 010011000 |  ●斉藤
[ロッテ]清水-薮田-小林雅(橋本)[ホークス]斉藤-吉武-三瀬-馬原(的場)

ロッテは1点先制された直後の6回表、フランコの2点タイムリー2ベースなどで3点を挙げ逆転に成功。その後は川崎にソロを浴び1点差に詰め寄られるが、清水直・薮田・小林雅の必勝リレーで見事に守りきった。ロッテは2連勝で31年ぶりのリーグ制覇に王手となった。

10/15 sat/ ヤフードーム18:00

土壇場奇跡の四得点、ドラマのような延長サヨナラ

千葉 0020002000 |  ●小野
福岡 0000000041X|  ○馬原
[ロッテ]渡辺俊-薮田-小林雅-小野-藤田(橋本-里崎)[ホークス]新垣、三瀬、馬原(的場-田口-領健)

ホークスは4点を追う9回裏、大村・荒金の適時打で1点差に詰め寄ると、満塁からズレータが四球を選び土壇場で同点に追いつく。そのまま延長戦へ突入し迎えた10回、安打と犠打などで1死二三塁とすると川崎が適時打を放ち、ホークスが劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

10/16 sun/ ヤフードーム18:00

ズレータ2ラン、勝負は遂に最終戦へ

千葉 100100000 |  ●小林宏
福岡 010200000 |  ○吉武/セーブ馬原
[ロッテ]小林宏(里崎)[ホークス]和田-高橋秀-吉武-三瀬-馬原(的場)

ホークスは勝ち越しを許した直後の4回裏、ズレータの今日2本塁打目となる2ランで逆転に成功。5回途中から吉武が好リリーフを見せ、1点リードの8回途中からは守護神・馬原を投入し逃げ切った。これで両軍の成績は2勝2敗のタイとなり、明日の試合で雌雄が決する。

10/17 mon/ ヤフードーム18:00

小林雅リベンジ。王者ホークス今年も散る

千葉 000001020 |  ○藤田/セーブ小林雅
福岡 011000000 |  ●三瀬
[ロッテ]セラフィニ-小野-藤田-薮田-小林雅(里崎)[ホークス]杉内-吉武-三瀬-馬原(的場)

ロッテは2点を追う6回表、福浦のタイムリー二塁打で1点を返すと、さらに8回に里崎の2点二塁打で逆転に成功。このリードを薮田・小林雅の継投で守り切り、31年ぶりとなる悲願のリーグ制覇を達成した。ロッテは22日に開幕する日本シリーズで阪神と激突する。




▼日本シリーズ
-
10/22 sat.01/千葉マリン18:15

井川撃沈、千葉マリン未曾有の濃霧コールド

阪神 0000100 |  ●井川
千葉 1000315X|10 ○清水
[阪神]井川-橋本(矢野)[ロッテ]清水(里崎)

ロッテは同点とされた直後の5回裏、今江が適時二塁打を放ち勝ち越しに成功すると、この回さらに2点を追加。その後、10対1とロッテが一方的な展開にしたところで濃霧が発生。34分中断の後、試合はそのままコールドゲームとなり、ロッテが大事な初戦を勝利で飾った。

10/23 sun.02/千葉マリン18:15

今江八連続安打、渡辺俊介完璧

阪神 000000000 |  ●安藤
千葉 11000503X |10 ○渡辺俊
[阪神]安藤-江草(矢野)[ロッテ]渡辺俊(橋本)

ロッテの勢いが阪神を飲み込んだ。ロッテは2-0とリードした6回裏、3本塁打を含む6連打で5点を挙げ、一気に試合を決めた。先発渡辺俊は高低を上手く使い分ける投球で4安打完封勝利。尚、この試合で4安打を放った今江が8打席連続安打の日本シリーズ記録を樹立した。

10/25 mon.03/甲子園18:15

怪物藤川球児も4失点撃沈、三戦連続怒濤の10得点

千葉 010200700 |10 ○小林宏
阪神 010000000 |  ●下柳
[ロッテ]小林宏-小野-藤田-薮田(里崎)[阪神]下柳-藤川-桟原-橋本-能見(矢野-野口)

同点で迎えた4回表、ロッテは今江の適時打などで2点を挙げ勝ち越しに成功。7回には橋本、西岡の連続タイムリーと福浦の満塁弾で一挙7点を奪い勝負を決めた。投げては先発・小林宏が6回を3安打1失点の好投。ロッテは3連勝を飾り、31年ぶりの日本一に王手をかけた。

10/26 tue.04/甲子園18:15

接戦も千葉が勝つ。魔法の圧倒的スイープ

千葉 020100000 |  ○セラフィニ
阪神 000002000 |  ●杉山
[ロッテ]セラフィニ-小野-藤田-薮田-小林雅(橋本-里崎)[阪神]杉山-能見-福原-ウィリアムス-藤川-久保田(矢野-野口)

ロッテが4連勝を飾り31年ぶりとなる日本一に輝いた。ロッテは2回表に李の2ランで先制すると、4回にも李がリードを広げるタイムリーを放つ。6回に1点差と迫られるも、継投で粘る阪神を振り切り、最後は守護神・小林雅が締めた。シリーズMVPには今江が選ばれた。

というわけで、史上稀に見る一方的内容で日本シリーズは終わった。ロッテは明らかに「データ野球」をやっており、従来「データ野球」という言葉は「効率はいいが面白みのない」「無味乾燥な勝利優先主義」「個性を押し殺したロボットのような選手たち」というふうなネガティブなイメージで語られて来た。しかしロッテにはそういうイメージがぜんぜんない。まあ、しばらくすると週刊誌とかに、「ロッテの内情暴露」みたいな記事が出るのかも知れないけど、試合見てる限りはひたすら楽しそうだ。以下は某阪神ファンの総括。

マリーンズは、これまで見たことのないようなチームだった。 最初に刀を合わせる前に、全てを準備してた。 まずこうやって、ダメだったらこうして、その次はこうで、後は試合を見ながら修正しよう、というゲームメイクがはっきり伝わってきた。 井川のモーション、フィールディング、どうしようもなくなったときに矢野がよりどころにするもの、金本のこれまでの攻められ方や打球の方向、今岡の好不調、シーツのヒットゾーン、藤川のクセ、鳥谷の動き、外野の肩、そしてベンチワークのクセ。 全部完全に研究されていた。 それらを正しく解析し上手く噛み砕いて現場に下ろし、選手に理解させたうえで「だから大丈夫」だとそれをモチベーションにすら変えてしまう。 そういう組織を見た気がした。 選手は、とにかく元気だった。あんな元気な野球選手は久々に見た。いや、はじめてかも。

それに比べれば、タイガースは準備が足りなかったんだろう。 具体的なものを用意できなかったから、後は全て後手後手に回ってしまって、結局それなりに戦える状態になったのが4戦目だったんだろう。私にはそう思える。 思えば本当にわかりやすいチームで、それでもリーグを制することができたのはそんな解りやすさをもカバーした、選手達個々の力だったのだろうと思う。 ならばそれは敗因であり、同時にタイガースの伸びしろでもある。

セ・リーグ5球団が、このシリーズをどんな思いで見ていたのか、私は非常に気になる。 「自分たちはこんなチームに負けたのか」という感想はどうでもいい。 そうではなくて、ここはマリーンズに学ぼうとするところだろう。 私だったら絶対そうする。 新監督を招聘してチーム建て直しを図るカープや、賢人古田率いることになる若いスワローズ、そしてやはり若い頭脳派の牛島監督が改革真っ最中のベイスターズ。 シリーズをどこかで見ているであろう落合監督のドラゴンズ。 やっぱり改革しなければならない原監督。 なんだか、モタモタしていたら古豪のまま置いてゆかれるような気すらする。野球はどんどん進化するのだから、来季はまた新しいアイデアと新しいシステムで新しいタイガースの野球をすればいい。

メンバーも目指す野球も変える必要はない。 1番が出てかき回し、2・3番が繋いで4・5番が返し、取り残しをその後ろが掃除し、またチャンスを作り、先発が抑えて中継ぎが食い止めて、抑えが締める野球は歴史が作ってきた形だから信じていいと思う。 それをよりスムーズに行うために何が必要なのか、困難のなかで行うにはどうすればいいのか。 そこに新しいアイデアがあるんだということに気が付かされたシリーズだった。

以下は「見物人の論理」から。全文はもっと面白いです。

 千葉ロッテの圧倒的な勝利で日本シリーズが幕を閉じてから1週間。さまざまなメディアで勝負の総括や千葉ロッテの内幕が報じられ始めた。
 昨日(11/2)のNHK「クローズアップ現代」もそのひとつだ。(中略)

 千葉ロッテの戦いを見ていて印象に残ったもののひとつに、打者たちの堂々たる四球の選び方があった。厳しいカウントからの際どいコースへの球を、何の迷いもなく見送って一塁に歩く、という場面が何度も目に付いた。普段はセ・リーグの試合ばかり見ているらしい解説者たちは、一様に、彼らの選球眼の良さに感嘆していた。
 「クローズアップ現代」では、この見送り方の見事さが、打者の選球眼の良さだけでなく、スタッフによるデータ解析の産物であることを明かす。
 例えば阪神・藤川のシーズン中の投球を解析して、「特定のカウントから変化球を投げると大半がボールになる」と結論づけ、「このカウントから変化球が来たら見逃せ」と打者に指示する。そうなれば打者は、投じられた球のコースを厳密に見極める必要はない。速球か変化球かの区別さえつけばよかった。それが「堂々たる見逃し」の正体だった、と番組は説く。
(従って、これがストライクになれば「きっぱりとした見逃し三振」となる。おそらくバレンタインは、指示の結果としての見逃し三振を責めはしないのだろう。どの解説者だかライターだか忘れたが、この「きっぱりとした見逃し三振」が多いことを理由に、詳細な投球分析の存在を推測していた文章も目にした。炯眼である)。

▼KONAMI CUP アジアシリーズ 2005
-
11/10 thu.-13 sun/ 東京ドーム

東京ドームを会場に、日本代表マリーンズ、韓国代表サムスン、台湾代表興農、中国選抜の4チームによるトーナメント戦。中国は代表チームだけど、日本、韓国、台湾は「代表」とは呼ばずに「王者」が正しいのかも。サムスンの監督は英雄宣銅烈ソン・ドンヨル。チャイナスターズの監督はJAMES LEFEBVREジム・ラフィーバー。ここでも千葉が圧倒的四連勝で『初代アジアチャンピオン』に輝く。

この二年間、観戦記を書きながらずっと「もっと事務的に簡単に簡素に淡々と事実のみを記録した方が後で読み返したときにおもしろいんじゃないか」と思って来たけど、こうして10/08以降の試合を簡素に淡々とまとめてみると、ぜんぜん面白さが伝わらないないですね。うむー、来年からどうしたものか。