勝敗グラフ中日ドラゴンズ選手名簿(おたんじょうび帖)中日ドラゴンズ年俸ランキング高額年俸ランキング・全国版高額年俸ランキング・球団別表彰選手セ・リーグ個人成績パ・リーグ個人成績
| pre.2006 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 日本シリーズ |
May 2006 season 05/01→05/31
入場者数が35,000人を超えると、自動的にこの色◆で表示します(特に意味ナシ)。

-
04/30時点のチーム記録
勝率打率得点HR犠打犠飛盗塁失策失点防御率
巨.750阪.294巨137巨30巨21浜09巨22阪06阪082阪3.05
中.600巨.281阪124阪30中20巨08ヤ11巨07巨095巨3.43
阪.565ヤ.263浜117浜29阪20広08中10浜10広098広3.80
ヤ.391中.257ヤ087中20ヤ20阪06浜09中13ヤ100ヤ3.93
広.364横.254広085広17浜13ヤ06阪06広16中101中4.24
浜.318広.249中083ヤ16広09中00広04ヤ17浜157浜6.38

-
022//05/02tue.ナゴヤドーム/27,343人

今日はエースと4番で勝った。そして井端復活宣言。

横浜 000000000 三浦 - 相川
中日 00010003X 川上 - 谷繁

川上憲伸炎の熱投106球九回完封、十奪三振、四死球ゼロ、許した安打はわずか2本。「三浦さんも完璧な投球で、うちの打線も点を取るのはむずかしいと思ったので、点を取られないように投げた。ウッズのホームラン(四回)で気が引き締まった」。この日で憲伸は勝ち星、勝率、奪三振、防御率1.31と投手4部門でトップに。試合時間2時間8分は今季セ・リーグ最短。

八回二死一二塁から荒木、右中間を抜くダメ押し3ベース。すでに4失策を記録の荒木はスローイング安定のための投げ込みを断念し、スイングの量を増やす決断をした、んだそうだ。バレンタインなら「量の問題じゃない」と言いそうだが。

さらに井端とどめのライト前。この日はこの打席までも右飛、右飛、投ゴロとすべて右方向。「下半身に力をためて打てた。今年一番のバッティングだと思う」「きのうは休みなのに、西さんや平沼さんに来て投げてもらった。その人たちのためにも何とかしたかった。これで全開でいけるんじゃないですか」。いくらなんでも全開宣言は早いだろ。

最後は一二塁間を襲う種田のゴロを荒木が華麗なダイビングキャッチ、アンド、スローでゲームセット。落合博満:「憲伸は外角を丁寧に出し入れして、キャンプの時のブルペンを見ているようだった。三浦も良かったし、両エースがあれだけのピッチングをすれば、なかなか打てるもんじゃない。でも、失投を見逃さずウッズが良く打った。今日はエースと4番で勝った」「チームはぼちぼち上昇して来るんでは。そういうきざしがある」。パではロッテ六連勝、二位浮上。

-
023//05/03wed.ナゴヤドーム/◆37,740人

れんしょうをつづけて、きょじんをおいぬきたいとおもいます。

横浜 010001020 門倉/加藤/川村-相川
中日 01003002X 佐藤/小林/デニー/高橋/鈴木/平井/岩瀬-谷繁

爪を割って登録抹消の中田と交替で佐藤充登録、即先発。あと石井抹消、聡文上げ。二回内川ソロ。そのウラ立浪上田連打、谷繁犠飛。五回二死から荒木井端連打、福留、門倉のインハイ初球を一閃、右翼席へ打った瞬間完璧な弾丸3ラン。六回吉村ソロ。知らねーよダレだ吉村って。六回小林-デニー。七回帰って来た聡文-鈴木。八回平井、しかし2失点で再び同点。

しかしそのウラ井端福留連打、福留走って二三塁、ウッズ三振後アレックス敬遠、代打選手会長井上一樹あえなく三振、二死満塁バッター英智。フルカウントからの六球目、本人は直球を待っていたという。しかしフォークに「勝手に体が反応」、体勢を沈めながら篠塚利夫のようなフォーム(ウソ)で際どく打ち返し、投手の足元を抜く決勝2点タイムリー、素晴らしい。最終回岩瀬完璧な三者三振。

落合博満:「こんなに苦労せず、すんなり行ってくれればいいのに。まぁ中には、こんなこともある。心配はしていないけど。英智は、ボール球だけどうまく当てた。秋から練習した甲斐があった。先発佐藤はバテが早かったが、まぁまぁ。初めてだから、合格点を与えてもいい」

ひでのりくんヒーローインタビュー:「えー、代えられるかなあと思いながらベンチの方を四回くらい見ましたけど、自分の、打席に入る時の音楽が鳴り出しても監督が出て来ないので、僕かぁ、と思って心を決めました」(ツースリーになったところでいったん打席を外して間を取りましたよね。どんなお気持ちだったんですか)「特に、ないんですけども、打つバッターはこんなところで間を空けるんじゃないのかなーと思って、間を空けてみました」(うひゃひゃうひゃ、ひー。や、その、冷静だったんですねえ。・・・打ったボールは?)「へんかきゅうだと思います」(抜けた瞬間は?)「正直は、うれし、うれしかったです」(うれしかったと。もっとあるんじゃないですか)「えー、間違いなく去年までの僕ならば、交代させられてたのは間違いないんで、はい」(笑いが起こってますよ)「笑うところじゃないです。真剣なところです、はい」(あらためて、英智さんが試合を決めました)「え、まー、あのー、慣れないことをやると実感が湧かないですけども、こういう日もあって、いいと思います」(外野手争いが熾烈な中、少ないチャンスを生かしましたね)「去年の秋の教育リーグから僕に注目してくれて、取材してくれる記者の人は、わずか1名だったので、これで今日から、記者の人が増えると思います」(・・・それは、どちらの方ですか?)「メーテレの、さとうさんです」(これでチームは逆転勝ちで、ゴールデンウィーク連勝です)「こんな大勢の中でまた試合がやりたいです」(あす以降に向けて抱負を聞かせてください)「連勝を続けて、巨人を追い抜きたいと思います」(大歓声)「応援よろしくお願いしまっす」

-
024//05/04thu.ナゴヤドーム/◆37,741人

英智連日のお立ち台。きょうはかんとくのほうをみませんでした。

横浜 000001000 高宮/山北/木塚 − 相川
中日 00000300X マルティネス/平井/岩瀬 − 谷繁

マルチネス五回までを打者15人パーフェクトで抑える絶好調。しかしまーたーしーてーも吉村のソロで先制される。そのウラ荒木レフト前、二死後ウッズ左中間を抜くタイムリーで同点。さらにアレックス四球、立浪平凡な遊ゴロ、しかしスピンのかかった打球に二走ウッズも交錯して遊ゴロ失、二死満塁。魅入られたように回って来ました、バッター、今日先発の、英智。

「今日は打席に入る前に監督の方を一回も見ずに入れましたので、はい、よかったです。自分としてはあのカーブは、合ってないとは思ってなかったんで、はい、合ってる合ってると、そう認識してたんで、そのまま自分のスタイルで真っすぐを打ちにいった結果、いい結果が出たと思います。前の打席で真っすぐに詰まって凡打してたんで、失敗を繰り返さないように心がけました」。1-2からの四球目をキレイにセンター返し、ウッズアレックスの重戦車ブラックドラゴン団が怒濤の生還、勝ち越し。八回平井三凡、九回岩瀬。一死から石井琢朗にツーベースを許し、続く種田も三遊間、しかし守備固め川相昌弘飛びついて必死の一塁送球ファーストナベ。最後金城遊ゴロで三連勝。横浜は結局安打2本。マルチネスは七回1安打1失点でようやく2勝目、いい笑顔。

英智:「今日もまた大勢のお客さんの前でプレーができて気持ちいいです。二度あることは、あ・・・・三度、あるということで、またこのお立ち台にのぼれるようにがんばります」(もう、あの東京ドームは、完全に忘れたと、言っていいですねっ!!)「・・・いえ。その失敗をバネに、あの悔しさを、また、やり返したいと思います」(大歓声)。

落合博満:「こういう苦しいゲームをやらせてはいけない。もう少し楽に行けたのに、こっちの采配の失敗があって苦しい試合をさせてしまった。それでも勝った。何よりも勝ったことが大きい」(英智について)「運もツキも(これは立浪の敵失のことを言ってるらしい)実力のうちって言うじゃないか」(マルティネスについて)「ずっと40球、50球しか放ってなかったので七回で変えた。もう一回行ってくれれば楽だけど、その分平井が汚名返上してくれた、自分で行くと名乗りをあげてそれでちゃんと抑えてくれるんだから」

-
025//05/05fri.広島市民球場/30,151人

使った俺が悪いんだ。

中日 012020000 山本昌/高橋聡_デニー/小林 - 谷繁
広島 40000023X ダグラス/林/広池/横山/ベイル - 倉

今日は七番ライト上田。山本昌初回四安打二死球であっとゆー間に4失点、もう見るのやめようかと思ったが。そのウラすぐウッズが例によって緊張感のないソロ追撃弾。三回は谷繁の四球から始まって荒木、さらにウッズのタイムリー。一気に行けー、というところでアレックス、外角ハゲしいボール球を空振り三振。五回は荒木のサードゴロ新井エラーから始まって井端バント野選、福留イッタかと思った中飛、ウッズの打球はサードベースに当たるタイムリーで同点。さらにアレックスの併殺崩れで、大して打ってないんだが逆転。五回まで5安打のうち3本がウッズ、5安打中4本がタイムリーまたはHRという効率のよさ。

六回一死一二塁で守備固め、福留ライトに回ってセンター英智。二死後東出に一二塁間を抜かれる。二走倉本塁突入、しかし抑止力福留完璧なワンバウンドストライク送球、悠々タッチアウト、素晴らしい。こりゃ監督で勝った典型のような試合だ、と思ったが。

七回オモテ荒木出塁、井端三振ゲッツー。七回ウラ聡文登場いきなり二者連続四球。デニーに交代2失点。八回小林いきなり死球、内野安打、新井に四球で満塁、前田に押し出し死球。さらにタイムリー。ああどいつもこいつも使えねー。こんなことになるとわかってたら、昌続投させたのに。コメントは「聡文は悪くない。使ったオレが悪い」に決まりだ。

落合博満:「使った俺が悪いんだ。明日からは、2人(高橋聡と小林)ともいないから心配するな。やり直してもらう。長いシーズン必要なピッチャーなんだから」(二軍で好投している岡本に関しては)「これから報告を聞くよ。岡本が上がるか誰が上がるか分からんけどな」

-
026//05/06sat.広島市民球場/20,361人

「中盤に大量点、6-1で快勝」まあたしかにそうなんだが。

中日 000320100 朝倉/岡本/平井/鈴木 - 谷繁
広島 000001000 大竹/高橋/長谷川/佐竹 − 石原

「この三連戦で間違いなく朝倉先発ある。だって物理的に頭数足りないんだから」みたいな書き込みを今季これまで何度見たことか、ようやく本当に来た。しかし朝倉ってナニがよかったんだっけ。誰もが「使えねーが未完の大器」と見なし、他チームからもトレード打診が絶えない人気株、しかし今日見た朝倉はなんか、未完の凡人とゆーか、空振りが取れない、コンコン気落ちよくミートされる、なんで点取られないのかわからない。六回8安打1失点。なんでも「二度の満塁のピンチで新球シュートが効果的」だったらしい。谷繁:「シュートを投げて、幅が広がった。いい球種を覚えたんじゃないかな」

井端はどうしちゃったのか。球をこぼす、バントはできない、エンドランのサインで凡飛。嗚呼、何かわかりやすい理由が欲しい。理由をくれ。愛犬を亡くしたとか、失恋したとか、先物取引きで大損したとか、なんでもいいから何か「ああ、なるほどそれでか」と納得したいんだが。井端に限らずどいつもこいつもバントできないし、ウッズはファーストゴロをツーベースにするし、いやまあ、勝ったんだけど。

四回二死満塁で上田走者一掃きれいなツーベース。五回荒木のゲッツーの後井端、凡フライに見えたけど何故か2ラン。七回谷繁二号ソロ。七回岡本素晴らしい三凡。八回平井素晴らしい三者三振。九回鈴木義広あっさり。試合後のボスは雨の影響もあっていつもと違う通路から出て行った。報道陣がホテルまで追いかけたが、「ここはホテルだ」と言われコメントとれず、らしい。

-
027//05/07sun.広島市民球場/12,984人

ドミンゴ復活、ならず。ブラウン、ベースを投げる。

中日 000200001 ドミンゴ/岡本/久本/鈴木 − 谷繁
広島 00005000X ロマノ/広池/林/永川/ベイル − 倉

ドミンゴ復帰、先発。三回一死後ドミンゴ必殺技のセーフティバントで出塁、荒木無策な遊ゴロで走者入れ替わったが、今の一塁もアウトだろ、と抗議があって、ロマノ暴言退場、さらに例によって長過ぎるブラウンの抗議、怒って一塁ベースを引っこ抜いて内野へ投げて退場、なんかおもしれー。ちょっと抜くのに手間取った。四回アレックス右へ2ラン。しかし五回先頭栗原、森笠連打、倉初球を送りバント、ドミンゴこれを三塁へ悪投。代打末永2点タイムリー。さらに嶋と前田のタイムリーで一気に5点。試合後のドミンゴは広報を通じ「立ち上がりはよかったが、自分のミスで…」とコメント。

落合博満:「ドミンゴはこんなもんじゃないか。(5回途中でマウンドを降りたが)あれくらい投げられれば十分だよ。ランナーを出してからの悪い癖も修正できていたと思う。あと1、2回一軍で投げれば大丈夫だろう。一軍で投げるスタミナと二軍で投げるスタミナは違うんだから」と前向きなコメント。

-
05/08mon.

キミの首には蛇の霊が憑いている。

原点回帰…井端 迷い消えた1号(6日の広島戦についての記事。デイリースポーツonline)

初めてバットを握った幼少期の無邪気な心を思い出した。何かを失うことを恐れていた邪念を捨てた。原点回帰。野球って楽しむもんだ。開幕から不振を極めてきた中日・井端が1号2ラン。ダイヤモンドを一周する中で、違った景色が見えてきた。

前夜、落合監督の自室で酒を酌み交わした。野球、人生、恋愛…。日付を越えての2時間。指揮官の気配りがうれしかった。昨秋のキャンプで原因不明のじんましんを発症して以来、封印していた飲酒を解禁、心のモヤモヤが晴れた。

「キミの首には蛇の霊が憑いている」。4月下旬、井端の体を霊視した気功師を訪ね、除霊と血流を促す治療を受けた。ワラをもすがる気持ちだった。打率.202。本来の姿には程遠いが、徐々に好調時の感触を取り戻しつつある。「怖いもんなんか何もないんだ。楽しまなきゃ」。久々に心の底から生まれたスマイルだった。

わかりやすい理由が欲しい、とは書いたが、「蛇が憑いている」と来たもんだ。参りましたね。何が憑いてようがいまいがどうでもいいけど、気功師を訪ねるまでに追い込まれてるというところがショックだ。しかし自分だったらどうだろうか。この状態で「なあ井端君、わしの知り合いにいい気功の先生がおるんじゃ。騙されたと思っていっぺん見てもらったらどうじゃろうか、信じる信じんは君の自由なんじゃから」みたいなこと言われたら、オレも断る自信はない。

-
028//05/09tue.札幌ドーム/10,864人

交流戦今年も黒星発進、憲伸ハゲしく怒る。12残塁。

中日 0001010000  川上/岩瀬 - 谷繁
火腿 0100001001X リー/武田久/MICHEAL/建山 - 高橋/中嶋

DHはウッズで、ファースト光信。川上憲伸投手30歳、感動的な熱投九回128球八奪三振四死球ゼロ、被安打3(二回稲葉左前安打、新庄左中間二塁打。七回稲葉同点ソロ)、失点2。延長十回岩瀬投入、四連打浴びてサヨナラ負け。憲伸:「僕のことなんかどうでもいいです」「九回2失点で何がアカンのですか」「反省なんか、してないです」。この、和を無視した容赦ないキレっぷりが中日らしからぬ吉兆だと、思い込みたい。

11安打12残塁。走塁ミス、バント失敗。実況掲示板によると新庄の二塁打も「井端の中継がまともなら本塁アウトだろ」と言われてた。見てないけど。黒江さん:「五回の谷繁の走塁も気が抜けてたとしか言いようがない。井端の打球は高くはね上がったのだから、いいスタートを切っていれば楽に本塁を駆け抜けられた」。六回一死二三塁でDH高橋光ライトオーバー二塁打、しかしタッチアップにもどった二走アレックスが本塁憤死。アレックス:「六回の走塁については何もしゃべりたくない」。落合博満:「らしくないゲームだった。こういう展開をしていれば負けるという典型的なゲームだった」。しかし、らしくないからツライんじゃない。これが今年の「らしい」ゲームに見えるところがツライのである。二年前には「ソツがない」とか「試合巧者」とか言われてたもんだが、今年その言葉が似合うのはどう見ても読売巨人だ。ああツライ。そう言えば野口がようやく一軍昇格。

「この世界は数字がすべて。よければ上げるし、悪ければ落とす。簡単なこと」がオレ様の口癖だが、どんなに数字悪くてもお気に入りの井端さん(現在1割9分5厘・失策3)を使い続ける現実を見ながらこんなセリフ聞かされたら、控えの選手は腐るんじゃなかろうか。せめて「悪ければ落とす。例外はある」とでも言っとけばどうだろうか。

ただ、勝利の追究という観点から言えば中日にとってダメなゲームだったが、見せ物としてはむちゃくちゃ緊迫した、おもしろいゲームだった。東海ラジオの「解説:広瀬哲朗/実況:永井公彦」コンビが激しく熱いテンションで川上憲伸の投球を称え続けたせいでそう思わされちゃった、という可能性もあるが。この日30歳の誕生日、先発センター英智の好守好打も印象に残った。しかし札幌ドームってもっと客入るのかと思ってた。1万人かよ・・・

-
029//05/10wed.札幌ドーム/11,737人

おい、なんで泣いてるんだヒデノリ。・゚・(ノД`)・゚・。11残塁。

中日 00200000101 マルティネス/平井/岡本/岩瀬 - 谷繁/小田
火腿 10001010000 ダルビッシュ/建山/武田久/MICHEAL/岡島 − 鶴岡/中嶋

きのうと変わらず守備ガタガタ。荒木、走者三塁で外野に浅く上がったフライを追い掛けて捕球、無警戒でタッチアップ生還を許す。上田、凡飛を落球。きのうと変わらず残塁の山。しかし、勝った。もーなんと言ったらいいのか、放心状態。ところでトーチュウって120円だけど、中スポって100円なのか?

このまま連敗したらもう今年ダメだろ、とまで覚悟させられた九回土壇場で福留が打ったライト前同点タイムリーには感動した。正直言ってこういう場合は福留が「放った」同点タイムリー、とか、書きたくなる。そして連日の延長突入、そして十一回オモテ先頭打者英智、左中間を抜く素晴しいツーベース。「ピッチャーに向かう気持ちっていうのを、カズキさんの代打の打席で、自分も、勇気をもらいまして、一言 、『何でもいいから出ろっ』って一言かけられた時に、一樹さんのふだんの、試合に賭ける気持ちみたいなのを・・・見て、ますんでぇ・・・(感極まる)・・・そうっすね、気持ちを込めて、打席に入ったのは、今年始めて・・・んな、気持ちでは、打席に入りました」

荒木倒れて井端の三球目、ワイルドピッチ。二走英智一気にホームへ。「その前に牽制もらったんで、 変化球あるな、っていうことで、えー、リードを余分にとって、スタートが切れました。ホームを狙うつもりで、三塁を回りました」。(打撃について、相当自信を掴んだんじゃないかと思うんですがいかがでしょう)「自信と言うよりも、やっぱり、悔しさとか、悲しさとか、やっぱ去年の借りを返すという気持ちは、楽しさに較べて、つのる一方ですので、それをずーっと忘れずに、毎日取り組めてる結果が、こう、監督のチャンスに応えれてると、思います」。

(五月に入って三度目のお立ち台)「もう、弱い気持ちで打席に入ることは決して、もう、ないので、自分と戦うより相手と戦って、相手を負かしていきたいとは、思ってます」(最後にファンのみなさんに一言)「これからも活躍してお立ち台に立てるように一生懸命プレーするので、球場に足を運んで欲しいと思います」

そのウラ岩瀬。正直言って「逆転サヨナラ2ラン喰らうに決まってる」と思いながら、雑音の多い東海ラジオを聞いていた。しかし、勝った。最後は川相さんへのサードゴロ。マルティネス:「自分の投球ができた。チームが勝って嬉しい」。落合博満:「昨日と今日は全く同じ。ただ昨日は負けて、きょうは勝った。選手の心理状態までは分からない。直せるものと、直せないものがある。いい勉強をしていると思えば、いいんじゃないの」。そう言えばきのうと違うのは、井端が今季初の三安打したことか。

-
030//05/11fri.札幌ドーム/11,822人

三日間同じ。10残塁。

中日 0002001000 | 佐藤充/鈴木/岡本/平井/デニー/久本 − 谷繁
火腿 3000000001X| 橋本/武田勝/建山/武田久/MICHEAL − 高橋/中嶋

今日はNHKラジオ第一、実況石川洋、解説与田剛。佐藤充は初回三連打プラス2四球で、何点取られるかという雰囲気だったが、何故か二、三、四回とパーフェクトピッチ。四回は投ゴロ失(だっけ)で1点、ウッズの遊ゴロの間にもう1点。七回ウッズアレックス立浪連打で満塁、しかし高橋光の犠飛で1点。

さらに一死一三塁で追加点ならず。八回二死一三塁で無得点。九回一死満塁で無得点。十回二死一三塁で無得点。わざとやってるみたいに見える。しまいには先頭打者がヒットで出ると「チッ、またか、何やってんだよ」と反射的に罵ってしまうようになった。それでもまあまあ平常心を保っていられたのは、実況石川洋、解説与田剛のおかげだ。NHKは本当にあくまで静かで、精神衛生にいいですね。三戦連続で延長戦、最後はデニーが出て来ていつものように連打されて久本登場、小笠原Hで満塁、押し出し四球でサヨナラ。デニーが抑えた場面を見た記憶がないが、いや一度あったか、とにかくなんのためにデニーを使うのか理解できない。この日までで、のべ25人と対戦、被安打10、与四死球4。

試合後17分間のミーティングが行われたという。その後の落合博満:「三日間同じ」(気持ちを切り替えるしかないと・・)「それは選手に聞いてくれや」。立浪はこの日2安打で、落合博満を抜き2372安打達成、歴代単独三位。

-
031//05/12sat.ナゴヤドーム/26,252人

負けてもいちいちしょげねーぞ。13残塁。

楽天 020120000 朝井/小倉/吉田/谷中/河本/福盛 − 藤井
中日 000010120 山本昌/鈴木/岡本 − 小田/清水

SONY の ICF-EX5というラジオを買った。ラジオ愛好家のみなさんには結構有名らしいが、これがスゴイ。新宿で東海ラジオがあまりにもクリアに聞こえるので、なかなか東海ラジオだと信じられなかった。これまで全く入らなかったCBCも、ノイズは多いがちゃんと木俣さんの声が聞こえる。ラジオというものがこれほど基本性能に差があるものだとは知らんかった。こんどループアンテナにも挑戦してみようかな。そんな話はどうでもいいか。

SONYのラジオICF-EX5の使用感
同期検波付きのラジオとして有名です
ICF-EX5使用実感レポート

チームは移動日なしで札幌からナゴヤへ。そしてやっぱり残塁の山。ツライなー。中日を応援して数十年になるが、オレの場合べつに野球に詳しいわけじゃないし、贔屓チームの負けが込んで来ると野球から興味を逸らすようにして生きてきた、スーダラでヘタレなファンなのよ。いいじゃん。野球なんて所詮人生の中心課題じゃないんだから、そんなものでわざわざストレス溜めるのはバカバカしいことだ。ところが何を間違ったか、2004年からこんなサイトを始めてしまった。するとどうなったか。イヤな負けが続いても、見ないことにできない。毎晩まともに向き合ってしまう。そりゃ勝ってるときは楽しいが、負けてる時はツライ。数十年にわたって、負けてる時はスポーツ新聞の見出しを横目で確認する程度にしてきたのに。なんでわざわざ苦難の道を。

というわけで、本日のゲームレポートは省略。まあいいじゃないか。残塁が多いということは手に汗握る場面が多いってことなんだから。落合博満:「北海道のみっつよりは、多少いいんじゃねーの。マサは、ま、次はやってくれるでしょう。負けてもオレはいちいちしょげてねーぞ」。おお、共感できるコメントだ。

2chの落合スレで「バカの一つ覚えみたいにランナー出たらバントってやめてくれねえかな・・・」という書き込みを見た。ほんとうにオレもそう思う。

-
032//05/13sat.ナゴヤドーム/34,093人

17安打8残塁10得点ひさびさに大量点圧勝。荒木故障途中交代。

楽天 0000100001  青山/有銘/藤崎 − 藤井/カツノリ
中日 40031101X10 ドミンゴ/久本 − 谷繁

デーゲーム。さすがの ICF-EX5 でも昼間は全くダメだった。実況掲示板のみが頼り。初回二死から福留に始まり谷繁までなんと六連打で四点、ひさびさに大量点圧勝。心配は荒木とドミンゴ。荒木は三回だか四回だかで自分から申し出て途中交代、森岡起用。トーチュウによると「開幕直後に右肩を痛め、それをかばってるうちに右脇腹を痛めた。森岡を上げたのも、荒木の症状がすでにかなり限界っぽかったから」とのこと。今日に始まったことではないらしい。この日は試合中に帰宅したが、抹消はせずに回復を図る予定。ドミンゴは7点リードで五回で降板、なんかあったのか、不明。以下は四回ウラの場面。

830 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/05/13(土) 16:18:22
おら!てめーらの大好きな森岡だ!

838 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/05/13(土) 16:18:27
やっぱり1番バッターは左の方がいいなあ

839 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2006/05/13(土) 16:18:28
夜空をめがけ放ち 一撃見せろ森岡 高く強くいつまでも 輝き続けろ

844 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/05/13(土) 16:18:31
俺たちの森岡キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

872 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/05/13(土) 16:19:02
アレ、荒木は?

894 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/05/13(土) 16:19:27
今日から森岡伝説のスタートにしてくれ

959 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/05/13(土) 16:20:29
今北俺に荒木の身の上に何が起きたのか説明してください

970 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/05/13(土) 16:20:52
>>959
ヘボ打撃 悪送球 懲罰交代

995 名前:24歳小山伸一郎ファン メェル:sage 投稿日:2006/05/13(土) 16:21:27
荒木またやらかしたのか!

997 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/05/13(土) 16:21:31
初打点こい!!

999 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/05/13(土) 16:21:32
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

7 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2006/05/13(土) 16:21:37
キタ━━━━━━≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!

34 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/05/13(土) 16:21:49
おおおおおおおおおおおおおおおおおお!

43 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/05/13(土) 16:21:52
やっぱ2軍レベルでは敵なしだわ

112 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/05/13(土) 16:22:41
久しぶりに夢と希望のある選手が・・・;;

113 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/05/13(土) 16:22:41
落合が嬉しそうだぞw

118 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/05/13(土) 16:22:44
仲澤よりはやいプロ初打点か

127 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/05/13(土) 16:22:52
落合すげー笑顔

140 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/05/13(土) 16:23:04
監督はカレーライス食べていたな。おしぼりで顔を拭くとは

169 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/05/13(土) 16:23:50
本当久しぶりに25歳以下で希望を持てる選手が試合に出てきたよな

173 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/05/13(土) 16:23:55
1本のヒットでそんな大層な・・

最終回は久本の三連続四球無死満塁で代打、山崎武司。コールの瞬間ナゴヤドーム大喝采。しかし空振り三振。落合博満:「こういう試合をあと1、2試合やってくれりゃあな。それで変わるでしょ」。録画で見たけど、試合終了でハイタッチの場面、ああ、やっぱりここに荒木がいて欲しい、と正直切実に思った。週ベ情報ではこの日試合前のメンバー表交換の時、落合はノムさんを手招きして「選手を誰かください」と言ってウケをとったそうだ。

-
033//05/14sun.ナゴヤドーム/◆35,266人

残塁の呪いは解けた。健太は一皮剥けた。

楽天 000000000 一場/谷中/吉田/小倉/藤崎 − 藤井
中日 00010220X 朝倉/平井 − 谷繁

一番井端、二番英智。八番森岡。最近ヒデノリ待望論は強かったけど、いざこうして見るとじつに弱そうに見える。なんで七番森岡八番谷繁じゃないのかわからんけど、アレックス、立浪、谷繁、森岡とジグザグになるからか? 落合はジグザグ論者だからなあ。とりあえず残塁の呪いは脱したようだ。残塁が多いと打線が責められるけど、残塁が多いってことは打線が好調ってことなんだから、打線よりはベンチを責める方が論理的ではなかろうか。今日は8安打で5点と効率がいい。福留3安打2打点、アレックス2安打2打点。朝倉は八回98球被安打8、四死球ゼロ。なんと朝倉が完封するのか朝倉のクセに。と思ってたら、何故か最終回は平井。最後は『平井vs代打山崎』だった。まさかこれを見せたくて平井を出したわけじゃないと思うけど。

朝倉を見ると去年まではときめいたんだけど、「四球は出さない。ヒットでたまに満塁にするが、シュートでゲッツー取って切り抜ける」という2006年型ニュー朝倉はどうもピンと来ない。裾がひろがったズボンも気に入らない。頑張ってるんだから悪口ばかり言わずに褒めてやってはどうか、とヨメは言う。こいつは去年まであんなに朝倉が嫌いだったくせにナニを言ってるんだ。

ドミンゴは本日登録抹消、トーチュウによると右肘痛再発らしい。鉄平も怪我で抹消中らしい。「鉄平は7日の日本ハム戦で全力疾走した際、左足太ももがつった。軽傷とみられていたが、『筋痙攣で、8割程度のダッシュが難しい(球団広報)』ため大事を取った。野村克也監督は『無理をしたら長引く。最低でも2週間ほど掛かるのではないか』と話した」だそうだ。せっかくナゴヤドームに乗り込んで来るのになんで使ってくれないんだ、と思ってたけど、そうか。フェルナンデス(ロッテ-西武-楽天)って、おととしの日本シリーズでは特にそう思わなかったけど、つぶらな瞳がアレックスとよく似ている。この白いアレックスがセンター前ヒットでチンタラ走るのを見て英智が思いっきり一塁に送球、あわやセンターゴロ、というシーンがあった。

落合博満:「やっと日曜日の連敗が止まった。巡り合わせじゃない。日曜のピッチャーが悪かった。朝倉はマウンドで落ち着きが出てきたな。一皮剥けた」(完封できたのでは?)「そんなに先発してないからな。今日も100球手前だろ。せいぜい七回までだと思ってた。5点あれば、とも思ったけど」

ナイターでは「巨人の野口」がついに初登板初先発、しかし初回に五失点、ぜんぜんダメ。基本的には野口を応援したい気持ちがあるんだが、ちょっと巨人が強過ぎるので、負けてくれてうれしい。西武は巨人を三タテ。ありがとう。

-
05/15mon.

「朝倉ってドラゴンズではローテの何番目なんですか」

落合博満語る:「朝倉が変わったのは福岡へ行ってから。WBCで一皮剥けた。誰に何を言われたかは知らないけど」。キャンプ終盤の2月25日、WBCの壮行会として、日本代表vs12球団選抜という試合があった。所は福岡ヤフードーム。朝倉はこの試合で1イニング投げて無失点だった。この時二ゴロに打ち取られたイチローは中スポの記者に「朝倉ってドラゴンズではローテの何番目なんですか」と尋ねたという。ローテも何も現在二軍だ、と聞いたイチローはこう言った。「大丈夫。いいボールを投げていたから」。記者はメールでこれを朝倉に伝えた。

中田は爪が割れたという話だったのに、今日のトーチュウでは「両足の内転筋を痛めて離脱中」だそうだ。山井とかチェンとか中里とか樋口とか川井とか長峰とか、何やってるんだろうか。

-
034//05/16tue.ナゴヤドーム/27,643人

四番が打点、エースが超圧倒的完封。何かあるか?

青牛 000000000 デイビー − 日高
中日 101000000 川上 − 谷繁

初回ウッズの中犠飛で先制、三回ウッズのタイムリーツーベースで加点。川上憲伸はオリックスを散発4安打、三塁も踏ませず圧倒的な無四球完封、五勝目。落合博満:「言うことはありません。誰が見たってそうだろ?」(川上について)「何か非の打ちどころはあるか?」

憲伸:「今日は調子があまりよくなかったことと、相手がいいので1球足りとも抜くことができなかった。それが丁寧なピッチングに繋がったのかもしれない」。「気合だけが取り柄ですから。今日も気持ちを入れて投げました。完封はできすぎだが、点は与えないようにと考えていた。去年の借りは返せたと思う」。昨年の交流戦ではオリックスに2敗していただけに、ヒーローインタビューでは会心の笑顔で話していた(日刊スポーツ)。調子があまりよくなかったのか。ほんまですか。オリックス中村監督:「川上は、なかなかのものだった」。この右の写真はゲームセットの瞬間だが、左はその前、九回一死で内野ゴロ打たせてゲッツーでゲームセット、と思ったら判定はセーフ、という瞬間オニのように悔しがる憲伸。

デイビー:「九回2失点で何がアカンのですかッ!!!!」(ウソ)

-
035//05/17wed.ナゴヤドーム/28,303人

蹴散らせタイロン六打点/三戦連続完封勝ち

青牛 000000000 オバミュラー/萩原/ユウキ − 日高/鈴木
中日 20003020X マルティネス/小笠原 − 谷繁

びっくりするほど完勝。初回井端三ゴロ安打、盗塁捕失で三進、福留左中間を抜くツーベース。さらにウッズタイムリー。五回英智ポテンH、福留四球、ウッズパコーンと高くバックスクリーンへ3ラン。漆黒の主砲はさらに七回Hの福留を塁に置いて脅威の2ラン。鎧袖一触とはこのことか。マルチネスは八回126球で8安打を浴びるも無失点、最終回は小笠原今季初登板三凡。我が軍はこの四試合で24得点でわずか1失点と、去年の交流戦のことを考えると夢のようだ。あしたはラジコン兄さんか佐藤か知らないが、この流れを継げるだろうか。

当たり前だがオレ竜の顔は機嫌よろしく、セリフは「今日は何もねーぞー。投手が0で抑えて、クリーンアップが打ってくれればいいの。以上」、だそうです。

-
036//05/18thu.ナゴヤドーム/25,416人

なんかむちゃくちゃ強いんですけど。

青牛 000000000 吉井/加藤 − 日高
中日 00000100X 佐藤充/岩瀬 − 谷繁

1遊:井端弘和/2中;藤井淳志/3右;福留孝介/4一;ウッズ/5左;アレックス/6三;立浪和義/7捕;谷繁元信/8二;森岡良介/9投;佐藤充。ここんとこ二番英智が続いていたけど、今日は藤井。そして今日、森野が戻って来た。昼間中日球場でウェスタンフル出場で四打数無安打、そのまま登録。替わりに上田佳範登録抹消。ラジオによると「チャンスで森岡にまわって来た時、現状では代打出せない。森野がいれば状況が変わる。試合勘は徐々に戻るだろ」とのこと。しかしなあ、四打数無安打で上げるんじゃ「数字がすべて。良ければ上げる、悪ければ下げる。簡単なこと」とかいうのはウソじゃんか。

佐藤充は八回七安打を浴びるも四死球ゼロ、無失点。うちは41歳吉井理人の前に五回までノーヒットノーラン、しかし六回先頭八番森岡が叩き付けてラッキーな内野安打、九番佐藤充が送って一番井端、初球をタイムリーという効率のよさ。井端は打席直前監督に「高いボールだ。高めはなんでも行くくらいのつもりで行け」と言われたという。鈴木孝政談:「井端に話、聞いたんですけどね、不振の原因がやっとわかりました、左肩の可動域が狭くなってて、それで抜けが悪くなってたんです、やっとわかりました、もう大丈夫です、って、言ってましたよ」、だって。井端が自分を鼓舞する景気のいいセリフを発するのはいつものことなんで、あまり信用できないが。打率はようやく2割2分2厘。これでもひところより改善されてるんだから情けない。

最終回、ひさびさ登場の岩瀬仁紀。二死後、谷とブランボーに連打浴びて本気でドキドキしたが、最後塩崎を空三振。オレ様の会見は:「今日はなんにもねーぞー。ピッチャーが0で抑えれば勝てる。他に言いようないもんな」と十秒。まあみなさんこれを「苦笑まじり」にレポートするわけだが、せっかく勝ってるんだから、もうちょっとふつうにできんのかこの人は。やっぱり交流戦だから機嫌悪いのか。チームは移動日なしで東上し、海浜幕張千葉マリンスタジアムへ。ロッテはこの日で六連勝、日ハムと同率首位に立った。

-
037//05/19fri.千葉マリンスタジアム/14,285人

山本昌感動的好投。実らず。

中日 000000001  山本昌 − 小田
千葉 000100001X 小林宏/小林雅 − 里崎

森野いきなりスタメンサード。1遊;井端弘和/2指;立浪和義/3中;福留孝介/4一;ウッズ/5左;アレックス/6右;井上一樹/7三;森野将彦/8捕;小田幸平/9二;森岡良介。

「Gyao」と「GAORA」が別物だと、きょう初めて知った。山本昌は三度か四度に一度好投するけど、まさに今日がその日だった。というか今日のは数年に一度か。三回まではパーフェクト。あれで勝てないなんて。くやしいくやしいくやしい。負けたけど九回をひとりで投げた。以下Yahoo! より。ロッテは四回裏に里崎のタイムリーで先制。九回に守護神・小林雅が同点に追いつかれるも、その裏、今江の二塁打で一塁走者の西岡が還りサヨナラ勝ち。連勝を7に伸ばした。中日は山本昌が好投するも、打線がロッテ先発・小林宏を攻略できず連勝は5でストップした。

落合博満:「見ての通り」。なんかさー、非科学的なこと言って申し訳ないけど、せっかく連勝してたのに監督が毎日不貞腐れたコメントしか出さないからわざわざ流れを手放した、ように、どうしても見えてしまう。先頭打者が出ると必ずバント、というのも気に入らない。バントするのはいいとしても、なんでああも「必ず」なのか。バント成功率だって低いのに。低いから意地になってるのだろうか。2004年には「ゲッツー怖がってたら野球なんかできないよ」とか言ってたじゃないか。あの頃は「何やって来るかまったくわからないオレ流」という雰囲気があったんだけど。

-
038//05/20sat.千葉マリンスタジアム/23,323人

朝倉健太快投。しかし0点では勝てません。

中日 000000000 朝倉/久本/デニー − 谷繁
千葉 00012002X 清水-橋本/里崎

強風吹きすさぶ千葉マリン。前回も前々回も朝倉にピンと来なかったけど、今日は素晴らしかった。こっちが慣れたせいでそう見えるのかも知れないが、げんに奪三振10だったことを見ても、それだけじゃないと思う。気持ちよく走る真っすぐ、低めに決まる変化球。朝倉ならこういうピッチャーになってくれるんじゃないかと夢に見た、まさにそのまんまの朝倉だ。ああカッコイイ。毎週土曜が楽しみになってしまう。

しかし四回、三振振り逃げ、谷繁がのっそりしてる間になんと二塁まで行かれる。そこからピンチ拡がるも、二死後西岡を一ゴロに打ち取ってチェンジ、と思ったらウッズが弾いて先制される。五回は連打を浴びてもう一点、さらにスクイズ決められて3点目。くやしいくやしいくやしい。なんとそつのない野球だろうか。八回から久本。久本も、なんだかとっても素晴らしく見えた。でも一死後四球出したところで、デニーに交代。ああ、デニーに一体なんのために給料払ってるのか理解できない。つか、何を考えてデニーを使うのか。「何やって来るかまったくわからないオレ竜」だから仕方ないのか。簡単に二点入った。デニーはこの日まででのべ29人と対戦、被安打12、与四死球4。落合博満:「見ての通り。0点では勝てません。以上、おしまい。簡単明瞭でいいだろう」

-
039//05/21sun.千葉マリンスタジアム/28,107人

小笠原頑張った。しかし2点では勝てません。対ロッテ8連敗。

中日 200000000 小笠原/岡本 - 谷繁
千葉 00011100X 渡辺俊/小林雅 − 里崎

中日:1[遊]井端/2[中]英智/3[右]福留/4[指]ウッズ/5[左]アレックス/6[一]高橋光/7[三]森野/8[捕]谷繁/9[二]森岡//[投]小笠原

千葉:1[遊]西岡/2[三]今江/3[一]福浦/4[捕]里崎/5[指]ベニー/6[中]サブロー/7[左]フランコ/8[右]パスクチ/9[二]堀//[投]渡辺俊介

ひさびさに先制、しかもウッズアレックス連続タイムリー。しかし四回五回六回と、タイムリーなし/犠牲フライ3本で逆転される。くそー、なんというそつのない野球だ。むこうのタイムリーはないがこっちのパスボールだかワイルドピッチだかは絡んでて、すっかり悲しい気分。草野球でトンネルや暴投があっても誰も深刻になんかならないのに、プロはちょっとでも弛むと罵声を浴びるのである。そのまま例によってなすすべなく、最終回小林雅から先頭アレックスツーベース、代打川相送って一死三塁と見せ場を作るが、森野、代打立浪倒れて三タテ。荒木が抜けてから連勝が始まり、森野が復帰したら連敗という、なんだかわからない巡り合わせもツライが、また火曜の憲伸様に勝ってもらうしかない。楽天鉄平はきのうから復帰、今日で打率三割ちょうどに到達した。すげーじゃん。

守りにほころび、逆転負け 中日、初の3連敗

守り勝つ野球を掲げる中日にとっては、後味の悪い試合だった。守備のほころびから失点を重ねて逆転負け。「要は自滅ってやつ。ミスした方が負ける」。今季初の3連敗に落合監督の表情は険しさを増した。
2−0の4回。無死一塁で、里崎の右翼への飛球は千葉特有の強風に乗り、予想以上に伸びて二塁打に。捕球できなかった福留は 「あんなのはおれのミス。あれをヒットにしたら投手に悪い」。二、三塁とされて、続くベニーの犠飛で1点を返された。
同点の6回には、安打で出塁したベニーが暴投で二進。その2球後には「完全にノーマークだったと思う」(ロッテ・西村ヘッドコーチ)と、100キロの巨漢にまさかの三盗を許し、続くサブローの犠飛で決勝点を献上。回が終わると谷繁はボールを思い切りバックネットに投げつけて悔しがった。すきをつかれた小笠原は「見てればわかるでしょ」。

これで交流戦は6勝6敗の五分。「まあ日本シリーズじゃなきゃもうこの球場には来ないんだし、それまでに何とかしておくよ」。指揮官は淡々と話したが、昨年苦しんだ交流戦の嫌なイメージを思い出したに違いない。

[ 共同通信社 2006年5月21日 17:34 ]

この記事ではわかりにくいが、ちなみに「まあ日本シリーズじゃなきゃもうこの球場には来ないんだし」という発言は、「守備の綻びに強風の影響はあったのか」と質問されての返答。

-
05/22mon.

やり返します!!

▼5連勝の後の3連敗・・・。しかもロッテ戦8連敗中。(中略)結果が出ていないのでファンの皆様は心配すると思いますが、『やり返します』ので待っててください!!(コースケフクドメ公式日記より)

▼広島が「ベース投げコンテスト」を検討していることが22日、分かった。7日中日戦(広島)の併殺の判定をめぐり審判に抗議し、一塁ベースを投げ飛ばして退場になったブラウン監督にちなんでの企画。11月のファン感謝デーが有力だ。

前代未聞の行動で、ブラウン監督は罰金10万円の処分を受けた。が、そこからチームは一体感を強め7勝5敗と好調。さらに松田オーナーの発案でチーム全員に「ウチの監督はベースを投げるぞ」と英語で書かれたTシャツが配られた。ファンから問い合わせの多いTシャツの販売予定はないが、その代わりに「ベース投げ」と考えている。“本職”のブラウン監督の参加は未定だが、オフの目玉企画になりそうだ。[2006年5月23日9時38分 nikkansports.com]

-
040//05/23tue.ナゴヤドーム/25.459人

憲伸悪いなりに踏ん張った。でも1点では勝てません。

西武 101100010 涌井/星野/小野寺 − 細川
中日 000001000 川上 − 谷繁

中スポより無断引用。川上が今季初黒星を喫しチームは4連敗。直球に切れ、威力がなかった。一回、先頭の福地に三塁打。高木浩の中犠飛で1点を失うと、三回も福地にソロ本塁打を許すなど、9回4失点。井上を1番に起用した打線は一回に一死満塁と先発涌井を攻めたが、逸機。六回、立浪の中前打で1点を返すのが精いっぱいで、星野、小野寺の継投に振り切られた。西武は涌井が5勝目。引用終わり。憲伸の直球に切れがなかったかどうかはともかく、それ以外はまったくこの通りの試合であった。福地寿樹31歳(内野手)は手元の選手名鑑ではカープの選手だが、開幕直前に青木勇人(投手)とトレードされた。センターを守り、初回初球をスリーベース含め、この日3安打。

落合博満:(川上について)「それは長いことやっていたら、打たれることもある。打線は5試合も打ってないんだからそのうち打つだろう」
(井上の一番について)「一番がいなかっただけ。荒木待ち」
(荒木の状態について)「まだ出さない。出すときは、もう一人で大丈夫と言ったとき。そのへんが戻ってくれば、きちっとした野球ができるだろう。それまで我慢」
ひさしぶりにオレ様が共感できるコメント出してくれたのが収穫か。がんばってくれー。

-
041//05/24wed.ナゴヤドーム/25,232人

こういうゲームを完敗というんだ。五連敗。

西武 001010300 ギッセル/石井貴/小野寺−細川
中日 000000220 マルティネス/岡本/平井-谷繁

1[遊]井端/2[二]川相/3[右]福留/4[一]ウッズ/5[左]アレックス/6[三]立浪/7[中]藤井/8[捕]谷繁/9[投]マルティネス

二番川相、七番藤井。苦悩が凝縮して、いっそ笑いたくなるようなスタメンだが、またしても結果は出なかった。子供のような顔(とラジオで言ってた)のガイジンに、六回まで福留の内野安打1本以外パーフェクトに押さえられる。終盤ひさびさに健闘(アレックスタイムリー森野犠飛、福留2ラン)してひさびさに四点もとったが、及ばず。落合博満:「こういうゲームを完敗というんだ。5−4のスコアになっているが、手の打ちようがない。これで使える選手と使えない選手がはっきりしてきた。使えない奴はファームに行ってもらう。明日までは様子を見るが、何かを感じてくれるだろう」

去年の今頃の「風邪がうつるぞ、あっち行け」に較べればよほどマシなコメントだが、どうもね。使えない奴がファームに行くのは当たり前のことで、わざわざ何度も言うのがピンと来ない。んなこと言うなら、ファームですら結果出してない時点で、なんで急いで森野を上げるんだよ。というかそれより何より、結果が出ない選手に「使えない奴」なんてレッテルを貼るやり方に反逆する、というのがオレ流の原点だったハズだ、と思うんだが。

この日ウェスタンで吉見一起22歳先発、プロ入り最長の九イニングを完投して2失点、MAX144km。

-
042//05/25thu.ナゴヤドーム25,594人/

16安打で連敗止まる。佐藤充プロ入り初完封。

西武 000000000 宮越/三井/許 − 細川
中日 30102102X 佐藤充 − 谷繁

1[遊]井端/2[二]森野/3[中]福留/4[一]ウッズ/5[左]アレックス/6[三]立浪/7[左]井上/8[捕]谷繁/9[投]佐藤充

宮越徹はいちおう応援したいが、五連敗中じゃそうもいかない。初回井端、森野、福留三連打できれいに先制、さらに三進後バックネット直撃のマンガみたいなワイルドピッチで3点目。初回に我が軍の一、二番が続いて出塁したのは、なんと開幕戦(一番荒木三ゴロ内野安打、二番藤井死球)以来だそうだ。この日まで今季通算10打数安打なしの森野はこの日ついに、右に左に三安打。三回ウッズのカットムラン。五回オモテ二死一二塁で中島痛打、しかしセンター福留右投げ左打ち超絶的逆シングル回転レシーブで佐藤を救う。その後も光信のすばらしいタイムリーなど、着々と加点。あらためて、ウッズとカブレラが仲良しだということがよくわかった。大量リードの終盤は森野サードに回して荒木セカンドにリハビリ守備登場。佐藤(埼玉出身・子供のころから西武ファン)は136球で被安打9、6奪三振、プロ入り初完投・初完封。

落合博満:「佐藤は良くはなっていると思う。だけどスタミナはまだまだだな。5回の2点がなかったら完投も完封もなかっただろうな。と、いう意味では打線がピッチャーを完封させた試合は今年初めてじゃないかな」よしよし。普通のコメントだ。チームは移動日なしで福岡へ。

中田が再び離脱、復帰先送りへ

復帰に備えて1軍に合流していた中日中田賢一投手(24)は18日に1軍合流したが、24日、再びナゴヤ球場でランニング、キャッチボールなどの練習を行った。理由について本人は「何とも言えません」と多くを語らないが、関係者の話を総合すると右足内転筋に張りがあるためという。復帰が先送りとなることは確実の情勢となった。[2006年5月25日9時59分 紙面から nikkansports.com]
-
043//05/27fri.福岡ヤフードーム/23,747人

そのうち倍返ししてくれるんじゃないか。荒木さらに負傷。

中日 000000000 山本昌/岡本 − 谷繁
博多 00100004X 斉藤和 − 的場

月に一度しかいいピッチングをしない山本昌が、二週続けて力投して、またも見殺し。今日も初回は井端、森野と倒れて福留ツーベース。「こんなら福留一番の方がいいんじゃないか」という考えが当然よぎる。打線に活気がないと「打線がクソ過ぎ。ベンチは悪くない」みたいな書き込みが掲示板とかで増えるけど、個人的にはあの感覚が理解できない。日本代表が惨敗したときに「悪いのはフォワードで、ジーコは悪くない」なんて言うだろうか。監督というものは結果責任を負うものだし、就任から二年半も経ってればなおさらだ。

特に「思った以上にいい素材がたくさんいる」と言ったのも「野球というのは結局アタマで差が付く。オレが教えるから大丈夫」と言ったのも「打てないのは素振りが足りないからで、どこよりもたくさん振れば必ず打力は上がる」と言ったのも「右の四番候補が多過ぎて困っちゃう」と言ったのも落合博満なんだから、打線が悪いのも二軍がさらに打てないのも全部落合のせいだと考えるのが当然である。そうでなければ打線が打った時に「さすが落合」とも言えないではないか。ああ、しかし困ったことに、中日の歴代監督の中では圧倒的に落合が好きなんだよなあ・・・。

・・・というのは一般論で、今日について言えば、打線がショボイのか斉藤がよかったのかよくわからない。三回のはスクイズを、マサが咄嗟に外したーーッと思ったら外れ過ぎて谷繁取れず三走生還。八回は一二塁にしたところでマサ降板、しかし岡本打たれて四点。落合博満:「これでマサに2試合連続借りをつくったようなもんじゃないか。野手にしてみれば。そのうち倍返ししてくれるんじゃないか」。そう言うけど、オレはマサの降板もまったく納得いかん。荒木、9番で11試合ぶりに志願のスタメン復帰、しかし五回悪送球、即刻森岡に交代。脇腹を再び負傷した模様。藤井淳志下げで聡文上げ。

-
044//05/27sat.福岡ヤフードーム/27,080人

福留戦慄の四打点、朝倉四勝目。今日から出発だ。

中日 101020000 朝倉/平井/岩瀬-谷繁
博多 100200000 寺原/佐藤/篠原/藤岡-的場

1[中]英智/2[遊]井端/3[右]福留/4[一]ウッズ/5[左]アレックス/6H立浪/7[二]森野/8[捕]谷繁/9[三]渡邉/[投]朝倉

レポーター曰く:「寺原投手に中日打線について聞いてみたんですけど、『ここに投げときゃ打たれない、っていうデータがあるから、その通り投げればいいんだよねー』と、きのうの斉藤投手は見事にその通り投げていたので、『凄く参考になりました』と、おっしゃってました」だってさ。ぬ、ぬわんだとう。そんなに舐められてんのか...

しかしすべては福留孝介が打ち砕いた。初回先制タイムリー、三回ソロ、五回2点タイムリー3ベース。最近の福留はひとりだけほんとうに神域を感じさせる。.346 で首位打者に。交流戦に入ってからの打率は.431。取ったり取られたり抑えたり打たれたり、久々に活気のある楽しい野球の試合だった。しかも勝った。満足。今日はYahoo! BB のネット配信で見てたんで、朝倉がどんな感じなのかいまいちわからなかった。しかしとにかく「打たれても崩れない」感じが頼もしいぜ。最後は岩瀬仁紀vs代打田上「右の四番候補」秀則という夢の対決、あっさり。じつは田上って初めて見た。落合博満:「これからは三・四・五番に打ってもらわないと。当初の予定よりメンバーがいなくなったんだから。今日から出発だ」 え? 今日から出発なのか。開幕に合わせて出発してくださいよ。ほんとうによくわからない監督だが。

-
045//05/28sun.福岡ヤフードーム/29,335人

杉内vs小笠原、まさかの圧倒的完勝。やはり昨日が出発だったのだろうか

中日 000012330 小笠原 − 小田
博多 100000000 杉内/陽/吉武/西山/竹岡 − 山崎/田上

かなた杉内俊哉26歳、去年18勝を挙げてパ・リーグ最多勝、防御率2.11で最優秀防御率、沢村賞アンドMVP。推定年俸1億5千万円。こなた小笠原孝30歳、2005年0勝3敗0セーブ、推定年俸2250万円。勝てっこねー。松中のタイムリーで先制された時にも安らかな気持ちだった。ところが後半おもしろいように打線がつながり、小笠原は1失点のまま9奪三振、被安打6、プロ入り初完投。さすがは落合が鍛えたチームだぜ。ホークス目線で解説の若菜さんがホークスの腑甲斐ない試合ぶりを嘆くこと嘆くこと、聞いてるうちにホークスファンに同情してしまった。

私の目は節穴なので今日の杉内の何がダメで小笠原の何が良かったのかぜんぜんわからないが、若菜さんによると「タテに割れるカーブが有効」だったそうだ。小笠原:「未知の世界だったので、最後まで気を抜かずに投げようと思った」。福留孝介は今日も3安打2打点と驚異の絶好調。アレックス久々の2ラン含む4打点。ウッズも合わせて三、四、五番で7打点。井端、ちょっと「らしい」2安打。

ランナー一塁で英智の打席で0-2からエンドラン仕掛けたら高めのボール球が来て内野フライ、「チックショー裏目ったやっぱバントさせときゃ良かった」なのか「ったくファールで逃げろよバカ」なのか、落合顔をしかめて膝を叩いて悔しがる、という珍しい映像が見られた。落合博満:(交流戦一回りを終えて9勝9敗の結果に)「去年は4勝14敗だっただろ。これからだ」(9回ウラにマウンドに向かったことについて)「完投するか聞いた。プロ初完投だから代えなかった」(打線について)「野球というのは3番4番5番が打つと勝つものなんだ」

荒木抹消、上田上げ。高代コーチ談:「(右肩、脇腹に故障を抱えた)こういう状態で遠征に連れて行くのは可哀想」

-
05/29 mon.

▼本日の「徹子の部屋」で武田鉄也さんが、4年前に御園座で公演やった時に喉が限界で台詞は掠れまくり、歌は全く歌えなかった、そのとき凄く体の大きなお客さんがいて、それが中日の福留っていう選手だった、という話をしてました。

そしたらその後、福留選手はなんか大きなヒットを打ったんですよ。その時の新聞で、いや、僕たちなんか楽ですよ、怪我しても誰かに代わってもらえますから。芝居や歌の人は大変ですよ、どんなに喉傷めてても人に代わってもらう訳にいかないんだから、ってねえ、言ってくれたんですねえ。そうやって、見に来てくれた人に僕らが勇気を与えられる。またそのことから、僕らの方が励まされる。そういうのはうれしいですねえ。

-
046//05/30tue.神戸スカイマークスタジアム/15,672人

九番ナベ、一番英智連続タイムリー。単独二位

中日 000100200 川上/岩瀬-谷繁
青牛 000100000 オバミュラー/加藤/山本/萩原/岸田-的山/日高

先制タイムリーは七番セカンド森野の高く弾むゴロ。森野この日3安打。東海ラジオ解説の安藤統男さんはたまにおもしろいことを言う。「バッターが自打球を足に当てた直後には気をつけなきゃいかん。前の足が痛いから軸足に体重が残って体が突っ込まない。タイミング外すつもりで遅い変化球とか投げるとパチーンとやられる」とか。「スリーボールからの死球って打者はほんっと腹立つんですよ。ボールでいいやん、と思ってねえ」とか。七回立浪がその「スリーボールからの死球」で無死一塁、森野強攻策で凡飛、一死から谷繁に送らせた時には、はぁ? 何をやっとるんやろうねこれは、と解せない作戦を非難、しかし直後に九番ナベ一番英智が連続タイムリー、「や、これは恐れ入りました、ですね」

憲伸は防御率/勝利数/奪三振/完投/完封/無四球試合数の現在セ・リーグ六冠(勝率が1.00のオクスプリングに次いで二位)。「屋外の球場がひさしぶりだったんで、立ち上がりちょっと戸惑いがあった」「珍しいというか嬉しいというか、今年サイパンで一緒に自主トレした仲間二人(小笠原と朝倉)が連続して勝ち投手になってたので試合前から変なプレッシャーがあった。サイパン組三連勝なってうれしい」。落合博満:「高校野球みたいに手堅い攻撃だろ。何人か状態が上がって来ないうちはこれでいくよ。ずっとピッチャーもイイしな」ほんとうに驚くほどずーっと先発ピッチャーがいい。うちはここ10試合で4勝6敗ながら、ここ10試合で2勝8敗の巨人を勝率で上回り単独二位に。

-
047//05/31wed.大阪ドーム/16,837人

初回二死満塁の呪い・八度目

中日 001000001 マルティネス/鈴木/高橋聡/デニー − 谷繁
青牛 00400000X デイビー/萩原/菊地原/加藤/大久保 − 日高、鈴木

今日はじつに腑甲斐無い感じで負けた。初回英智センター前/井端初球送りバント/福留四球/ウッズ遊ゴロ/アレックス四球の二死満塁で六番立浪、一ゴロ。トーチュウによると我が軍が「初回二死満塁」を迎えたのは今季8度目で、迎えた六番打者は3/31アレックス、4/22立浪、27井上、30立浪、5/10立浪、23立浪、24立浪、30立浪。すべて初回無得点に終わり、試合結果は2勝6敗。「初回二死満塁は大ピンチ」ということか。今日は二回にも2四球で二死満塁、バッタードメ、しかし一ゴロ。

サンケイスポーツより:中日が拙守で逆転負け。一夜で2位から3位に転落だ。1点を先制した直後の三回、まず無死一、二塁から村松のバントを三塁渡邊が一塁悪送球で同点。水口の右犠飛で勝ち越され、一死三塁から清原の二ゴロを本塁送球した二塁森野の野選で3点目、二死二、三塁からマルティネスが塩崎に四球を与えた球が暴投となり4点目。「ミスを多く重ねた方が負ける。野球とそういうものだ」と落合監督は淡々と語っていた。

落合博満:「みんな考えて、いろいろやってるんだから、いいんじゃないか。相手を嫌がらせるのも一つの手なんだから」と、これはたぶん六回一死一塁で森野が初球セーフティバントをしたことを言ってるのか。