勝敗グラフ中日ドラゴンズ選手名簿(おたんじょうび帖)中日ドラゴンズ年俸ランキング高額年俸ランキング・全国版高額年俸ランキング・球団別表彰選手セ・リーグ個人成績パ・リーグ個人成績
| pre.2006 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 日本シリーズ |
June 2006 season 06/01 →06/30
入場者数が35,000人を超えると、自動的にこの色◆で表示します(特に意味ナシ)。

-
05/31時点のチーム記録
勝率打率得点HR犠打犠飛盗塁失策失点防御率
阪.596ヤ.280巨243巨54中46阪14ヤ36浜19阪165阪3.08
巨.583阪.273ヤ239阪51浜37浜14巨33阪21中170中3.26
中.565巨.269阪214ヤ51阪33巨13中24巨21広200広3.59
ヤ.521広.264浜214浜51巨33ヤ12浜18中25巨205巨3.71
広.426横.261広188広40ヤ31広09阪17ヤ37ヤ214ヤ4.00
浜.313中.259中183中36広22中06広14広38浜274浜5.33

すごい。圧倒的に貧弱な攻撃力。これで上位に絡んでるのが落合マジックなのか。いや投手陣を称えるべきか。失点は大きくランクアップした。

ところで私の理解では、「防御率」も「チーム防御率」も、「エラーがなかったら入らなかったハズの点」は無視する。もちろん「ふつうだったら三塁打なのに英智だからアウトになった」とかいうケースは多いので、それでも守備力が換算されないことはないんだが、やっぱチームの守備力を総合的に表す指数は、チーム防御率よりも「チーム失点率」じゃあるまいか。と、今のところ思うんだが、間違ってるのかも知れない。私としては「チーム得点率」と「チーム失点率」のデータがあれば、「得点」「失点」「防御率」はべつに要らないと思うんだけど、何故そうしないかと言えば、トーチュウにも他のどこにも「チーム得点率」「チーム失点率」なんてのは載ってないから。

-
048//06/01thu.大阪ドーム/14,738人

オレ冴える、代打立浪決勝タイムリー。佐藤充完投再び。

中日 000005000 佐藤充 − 谷繁
青牛 001000000 吉井/岸田/山本/香月 − 日高/鈴木

佐藤充120球被安打7失点1、連続完投勝利。六回先頭英智が足で稼いでセカンド内野安打、珍しく井端に打たせたら珍しく当たって三遊間を抜き無死一二塁。こういうの、去年おととしはしょっちゅう見たのに今年はいつ以来だろうか。そして首位打者福留孝介貫禄のタイムリーツーベース。ウッズアレックスと倒れて同点止まりかと思われたが、六番DH高橋光に代わりまして、バッター、タ ツ ナ ミ。「真直ぐだけ狙って待っていた」二球目を引っ張って2点タイムリー。さらに七番森野将彦センター前。センター村松これをトンネル、記録はシングルだけど結果はランニングホームランに。森野にとっては生涯最初で最後か。落合の采配が神憑かり的に当たるのも何度も見て来たが、今日の六回はひさびさにあの感触が少しあった。

落合博満:「あれだけ種をまいてたんだから、そろそろかかってくるよ。ランナーが出たら判で押したようにバントさせたからね」(代打立浪の勝ち越しタイムリーについて)「今日の高橋光じゃ打てんからね」

・・・ここのところ地味な野球に徹して来た、そういう基礎の繰り返しが実力の底上げに結び付くのだ、そろそろ打線にエンジンがかかる頃だ、というような意味かと思ったけど、新聞によるとどうも「この試合何度もしつこくバントさせたおかげで、六回の井端のところは相手がバスターエンドランにひっかかった」という意味らしい。さすがにセコイ小賢しい駆け引き好きな男だ。とにかくこうして監督がふつうにしゃべってくれると、よし、あしたも勝てる、と元気が出るぜ。そう言えば今日のホークス先発キャッチャー田上「右の四番候補」秀則が横浜スタジアムでの第一打席でプロ入り初HRを打ったらしい。チームは大阪から移動日なしで、みちのくサムライ街道へ。

-
049//06/02fri.フルキャストスタジアム宮城/11,408人

鉄平戦慄の四安打、延長十回山崎武司サヨナラ打、惨め。

中日 1001000000  山本昌/鈴木/岡本/高橋聡 − 小田
楽天 0200000001X 一場/小倉 − カツノリ/藤井

マサに借りのある打線が今日は福留のソロで先制。四回はウッズのソロ。しかしそれだけ。マサも今日はいまいち。二回は連打と四球の二死満塁で一番鉄平がスンバラシィ二点ツーベース。鉄平この日五打数四安打、うち三本がツーベース。カッコイイなあ。情報によると高校通算打率5割5分1厘、九州のイチローと呼ばれた怪物で、去年どこかのチームで戦力外通告受けて楽天に拾われた若手らしいぞ。

マサは五回途中で降板、「今日の内容では仕方ないです。チームに迷惑をかけた」。コントロールが悪かったらしい。 我が軍は散発五安打、向こうは14安打と一方的だったが、本塁突入憤死が二度あったりして膠着。ドメ→森野の完璧な本塁中継とか英智の全速前進キャッチとか、守備の面では輝かしい瞬間がけっこうあったらしい。楽天TVがブツブツ止まるのでほとんど見れなかったけど。延長十回高橋アッキー投入で悪い予感、一死後H、送りバントを聡文迷わずセカンドへ、しかし痛恨の悪送球。平井に代え。フェルナンデスの犠飛で二三塁、五番指名打者山崎武司、平井の143km/h真直ぐを三遊間へ。サヨナラ。鉄平はきのうの阪神戦の七回一死満塁で打って欲しかったよ。

落合博満:(防戦一方でしたね)「まあそういう試合だったな。最後の肝心要のところであんなことをしたんじゃダメだな。また練習してミスを減らしてくれればいい。明日から連勝すればいい」。私もそう思います。

-
050//06/03sat.フルキャストスタジアム宮城/16,675人

朝倉5勝、岩瀬15セーブ。

中日 001004100 朝倉/岩瀬 − 谷繁
楽天 010001000 松崎/青山/谷中 − 藤井

五回裏二死無走者、朝倉の股間を鋭く抜けた鉄平の打球に井端、グラブを伸ばして追い付くとそのままくるっとセカンドに背面グラブトス、という、決まってたら超ファンタジスタなプレーがあった。セカンドは森野だしトスも不発で結果は単にこぼしたようにしか見えなかったが、荒木とのコンビならあれが決まるんだろうかと、どうしても妄想してしまう。不発と言えば八回二死走者無しで右中間フェンス際の当たりに英智が全速一直線ダイブしたけど届かず結果は二塁打、というシーンも印象に残った。ふつうの外野手だったらお笑いプレーだと思うけど、英智だからアリだ。怪我しなくてよかった。

しかし朝倉はかっこいいなあ。なんだこの安定感は、朝倉なのに。三回は福留犠飛。六回はウッズ2ランに続いてアレックス敵失、光信2ベース、森野センター前。朝倉完投勝利かと思われたが最終回いい当たりの連打を浴びて無死一二塁、さらに沖原も素晴しいセンターオーバー、しかし英智さすがのナイスダイレクトキャッチ。ここで岩瀬に代え。写真は降板の場面。朝倉:「情けないです。監督には、落ち着いて投げろと言われました。完投できなかった悔しさは次回のピッチングで晴らしたいと思う」。落合博満:「また完投を逃しちゃったな。完投して欲しいと思ってたけど、沖原の大きなセンターフライを見たら、代えなきゃしょうがないだろう。抑えピッチャーがいないわけじゃないんだから。完投は次回のお楽しみにとっておきましょう」。朝倉5勝、岩瀬はわずか2球で2アウト取って15セーブ。

-
051//06/04sun.フルスタ宮城/17,019人

サンデーガサーラ連勝。ナベ四打点。

中日 140000040 小笠原 − 谷繁
楽天 000101000 藤崎/川井 − カツノリ

初回二死からドメウッズ連続2ベース。二回は一死一三塁で九番ナベ、三塁線を抜く2点2ベース、二死後代わった川井の初球をドメ、ライト前へ2点タイムリー。小笠原はフェルナンデスのソロなどで六回二失点。あとを岡本、平井、久本で1イニングずつ。八回に森野タイムリー2ベース、さらに谷繁の死球恫喝を挟んでナベ英智と連打、終わってみれば完勝。

落合博満:「やっと楽な試合を見せてもらえると思ったけど、そうではなかった。四回五回であと1点取れば楽になったんだけど。まぁよしとしよう」。小笠原:「先制点を取ってもらったのに、ボールボールと続いて野手の皆さんのリズムを崩してしまいました。そこが反省点です」

▼2006年中日ドラゴンズ・ファインプレー集・6月4日まで(6分17秒) | 04/01ナゴド藤井淳志ダイビングキャッチ | 04/02ナゴドアレックスフェンス際垂直ジャンプ | 同日井端フライングキャッチ; etc |

-
06/05mon.

▼朝倉はずいぶん進歩したが、まだインサイドを有効に使えていない。内角球が甘くなって長打を食らうのが怖いのだろう。川上との大きな違いがそこにある。この日(6/3)も全体に外寄りの投球だった。だから打者が踏み込んで来る。内角球を少し意識させるだけでも違って来るはず。そのへんが今後の課題(大意)。[6月4日 トーチュウ『黒江透修 直撃』]

-
052//06/06tue.ナゴヤドーム/29,172人

憲伸あわやパーフェクト、あわやノーヒットノーラン

千葉 000000000 小野/小宮山/高木/ミラー − 里崎
中日 10020000X 川上 − 谷繁

七回二死で四球を出すまで完全試合。四球の瞬間あまりに球場がザワついたのでなんだろうと思い、セカンドを守る森野はそのとき初めて、それまでパーフェクトだったこと、そしてノーヒットノーランはまだ継続中であることを知ったと言う。「それからムチャクチャ緊張しました」。憲伸は凄いヤツだが、森野も怖ろしい男だぜ、さすがだ。九回先頭の代打サブローが一二塁間を抜き、達成ならず。

憲伸:「ノーヒットノーランを逃したことは残念だが良い試合ができてホッとしている。ロッテに対する連敗を止めて試合に勝つことだけに集中して投げた」(昨年も完全試合まであと一歩)「僕の人生を象徴しているような、僕らしいと言うか、これが僕の良いところなのかもしれない。ロッテ打線を相手に1安打完封は充分な結果」。僕の人生を象徴しているかのような、という台詞まで去年の5・20と同じだ。ボビー:「グレートピッチャー。パ・リーグにもカットボールを投げるピッチャーはいるが、カワカミはカットボールのコントロールが完璧で、全く甘いところに来なかった。外野まで飛ぶ打球はたまにあるんだけど、バットの芯で捕らえたものではなかった。グレートピッチャーだ」

オレ(主に東海ラジオ情報、ちょっと記憶アヤシイ):(惜しかったですね)「(笑)まるで負けたみたいじゃねーか」「初回から見ていて打たれる気がしなかった。立ち上がりからあれだけ気合を入れてマウンドに行ったのは初めてじゃないか。心技体そろっていればこれくらいのことはやってくれる。二回三回からパーフェクト行くんじゃないかと思って見てた。パーフェクトを逃したらノーヒットノーラン、それを逃したら完封、それでいいじゃないか。抜かれたかなーと思ったら外野手が出て来たりとか、まあ一番分かりやすい簡単な野球をやってるだろ」(対ロッテの連敗8でストップ)「ロッテはバランスの良いチームだが、そんなに周りが言っているほど恐さは感じていない。自分たちの野球をやっていれば勝てるということ」


ひさびさに見た中里情報は、やっぱしこんなんだった _| ̄|○...

139 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/04(日) 18:08:18
中里はまた肩やってたらしいな

908 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/05(月) 18:39:45
サンドラ見たけど、やっぱし中里肩やらかし(寸前?)だったんだな
爆弾爆発する前に野手になったほうが・・・

ひさびさに見た山井情報 _| ̄|○...

586 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/07(水) 05:34:23
山井、右肩痛だったのか知らなかった。>大本営より

-
053//06/07wed.ナゴヤドーム/27,198人

2点取られたので負けました。

千葉 001000010 成瀬/藤田/小林雅 − 里崎
中日 000100000 マルティネス/岡本/平井 − 谷繁

東海ラジオによると向こうのナルセという若いピッチャーは目の醒めるようなナイスピッチで、一方マルティネスはフラフラで、満塁も二度あったけど結局六回1失点。岡本も一死満塁、これも抑える。なんかロッテ打線が中日のようだ。しかし三番手平井が代打ワトソンにソロ。憲伸はきのう試合前のミーティングで「1点までに抑えろ。2点取られたら勝てない」という冗談みたいな指令を受けてたそうで話題になってたが、冗談ではなかった。2点取られたので負けてしまった。ウッズ4三振:「クソボールを振ってしまった。反省している」

落合博満:(マルティネスは)「よく一点で抑まったな。ボロボロになってもおかしくなかった」「どれだけいい投球をしても勝ちがつかなければ深みにはまってしまう。生活をかけて必死でやればいいこと。まぁ次に期待しましょう。でも審判と喧嘩しているうちはダメだな。戦う相手が違う」(打線について)「うちはずっと我慢。こういう状態なんだから仕方がない。六回のノーアウト一二塁で三四五番が打てなくて負けた。あそこで打てれば勝つ、打てなければ負ける。 はっきりしてていいんじゃない」 「こういう海底に1年間沈みっぱなしで終わる事はない。どこかで上がって来る」。横浜多村仁29歳、本塁突入で捕手に激突まーたーしーてーも怪我、肋骨損傷か。

-
054//06/08thu.ナゴヤドーム/26,075人

どうしちゃったんだか18安打、圧倒的勝利。

千葉 000000000 0 久保/ミラー/小宮山/高木/神田 − 里崎/辻
中日 00045520X16 佐藤充 − 谷繁/小田

四回アレックスのタイムリーで先制後、森野今季1号3ラン、これがデカかった。久保康友を五回途中でノックアウト:「打たれたのは全部高かった。修正できなかった」。その後は打線がムダに大爆発、森野4安打6打点。光信今季1号2ラン、井端5打数5安打。佐藤充無四球完封、被安打7、4奪三振で無傷の4勝目。それにしても今年のマルティネスはツイてないな。5、6点きのうに回して欲しかった。

前日白星を逃した中日マルティネスが、試合前にベンチにいたアレックスに「もっとこうやって打たないと」とジョーク交じりに臨時打撃を開始した。6回1失点に抑えながら打線の援護がなかったことについての軽い皮肉だが、アレックスは笑顔で受け流していた。(日刊スポーツ)

試合前と言えば、ドラゴンズ打線の印象を里崎はこう語った(東海ラジオ情報):「やっぱ荒木がいないのは非常に大きい。何やって来るかわからないし、しつこいし、塁に出すと怖い」だそうだ。この前もどっかのキャッチャーが「荒木はしつこくて粘っこくて本当にイヤだ」とか語ってた。中日ファンにとっての打者荒木ってあっさり内野フライを打つ印象ばかりあるが、我々は荒木を過小評価してるのだろうか。

落合博満:(佐藤充は)「落ち着いている。マウンドの態度を見ていると今は最初と違って不安がないのが分かる。七回までいくスタミナはできた。西武戦で136球で完投させたのがよかった。うちにはいないタイプなのでこういうピッチャーがでてきたのは大きい」 「それにしても久保にお中元をあげないといけない。打線がきっかけをつかんでくれそうだ。久保に感謝」(久保もテイクバックの小さいピッチャーだけど)昨日の成瀬がいい教訓になった。後ろ(テイクバック)の小さいピッチャーに各打者の準備が遅くなって打ち取られていたから」。おお、試合後の談話で技術的なこと語るの初めて聞いた。もしかして機嫌がいいのか。去年の今頃とはエライ違いだ。

佐藤充:「西武戦ではとにかく腕を振って投げることを心がけたが、今日は内外に投げ分けることと、低めを意識して投げた。テンポも意識した。フォアボールでランナーを出さないことと、福浦さんの前にランナーを出さないことを心がけた。苦しい時に味方が点をとってくれたので相手も打つしかないという攻撃になって、投げやすかった」

-
055//06/09fri.ナゴヤドーム/34,365人

僕が投げた日についに勝った。単独首位。言葉とは裏腹に笑顔。

火腿 000000020 武田勝/鎌倉/岡島/武田久/トーマス − 鶴岡
中日 00000004X 山本昌/岡本/岩瀬 − 谷繁

中:1[中]英智/2[遊]井端/3[右]福留/4[一]ウッズ/5[左]アレックス/6[三]立浪/7[二]森野/8[捕]谷繁/9[投]山本昌
北:1[左]森本/2[二]田中賢/3[三]小笠原/4[一]セギノール/5[右]稲葉/6[中]SHINJO/7[捕]鶴岡/8[遊]金子/9[投]武田勝

きのう完全に目覚めた打線が今日も序盤から猛威を奮い、なんてことはあるハズもなく、見慣れたジリジリした金曜日、マサ孤軍奮闘。東海ラジオ解説福田功/実況大澤広樹によると貧打戦ではなく、素晴らしく締った通好みのナイスゲームだそうだから、そう思っておこう。八回ガッツ小笠原の2ランでああ、またダメか。

しかしその裏、珍しくドラマは起きた。先頭絶不調谷繁に代打選手会長井上がゴロで二遊間を抜く。素晴らしい。さらに岡本のところに代打光信、ライト前。偉い。代走森岡。一番英智送りバント失敗。しかし井端手首に死球受けて一死満塁、ここで福留孝介ですよ。まさに「あそこで打てば勝つ、打てなければ負ける。 はっきりしてていいんじゃない」の場面で、打った。きれいに引っ張って一塁線を抜き、走者一掃3ベース、一気に逆転。井上:「結局いつもおいしいところは背番号1が持っていくんだけどね。オレもいいお膳立てができたよ」。さらにアレックスのところでなんかあって(詳しくは忘れた)結果は内野安打で四点目。九回は岩瀬が8球であっさり。たぶん日ハム目線で見ればベンチの継投ミスという試合なんだろう。井端は4試合連続で複数安打。ウッズがここ数試合三振ばかりしてるのがちょっと不安。勝利投手は岡本。マサ:「(今季、交流戦で自分が投げた日に)初めてチームが勝った。うれしい。これで変わるでしょう」

落合博満:「山本昌に勝たせたかった。いいピッチングすると点を取らないし、打つと点を取られる。(首位浮上に)先が長いよ。借金を抱えるよりはいい(毎日インタラクティブ)」「いいピッチングをすると援護がないし、援護があるときは打たれるし。山本昌は一体どうなってるのかな。(しかし今日は好投したので)次もまた、先発のチャンスはある。それにしても、武田勝のようなあの程度のピッチャーを打てないようならいかん。」( CBC Exciting Stadium)」。武田勝は名古屋市出身の中日ファンだそうだ。セコイ悪口を言うな。福田功さんは武田を絶賛してたぞ。日刊スポーツには「2ヶ月ぶりに首位に立った落合監督は『146試合終わってこれなら喜ぶよ。でもまだ先は長い。これからが長いんだ』。言葉とは裏腹に笑顔だった」とあり、たぶんこのへんが事実に近いんじゃないか。

-
056//06/10sat.ナゴヤドーム/◆37,483人

朝倉五回六失点。

火腿 202200100 ディアス/清水/武田久/岡島 − 鶴岡
中日 100000300 朝倉/高橋聡/デニー/久本 − 谷繁/小田

(サンケイスポーツより):ここまで五勝をマーク、先発ローテの一角を担ってきた七年目の朝倉が、日本ハムに11安打6失点を許しての五回KO。「野手の皆さんに申し訳ない」と、今季二敗目に朝倉もうなだれた。(サンケイスポーツより):新庄の2年ぶりの1試合4安打に引っ張られ、7−4で中日に快勝だ。3万7483人を集めたナゴヤドームの四方八方から、打席に立つたびにフラッシュが光り、「プレーの妨げになりますので…」と異例の場内アナウンスが行われるほど。まさに中日のホームゲームが「プリンス引退興行イン名古屋」にとって変わられた。

落合博満:「朝倉は随分ムキになってつっかかっていってたな。何をそんなにムキになっているのかな。ポッと出のピッチャーなら三回くらいで代えているだろうけど、ここまで5勝しているピッチャーを三回では降ろせないだろう。あいつのためにならない。何で打たれたかは家に帰って、自分で分析することだ。次につながるかはそこだな」。朝倉:「まっすぐが抜けたボールが多かった。野手の皆さんに申し訳ない。中日球団営業部:「12球団の中で、個人でお客さんを集められるのは新庄だけ」

-
057//06/11sun.ナゴヤドーム/◆37,586人

手は打っても勝てなかった。サラッと流せるゲーム。

火腿 012200001 金村/MICHEAL − 鶴岡/中嶋
中日 000001000 小笠原/岡本/平井/鈴木 − 谷繁

最近打ってない英智を外して、一番・セカンド・森野。この日も2安打。しかし、(日刊スポーツより):中日が首位から陥落した。打線がわずか3安打と沈黙する中でスクイズありバスターありの奇襲攻撃を展開したが、あと1点が取れず。最後は3番手平井が9回、セギノールに決勝ソロを浴びて連敗。4番ウッズが3度も得点圏に走者を置きながら凡退するなど貧打は相変わらずだった。(毎日新聞より):日本ハムが2本塁打で連勝した。二回に稲葉の10号ソロで先制し、同点の九回はセギノールが決勝10号ソロを放った。金村は8回1失点と好投した。中日は六回に井端のスクイズ(記録は犠打野選)で追いついたが、終盤好機を逸した。

落合博満:「同じ勝ち負けでも、手を打たなくて負けたら悔いが残るが、打って負けたら仕方ない。勝ち負けの世界だから、腹も立たない。手は打っても勝てなかった。サラッと流せるゲーム。1点を取りに行って取れなかったというだけ」(スクイズについて)「森野が外野フライでも打ってくれればよかったが、最初のバッターが返してくれないときつい。(スクイズは)57試合で初めてか。状態が上がってくれば、そんなに堅い野球はやらないだろう。今日は仕方ない」

-
058//06/13tue.インボイス西武ドーム/11,514人

初回一番森野先頭打者HR。憲伸8勝。

中日 101000000 川上/岩瀬 − 谷繁
西武 000000100 涌井 − 炭谷/細川

1万1514人? いつもナゴヤドームの観客数が気になるが、西武の悲惨さを見るとドラゴンズはずいぶんマシなのだろうか。落合博満:「次の1点が遠かったな。憲伸の時は3点しか取れないな。3点取ったらいけると思ったけどな。ロッテ戦よりは悪かった。このゲームがどれだけ大事かを、川上は知っている。悪いなりに投げてくれた」。なんか知らんけど巨人も阪神も最近毎日負ける。おかげでふたたび首位奪還。

担当記者 ちょっとした話

ナゴヤ球場で、ルーキーの斉藤と話していたら突然、川上の話題になった。「川上さんってほんまかっこええよな。あんなに落ちるカーブは絶対に投げられんしな」と、ポツリ。入団前は、”ジョニー・グッズ”を買いそろえるほどロッテ・黒木にあこがれていた斉藤だが、今やすっかり川上信者。春季キャンプの練習試合で1イニング7失点と打ち込まれ、ベンチで落ち込んでいたとき、「全部を完璧に投げなくていいんだ」と、川上に励まされたという。「憲伸さんの言葉に救われたわ」と、忘れられない思い出だ。(中日担当・原田遼記者)
-
059//06/14wed.インボイス西武ドーム/12,164人

負けなくて良かった。

中日 101100010000 マルティネス/鈴木/岡本/高橋聡/平井/久本/岩瀬 − 谷繁
西武 012010000000 ギッセル/石井貴/三井/小野寺/星野 − 細川

1[二]森野/2[遊]井端/3[中]福留/4[一]ウッズ/5[左]アレックス/6[指]立浪/7[右]井上/8[三]渡邉/9[捕]谷繁/[投]佐藤充

文化放送のアナ語る:「きのう岩瀬のスライダーを初めて打席で見た※※選手が(きのう初めて岩瀬と対戦した打者というと、たぶん高山久か片岡易之)、きょう試合前に言ってましたよ。『とんでもないですよ。むちゃくちゃですよ。もうね、こんな感じで曲がるんですよ。びっくりしましたよ』と言って、肘を曲げてボールの軌道を説明してくれたんですけど、直角に曲げるだけでは飽き足らず、さらにえぐれるように曲げていました」

落合博満:「長い試合だったな。負けなくて良かった。向こうが引き分けにしてくれた」(マルティネスについて)「気持ちよりも技術的な問題だな。去年8勝したから今年14-15勝できるようなもんじゃない。過大評価しすぎ」(試合について)「あと1本出なかったというよりも、よく守りきったということ」。延長十回、デニーが抑えるところを初めて見た。打者は中島とカブレラの2人。

九回ウラのひでのりくんの守備を記録する。4-4で同点、ピッチャー平井。

34 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:57:41
よすよす先頭切った

35 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:57:42
送球がやたら正確だな森野

37 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:57:44
さーて、問題は一発があるこの辺りからだ・・・

45 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:57:56
どうせカブレラに打たれるんだから

三番中島の打球がライナーでセンター前へ。

50 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:58:19
すげkぇのキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

51 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:58:19
クララキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

52 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:58:21
英智キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!

53 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:58:21
さすが

57 名前:燃えよ名無しさん 投稿日:2006/06/14(水) 20:58:23
キタ━━━━━━≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!

58 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:58:23
キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!

59 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:58:23
キタ━━━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人(゚∀゚)人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━━━!!!!!

60 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:58:23
守備の人キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

66 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:58:26
ひでのりくんキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

74 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:58:31
かっこいいいいいい

76 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:58:32
受身が良いなw

88 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:58:40
すげえええええええええええええええ

94 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:58:52
前回り受け身が役に立つことがあるとは

99 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:58:59
くーるなところにしびれるうううううううううううううううう!!!!!!!!!!!!!!!

101 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:59:01
英智は本当に綺麗に受身を取るなぁ
カブは歩かせていいぞ・・・

104 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:58:59
ヒデノリは柔道でもやってたんか?

105 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:59:05
回転するのは人工芝で怪我しないようにだろ、解説者よ

110 名前:燃えよ名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/06/14(水) 20:59:07
実況「とったあとの前回り受身がきれいでした」

-
060//06/15thu.インボイス西武ドーム/9,946人

久々に二桁安打。佐藤充四連続完投の五連勝

中日 100103011 佐藤充 − 谷繁
西武 000010000 許/宮越/山岸 − 細川/田原

1[二]森野/2[遊]井端/3[中]福留/4[一]ウッズ/5[左]アレックス/6[指]高橋光/7[右]上田/8[捕]谷繁/9[三]渡邉/[投]佐藤充

小雨の所沢、観客9,946人。立浪スタベン。しかしなんで佐藤のときばかり点がとれるのか。福留ソロ、ウッズ右へソロ、左へ2ラン、さらに谷繁スクイズで5点目、八回谷繁タイムリー、九回福留犠飛。佐藤は四回までを12人で片付け、五-八回に8安打を許すがわずか98球1失点1四球の四連続完投/無傷の五連勝。中日の投手の四連続完投は94年の山本昌以来。球団記録は55年の石川克彦、61年の権藤博の五連続。プロ野球記録は89年巨人斉藤雅樹11試合連続完投勝利、すげー。

文化放送、ライオンズベンチ情報:「佐藤充の球は手元で動く。スライダーとフォークの見分けがつかない」。ドラゴンズベンチ情報(スタンド情報だったかも」):「イニングの変わり目にマウンドに向かうピッチャーの表情を読み取ってお伝えするのも私の仕事なんですが、この佐藤という人は、こんなに読めないピッチャーは初めて見ますね」「表情変わらないんですか」「いや、表情変わらない人はけっこういるんですけどね、この人の場合基本が笑顔なんですよ。さっきも、たぶん知り合いの方だと思うんですけどスタンドから声が飛んで、そうしたら満面の笑みでそっちを見て手を振るんですよ。珍しいですよこういうピッチャーは」

落合博満:「今日勝ったことできのうの引き分けが生きる。今日負けてたらきのうの引き分けは負けに等しい。今日は勝ったから昨日の引き分けも勝ちだ。それにしても交流戦長かったな。あと3試合か」やっぱほんとうに交流戦が嫌いらしい。(佐藤充について)「最初の頃とは別人みたいだ。堂々と投げている」(一人で投げ抜いて大きい?)「大きいなんてもんじゃないよ。今日使えるピッチャーが何人いると思ってんだ」。阪神が楽天に競り負け、今年初めて2位に1ゲーム差ついた。巨人は連敗がようやく8で止まる。チームは移動日なしで名古屋に戻る。

-
061//06/16fri.ナゴヤドーム/29,172人

マサ2年ぶりの完封、完勝。やっと金曜日に勝てた。

博多 000000000 杉内/佐藤/竹岡 − 山崎
中日 12010000X 山本昌 − 谷繁

1[二]森野/2[遊]井端/3[右]福留/4[一]ウッズ/5[左]アレックス/6[三]渡邉/7[中]英智/8[捕]谷繁/9[投]山本昌

東海ラジオ解説鈴木孝政、杉内は不調だ去年とは明らかに違う制球がおかしい自信がみられないフィールディングまで変だいまのなんかふつーのピッチャーゴロですよ心ここにあらずって感じですよダメですねまわりが見えてないんでしょうねアップアップですねえ苦しいですよ、と連呼する。確かにボールが多い。初回二死から2四球もらってアレックスレフト前タイムリー。二回谷繁2ベース、送って二死三塁から井端タイムリー、福留ふらふらっとポテンタイムリー、さらに福留四回もタイムリー。

一方、去年はオフに体を休め過ぎたのが失敗だった、今年はほぼ休みなしで体を動かして来たのがいいんじゃないか、と語る山本昌40歳、素晴らしい安定感でスイスイ快投、ちょっとピンチもあったけど、あっさり二年ぶりの完封勝利。113球・散発三安打・十奪三振。王貞治:「いやー、マサが良過ぎたねー、全部低めに来てたからねー。打てそうな球は九回森本がヒットを打った、あの一球くらいだったね。きのうの斉藤和己を見てるようだった。あれだけいいピッチングをされると打てないね。それに引きかえ杉内は...(沈黙)コントロールに差があり過ぎた」

落合博満:「やっと移動日の金曜日に勝てたな。気にはしていなかったけど、ずっと負けていたからな」(昌について)「先に点を取ってやれば、のらりくらり投げてくれる。打てそうだけど打てない。しゃかりきになることはない」 (六回にマウンドに行ったのは)「テンポが良いのと間合いが早いのは違う。六回はちょっとずつ間合いが早くなった。あれが勝てていないピッチャーの姿かな。これで、パリーグが嫌だというのを頭の中で消してくれればいいんだけど」 「欲を言えば、あと1点あれば楽になったんだけどな。 御の字でしょう」

マサ:(九回に三振取ってれば40代としては史上初の毎回奪三振)「えーッ毎回だったの? 知ってれば狙ったのに。もう、早く言ってよ」それでも、完封勝利だけでも40代としては史上6人目だそうだ。40代による二桁奪三振は過去9度あり、うち6回が工藤公康、2回が村田兆治、あと大野豊。この日の昌が史上4人目にして史上十度目。

-
062//06/17sat.ナゴヤドーム/◆38,117人(今季最多だそうだ)

朝倉六勝。

博多 000000100 田之上/三瀬/佐藤/竹岡 − 的場/山崎
中日 10021100X 朝倉/岡本/高橋聡/デニー/鈴木/岩瀬 − 谷繁

アレックスタイムリー朝倉タイムリー立浪犠飛谷繁HRと快調に四点リード、こりゃようやく朝倉も完投か、と思われた六回、先頭大村にこの日初の四球。しかし川崎をゲッツー。ところがしかし、柴原に何故かストレートの四球。さらに松中に内野安打打たれたところで怖い顔してオレ竜登場、岡本に交代。嗚呼。うなだれる健太。まあ中継ぎが休み過ぎってこともあったんだろうけど。

朝倉:「序盤はテンポよくいけたが、バランスを崩してリズムが悪くなった部分もあった。シーズンは長いが、ローテを守りたいと思います」。落合博満:「今日のヒーローは朝倉か。他にいないのか。うちの中継ぎは人がいい。どうしても岩瀬にセーブをつけたいらしい。投手複数使えば出来の悪いピッチャーもいる。最後はいっぱいいっぱい。とりあえず先発に白星がついて、岩瀬にセーブが付くのはいいこと。朝倉のタイムリーが効いた。投手もバッターボックスに入れば9人目の打者なんだ」

奈良原浩(38歳内野手)を日本ハムから獲得。金銭トレード。背番号95。帝京高校→青山学院大→1990年西武ライオンズ2位指名、守備力に定評があり主に代走・守備固め要員として西武黄金時代を支えた。1997年オフ、西崎幸広投手との交換トレードで石井丈裕投手とともに日本ハムに移籍すると打撃も向上し、スタメンで起用されることも多くなった。安定した守備に加え、犠打・盗塁等小技も巧く、『職人』『いぶし銀』の言葉が非常によく似合う選手である。とWikipediaに書いてある。今季は二軍でもほとんど試合に出てないらしい。落合博満:「1枚加われば、いろんな動きができる。今のウチは若い選手を育て上げるよりも、すぐに使える選手が必要。練習を見て、状態がよければ、巨人戦からだれかと入れ替える」。森岡ってそこまで評価低いのか・・・

うちのグラフが正しければ、本日17日の時点で、パで六月以降勝ち越している唯一のチームは楽天ゴールデンイーグルスである。ことにいま気付いた。

-
063//06/18sun.ナゴヤドーム/◆37,836人

19三振。判定で全部流れが。まあ上出来だけど。

博多 102010000 神内/三瀬/吉武/篠原/藤岡/マハラ − 山崎
中日 000100000 小笠原/鈴木/平井/岡本/デニー − 谷繁

中日は19三振を喫し、1試合チーム最多三振のプロ野球タイ記録。セでは中日が2005年4月6日のヤクルト戦で記録して以来2度目、パは過去1度。ソフトバンクも10三振し両チーム計29三振もプロ野球タイ。過去にセ、パ1度ずつ記録。交流戦では2005年5月18日の西武(14)と阪神(13)の計27を更新する最多記録となった。と毎日新聞に書いてあったけど、しかしこういうことを記事にするなら、審判の名前も明記すべきじゃないか。球審井野修が両チーム計29三振のプロ野球タイ記録を打ち立てた、のかも知れないんだから。

落合博満:「いくつ三振とられた? 19か。記録じゃないか?あと一つか。もう一ついっとけばよかったんだ」「ソフトバンクは力があるんだ。3つ勝つのは大変だよ」(五回ツーアウト1塁バッター福留、ノースリーから球審井野修、三球ストライク判定)「ゾーンが広かったな。審判がストライクと言えばストライクだから言ってもしょうがないが、あれで全部流れが変わった」(交流戦の成績について)20勝15敗1引き分け、上出来じゃないか。来年はもっと勝つよ。パ・リーグにも慣れたからな」。監督がご機嫌だとうれしいなあ。去年、交流戦が終わった日

「総括はしないよ。これまでだってシーズンの途中で総括はしてこなかった」「リーグ戦に入らないと、どうなるか、それはわからない」「交流戦前に、やってみなければわからないと言ったが、終わってみても、まだわからないもの」

なんて言ってたのとはエライ違いだ。「来年はもっと勝つよ」。続投宣言か。

-
06/19mon.

「危なっ!」

プレーしながらなのか、オーロラビジョンのリプレイを見てなのかその両方なのかわからんけど、森岡は試合中によく「危ない」「危なっ」とか自分で言うらしい。森岡の守備について聞かれた井端いわく:「自分で言ってるぐらいですから、危なっかしいんじゃないですか(笑)」だそうだ。「今のはどうだったか、とかよく話しかけてくるので、緊張し過ぎずやれてるんだなー、とは思う、その辺は珍しいと思う」とも。「オレが森岡の立場だった頃、自分から立浪さんに話し掛けるなんて想像もできなかった。森岡は図太いというか、オレが舐められてるっちゅーか」というような意味かsr。PAOPAOさんのところで読んだ。

この日一軍は一ヶ月ぶりの全面休養日だったが、森岡はナゴヤ球場でマシン打撃に励んだ。「落とされるなら僕ですから。頑張るしかない」とトーチュウにある。しかし奈良原は基本的に守備要員で獲ったんだから、打つ練習より「危なっ」をなんとかするのが先だろ、と思うんだが。文化放送ライオンズナイター中川充四郎ブログより。

6月21日 (Wed)

先週の中日戦の試合前の練習中の話。私と伊東監督が雑談していたら、中日・森繁和コーチが現れた。単なる挨拶と思ったら、いきなり「誰か内野手いない?」と森コーチ。荒木をケガで欠いてるので、守備のいい選手を探しているとのこと。しばし、双方の選手の名が挙がったが、(中略)そのうち、日本ハム・奈良原がヒルマン構想から外れている話題になった。(中略)数日後に「トレード決定」のニュースが流れた。

阪神が日ハムに勝ってゲーム差0.5。

-
06/20tue.

先月、井端が監督と酒を酌み交わして人生を語らった、とかいう話題があったけど、井端によるとそれは別に珍しいことじゃなく、ただ「僕の調子が上がってこないから」「多くなってきただけ」である、「野球の話はしてないですよ、ほとんど」「たぶん探ってるんじゃないかと思いますけど」とのこと。「それにしても交流戦長かったな」なんて監督が言うのは監督が交流戦嫌いだからかと思ってたけど、井端も高木守道さんも長かったと言う。環境が違うとか移動距離が遠いとか、そういう状態がなんか、長いんだそうだ。これもPAOPAO ドラワル情報

阪神がロッテに勝ってゲーム差0。しかし5厘差でうちがセの首位を保ったまま交流戦終了。順位が気になるのは去年の交流戦終了時点の順位がセ・パとも、最終順位と非常に強くリンクしていた(セの三位⇔四位以外は完全一致)からだが、ちなみに2004年の同じ時期を見てもそうかと言えば、そうでもない。2004年6月20日のヤクルトなんか最下位だが、最終順位は三位だ。去年が特殊だったのかおととしが特殊だったのか、データが少な過ぎてわからない。

-
06/21wed.

「すでにプロレベル」

森岡良介22歳。明徳義塾高では1年からレギュラーで甲子園に4度出場。主将として3番ショートで出た2002年夏の甲子園で、明徳義塾高初の優勝に貢献。ドラフト会議で指名された甲子園の星達には「天才打者」「名門・明徳 義塾で、1年生からレギュラーを獲得し、甲子園を沸かせた天才肌」「特筆すべきは守備で、高校3年のセンバツ・福岡工大城東戦では、軽快なフットワークで再三にわたりヒット性のゴロを好捕し、『守りだけだったらプロでも即戦力』と、高い評価を得た」とある。それが4年間プロでやって未だに「危なっ」なのか。「プロでも即戦力」とか「すでにプロレベル」とかで検索すると野球やサッカーの有望新人情報が膨大な数ヒットする(「だけならプロレベル」で検索したら、「海老剥きだけならプロレベル」という人がみつかった)けど、アテにならんと言うか、しかしおそろしい世界ですね。オレはプロ野球選手を目指さなくて本当によかったよ。

-
06/22 thu.

交流戦防御率ダントツ1位の2.07

2年目を迎えた交流戦は20日に全日程を終了した。昨年交流戦で15勝21敗と急失速し阪神に首位の座を明け渡した中日は、今年20勝15敗1分けと5つの貯金を稼ぎ、セ首位に躍り出た。昨年の反省を生かし、スコアラーの配置転換などデータ収集を徹底強化。また期間中に5勝を挙げた佐藤充投手(28)ら新戦力の台頭が原動力となった。

昨秋、落合監督は監督付きの田中スコアラーと交流戦でのスコアラー分担を練り直した。初年度はパ専門のスコアラーを1人配置。あとはセ5球団のスコアラーが担当球団に張り付き、そのチームが対戦するパの各球団を分析するスタイルだった。今季は期間中に限りセ担当チームを離れ、パの特定球団を密着マーク、より詳細なデータを収集させた。「責任感が違う。昨年のやり方だと特定球団に負け越した時に責任の所在があやふやだった。パは捕手を使い分けているチームが多いのでリードのクセを見ることができたし、先発ローテーションも2回りは見られた」と田中スコアラー。ロッテに敵地で3連敗した直後には担当スコアラーを変更。12球団最多、総勢11人の007を総動員し情報戦で優位に立った。

新星の出現はデータ不足のパを戸惑わせた。3年目の佐藤充が交流戦前に1軍昇格すると、5月18日のオリックス戦から無傷の5連勝。過去2年間で20イニングしか登板していない右腕はテークバックで1度ヒッチするタイミングの取りづらいフォームで打者をナデ斬りにした。「味方の守備と打線の援護のおかげ。セでもあまり投げてないから交流戦とか考えずに自分の投球をすることだけを考えた」と佐藤充。エース川上らも力投し、期間中のチーム防御率2.07はダントツだ。データに泣いた昨年の失敗を、会心の戦略ではね返した。(スポニチアネックス)

昨年の中日の二の舞いは演じない、が合言葉

「中日は去年なんでダメだったんだろう?情報が少なかったらしいね。うちには尾花(投手総合コーチ)もいるし、小関も小坂もスンヨプもいる」。交流戦開幕を控えた8日、巨人・近藤ヘッドはと、パ・リーグからの移籍組が持つ情報をフル活用する考えを示した。昨季、中日は交流戦前が20勝9敗ながらパ球団との対戦で15勝21敗と失速した。巨人もここまで21勝9敗2分けと絶好調。だからこそ移籍組の豊富なデータを駆使してヤマを乗り切る構えだ。(デイリースポーツ)

交流戦前にはこんな記事もあったけど、今年の巨人は13勝23敗という怖ろしい成績に終わった。

▼育成選手竹下哲史23歳は今年中に支配下選手に昇格することをひそかに夢見ていたので、奈良原の加入で70人枠がいっぱいになったことにショックを受けている。しかしクヨクヨしてばかりもいられない。今はファームでリハビリ中の荒木が身近にいる。「ボールへの入り方、スタート、足の運び…。どれもすごい。少しでもマネできるように、見ています」(ドラ番記者)

▼サッカーの第18回ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で22日夜(日本時間23日未明)、日本はドルトムントW杯競技場で1次リーグF組最終戦を行い、歴代最多5度の優勝を誇るブラジルに敗れた。日本は2敗1分けの勝ち点1で同組2位に入れず、前回の日韓大会に続く2大会連続の決勝トーナメント進出は成らなかった。(時事通信)

-
064//06/23fri.ナゴヤドーム/◆37,635人

巨人は弱くない。必死で勝った。奈良原デビュー。

巨人 100100000 パウエル/前田/真田 − 実松/加藤
中日 301000000 川上/岩瀬 − 谷繁

1[二]森野/2[遊]井端/3[右]福留/4[一]ウッズ/5[左]アレックス/6[三]渡邉/7[中]英智/8[捕]谷繁/9[投]川上

[左]清水/[二]小坂/[遊]二岡/[一]スンヨプ/[中]由伸/[三]小久保/[捕]阿部/[右]亀井
[左]清水/[中]鈴木/[遊]二岡/[一]スンヨプ/[三]ディロン/[右]小関/[二]木村拓/[捕]實松
上が巨人の開幕スタメン、下が今日のスタメン。小久保裕紀と高橋由伸と阿部慎之助が怪我で離脱(ちなみに亀井も四月に肋骨骨折したけどもう直ってる)。キャッチャー村田善則も怪我。広島からキムタク、日ハムから實松を緊急補強。巨人の場合開幕前に解説者が「今年はこそはまさに史上最強ですよ」と断言する、ということがもう十年以上(?)続いており、もちろん今年(ローズ、清原を放出してスンヨプ獲得)もそういう声は多かったんだが、もー何がなんだかわからん可哀想なチームになってしまった。

それにしても今日はなんだか怖ろしいほど客が入ってるぞ。憲伸は初回一死後四球HHで1失点。しかしその裏、ドメまで三連打で1点、ワイルドピッチで2点、ウッズ四球で満塁、アレックスタイムリーで3点。まだ無死二三塁、何点入るんだよと思われたが、ナベ一ゴロ、英智スクイズ失敗ゲッツー。三回福留閃光ソロ15号。四回スンヨプ24号。七回二死満塁代打立浪(ついでに代走奈良原)とゆーところが盛り上がったけど、右飛。最終回岩瀬。サード川相42歳、セカンド奈良原38歳の高齢ファイナルフォーメーション、三振二ゴロ二ゴロであっさり。

川上:「今日はフォームに問題があって、自分の本来の投球が出来なかった。手探りで8回までもたせた」。落合博満:「こんな悪い川上は今年初めてだった。中9日は空き過ぎたかな。あれだけボールが抜けて、それでもなんとか2点で抑えるんだから大したものだ。1回すぐに逆転したのが大きい。奈良原が入って打つ手が広がった。巨人は弱くない、強い。必死で勝った。リーグ戦再開後の1勝は大きい」す、素晴らしい。個人的には理想の監督コメントだ。こんなまともで殊勝なのはこの二年半で初めて見た。選手を称え、相手を持ち上げ、前向きの展望で締める。本気でもウソでもいいからこの路線で行ってくれ。