勝敗グラフ
| 3-4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 激闘日本シリーズ |
July 2011 season 07/01 →07/31
入場者数が35,000人を超えると、自動的にこの色◆で表示します。

-
055//07/01fri. vs巨人4回戦/東京ドーム18:00開始/ ◆39,317人/3時間2分

9回2死から代打堂上剛走者一掃逆転打。1点勝負でいつも岩瀬ばかり使えない。

中日 000000104 吉見/岩瀬/浅尾 - 小田/小山
巨人 010000011 内海/ロメロ/久保 - 阿部
○吉見7勝2敗0S/●ロメロ0勝3敗11S/S浅尾3勝1敗3S
[巨人]高橋由2回3号ソロ/大村8回1号ソロ
[遊]荒木/[二]井端/[三]森野/[左]和田/[一]グスマン/[中]平田/[右]小池/[捕]小田/[投]吉見
[遊]坂本/[三]亀井/[中]長野/[左]ラミレス/[一]小笠原/[右]高橋/[捕]阿部/[二]脇谷/[投]内海

中日は1点を追う9回表、四球と連打で満塁の好機を迎えると、代打・堂上剛の走者一掃となる適時三塁打で逆転に成功。その後も、相手の暴投で加点すると、最後は岩瀬、浅尾の継投で逃げ切った。巨人は大村が移籍後初本塁打を放つも、救援陣が4失点と大誤算だった。

普段はめったにベンチを動かない中日・落合監督がこの日は初回から動いた。2死から長野に四球を与えた吉見が、判定にやや不満げな態度を見せると今季初めてマウンドへ。気合が入りすぎていた右腕に「そうカリカリするな」と頭を冷やさせた。1点を追う9回2死満塁からは代打攻勢を仕掛け、堂上剛の逆転打を生み出した。「若いもんが上にしがみつくために一生懸命やってんだ。代わりはいるけど競争はさせるよ」。土壇場の逆転劇で貯金は2。落合竜に勝負強さが戻ってきた。

岩瀬が九回2死一二塁のピンチを招き坂本を迎えると、自らマウンドに赴き浅尾への交代を告げた。リードした場面で岩瀬→浅尾の交代は今季初。浅尾「岩瀬さんの後だし、絶対失敗できなかった」。岩瀬「代えられてうれしい選手はいない。チームが勝つことを最優先してやっている」。監督談:「聞きたいことはわかっている。オールスターの後のことを考えないとな。連戦、連戦で岩瀬ばかりは使えない。だからといって、これから浅尾と岩瀬を逆にする、そういう訳ではない。

-
056//07/02sat. vs巨人5回戦/東京ドーム14:00開始/ ◆40,034人/2時間58分

勝ち負けの責任は監督にある。そのうち勝ち運も出てくるだろう。

中日 000001000 チェン - 小山
巨人 00001001X 西村/越智/山口 - 阿部
○山口1勝0敗2S/●チェン2勝6敗0S
[巨人]長野8回8号ソロ
[遊]荒木/[右]野本/[三]森野/[左]和田/[一]グスマン/[中]平田/[二]井端/[捕]小山/[投]チェン
[遊]坂本/[三]脇谷/[中]長野/[左]ラミレス/[一]小笠原/[右]大村/[捕]阿部/[二]古城/[投]西村

巨人が接戦を制した。巨人は5回裏、相手の暴投間に1点を先制。直後に同点とされるも、8回に長野が値千金のソロを放ち、勝ち越した。投げては、今季初先発の西村が6回1失点の好投。8回から登板した山口が今季初勝利を挙げた。中日先発・チェンは長野への1球に泣いた。チェン「打ってくれとかは思っていない。自分の仕事をするだけ」。落合監督(チェンはよく投げましたね)「負けは負け。試合の進め方が悪かった。監督が悪かったということだ。勝ち負けの責任は監督が取るんだ。そのうち勝ち運も出てくるだろう」

-
057//07/03sun. vs巨人6回戦/東京ドーム14:00開始/ ◆40,323人/3時間12分

アライバスタメン落ち。岩﨑達郎/水田圭介/伊藤準規。駄目だ 勉強不足だ。

中日 300021000 伊藤/浅尾/岩瀬 - 小田
巨人 000000020 沢村/高木/ゴンザレス/アルバラデホ - 阿部
○伊藤準規1勝0敗0S/●沢村4勝6敗0S
[中日]和田1回7号3ラン/小池5回3号2ラン
[中]大島/[遊]岩﨑達郎/[三]森野/[左]和田/[右]平田/[一]小池/[二]水田圭介/[捕]小田/[投]伊藤
[遊]坂本/[三]亀井/[中]長野/[左]ラミレス/[右]高橋/[捕]阿部/[一]小笠原/[二]脇谷/[投]澤村

中日は3、4番以外は若手で固めたオーダーがはまった。前日に左足を痛めた荒木が欠場し、不振の井端も途中出場。落合監督就任以来、初めて「アライバ」コンビが2人ともスタメンを外れたが、終わってみれば先発野手全員安打で6得点を奪った。指揮官は「野手の方は言う必要ないでしょ」と口を閉ざしたが、助っ人のグスマンも外し、まるで2軍戦のような“軽量打線”で今カードの勝ち越しを決めた。落合監督(終盤のチャンスに得点できず)監督がスキを見せたらいかんな。準規が完投できたかもしれんのにな。あと1、2点取っていれば違っていた」

1回表、和田の3ランで先制。5回には小池が2ラン。今季初登板となった先発・伊藤が8回途中を2失点で今季初勝利。敗れた巨人は、先発・沢村が5回5失点と試合をつくれなかった。落合監督は快勝にも自省(伊藤が完投を逃し)「いかせてやりたかった。あと1、2点取っていれば違っていた。駄目だ、(自分が)勉強不足だ」。平田(今季初の5番に)「1打席目の後は冷静になれた」

-
058//07/05tue. vs阪神7回戦/ナゴヤドーム18:00開始/27,378人/3時間6分

やりましたーッッッッ!!!

阪神 000000000  スタンリッジ/榎田/小林宏 - 藤井彰
中日 000000001X 岩田/浅尾/河原 - 小山/小田
○河原1勝2敗0S/●小林宏0勝4敗0S
[右]マートン/[中]平野/[遊]鳥谷/[三]新井/[一]ブラゼル/[二]関本/[左]金本/[捕]藤井/[投]スタンリッジ
[中]大島/[遊]岩﨑/[三]森野/[左]和田/[右]平田/[一]小池/[二]水田/[捕]小山/[投]岩田

中日が接戦を制しサヨナラ勝ち。両チーム無得点で迎えた9回裏、中日は1死一二塁から小田のタイムリーで試合を決めた。9回に登板した3番手・河原が今季初勝利。河原「(3番手で1回無失点。2年ぶりの白星)延長に入ると思って何とかつなごうとしたら、小田が打ってくれた」岩田「(7回4安打無失点)抑えてやろうという気持ちが強かった。ストライクゾーンに思い切り投げたのが良かった」

落合監督(入ってきたとき最後のリプレイが流れていた)「たまには見せてくれ・・・あー、フォーク落ちてねえな」(小田が決めましたね)「ああいうお膳立てができるかどうかじゃないのか。たまたまそれが小田のところに回っただけで、他のバッターの可能性もあったよ。送りバントも(水田が)決めてくれたしね」

-
059//07/06wed. vs阪神8回戦/ナゴヤドーム18:00開始/28,197人/3時間3分

小池「マジで奇跡です」満塁弾で逆転!!中日3連勝

阪神 000012000 鶴/福原/川崎/渡辺 - 藤井彰
中日 00000500X ネルソン/小林正/河原/浅尾/岩瀬 - 小田
○小林正1勝0敗0S/●鶴0勝2敗0S/S岩瀬0勝0敗13S
[中日]小池6回4号満塁
[右]マートン/[中]平野/[遊]鳥谷/[三]新井/[一]ブラゼル/[二]関本/[左]金本/[捕]藤井/[投]鶴
[中]大島/[遊]岩﨑/[三]森野/[左]和田/[右]平田/[一]小池/[二]水田/[捕]小田/[投]ネルソン

3点ビハインドの6回裏、大島、岩崎達の連打などで無死満塁。和田押し出し四球。1死後小池が満塁弾を放ち逆転。7回からは河原、浅尾、岩瀬で逃げ切った。3連勝。

井端、荒木ら主力を先発から欠く打線にあって、小池が満塁弾。落合監督「野球は怖いな。打たれるのは何本も見たけど、うちのバッターが満塁ホームランを打つのは初めて見た。後は、小池に聞いてやってくれ」(チャンスを貰った選手が必死にやっていますね)「そりゃそうだよ。必死にやらないヤツがグランドにいちゃいけない。そういう世界じゃないか? ここに限らずね。今日は(ネルソン)自滅のパターンだけどな。」

-
060//07/07thu. vs阪神9回戦/ナゴヤドーム18:00開始/30,033人/3時間33分

10回まではいい試合。11回は草野球や。ありえないな。

阪神 00000000003 岩田/藤川/榎田 - 藤井彰
中日 00000000001 吉見/岩瀬/鈴木 - 小田
○藤川2勝0敗17S/●岩瀬0勝1敗13S/S榎田2勝2敗1S
[中]平野/[二]関本/[遊]鳥谷/[右]マートン/[一]ブラゼル/[三]新井/[左]金本/[捕]藤井/[投]岩田
[中]大島/[遊]岩﨑/[三]森野/[左]和田/[右]平田/[一]小池/[二]井端/[捕]小田/[投]吉見

阪神が延長戦を制し連敗を止めた。試合は両軍の先発が好投を見せ延長戦へ突入。迎えた11回表、阪神は鳥谷が二塁打を放つと、続くマートンの安打に失策が絡み先制。その後も守備の乱れなどから得点を重ね、このリードを守った。中日は2番手・岩瀬が誤算で4連勝ならず。

10回無失点の吉見の後を受けて、延長11回から登板した岩瀬が乱調。鳥谷、マートンに連打を許すと守備の乱れもあって失点。さらに自らの悪送球もあって2点目を失い降板した。1死も取れずに降板するのは09年の危険球退場を除けば04年の抑え転向後初の屈辱。「見ての通りです…。あした頑張ります」とうなだれた。落合監督(10回までは好ゲームでしたが)「11回は草野球。(小田・岩瀬のエラーや、バックホーム態勢にもかかわらず岩崎達が2塁併殺を狙うなど)有り得ない事が起こったなあ。若い選手はこうやって経験を積んでいけば良い。そう考えるしか、仕方がないな」

-
061//07/08fri. vs横浜10回戦/ナゴヤドーム18:00開始/27,475人/3時間6分

久しぶりなんでうれしいです。本当に気持ちがいい。

横浜 000000020 清水/大原慎/真田/藤江/篠原 - 細山田/新沼
中日 01000310X チェン/小林正/浅尾 - 小山/小田
○チェン3勝6敗0S/●清水0勝2敗0S/S浅尾3勝1敗4S
[遊]石川/[二]渡辺/[中]金城/[三]村田/[左]スレッジ/[一]中村/[右]下園/[捕]細山田/[投]清水
[中]大島/[遊]岩﨑/[三]森野/[左]和田/[右]平田/[一]小池/[二]井端/[捕]小山/[投]チェン

小池のタイムリーで先制。6回小山タイムリー、大島犠飛。自己ワーストの5連敗中だったチェンが7回1/3 を4安打2失点で3勝目。8回に2点を失ったが、7回までは1安打に抑える快投で5月26日ハム戦以来の白星。「久しぶりなんでうれしいです。今年はスピードがあまり出ないんで、低めのコースを狙った方がやられないと思って投げています」。その後は救援陣が見事な投球でリードを守りきった。

小池が今季初の1試合3安打。2回1死一塁では初球を振り抜き、左中間二塁打で先制点。6回は1死から左前打で出塁して2点目のホームを踏む活躍。「本当に気持ちがいい」とお立ち台で汗をぬぐった。

(監督、6回の3得点を振り返り)「 昨日のゲーム(延長11回の自軍の守備の乱れ)のリプレイを見ているようなもんだったな。 そういうゲームだよな、ハッハッハ。

-
062//07/09sat. vs横浜11回戦/ナゴヤドーム18:00開始/29,841人/3時間50分

よくこういう展開で。十分。

横浜 011110000 須田/大原慎/真田/藤江/小杉/篠原 - 細山田/武山
中日 00135000X 朝倉/ソト/河原/小林正/鈴木/武藤 - 前田/小山
○小林正2勝0敗0S/●大原慎2勝1敗0S
[中日]森野4回5号ソロ
[遊]石川/[二]渡辺/[中]金城/[三]村田/[左]スレッジ/[一]ハーパー/[右]内藤/[捕]細山田/[投]須田
[中]大島/[遊]岩﨑/[三]森野/[左]和田/[右]堂上/[一]小池/[二]井端/[捕]前田/[投]朝倉

中日は4-4で迎えた5回裏、無死一三塁の好機から森野が適時二塁打を放つと、さらに和田、堂上剛、井端にもタイムリーが飛び出すなど、打者一巡の猛攻で一挙5点を勝ち越した。4番手で登板した小林正が今季2勝目。先発朝倉が4回途中3失点で降板したが、鈴木、武藤が後半の4イニングをきっちり無得点で抑えた。落合監督「よくこういう展開で2人で4イニングいったんじゃない。十分」。井端2安打3打点「みんながつないでくれたので、流れに乗っていけた」

-
063//07/10sun. vs横浜12回戦/ナゴヤドーム15:00開始/29,343人/3時間1分

お勉強、お勉強。もっと勉強してもらおう。

横浜 000000300 三浦/江尻/牛田/山口 - 新沼/武山
中日 000100000 伊藤/小林正/三瀬/ソト - 小田/小山
○三浦1勝1敗0S/●伊藤1勝1敗0S/S山口1勝2敗16S
[遊]石川/[右]下園/[中]金城/[三]村田/[左]スレッジ/[一]ハーパー/[二]藤田/[捕]新沼/[投]三浦
[中]大島/[遊]岩﨑/[三]森野/[左]和田/[右]堂上/[一]小池/[二]井端/[捕]小田/[投]伊藤

伊藤は六回まで1安打と文句なしの内容だったが、1―0の7回に安打と2死球で1死満塁、迎えたのは代打中村。ストレートの押し出し四球で同点、続く代打稲田に左前打を許して2点を勝ち越された。「七回は低めに投げることができなかった」。前回登板に続いて完投を逃し、今回は黒星が付いた。期待の3年目右腕は「投げるスタミナが足りない」と課題を挙げ、7回にピンチで続投させた落合監督も「お勉強、お勉強。もっと勉強してもらおう」と奮起を促した。

-
064//07/12tue. vsヤクルト7回戦/神宮18:00開始/14,327人/3時間13分

やっと野球になってきた。もうちょっとで落ち着くんじゃないか。

中日 001111000 ネルソン/鈴木/ソト/河原/武藤 - 小田/小山
乳酸 03021000X 七條/押本/松岡/バーネット/林昌勇 - 川本
○七條2勝0敗0S/●ネルソン6勝5敗0S/S林昌勇3勝0敗18S
[中]大島/[遊]岩﨑/[三]森野/[左]和田/[右]堂上/[一]小池/[二]荒木/[捕]小田/[投]ネルソン
[中]青木/[二]田中/[一]ホワイトセル/[左]畠山/[右]バレンティン/[三]宮本/[遊]川端/[捕]川本/[投]七條

ヤクルトは2回裏、川端と青木のタイムリーで3点を先制する。1点差とされて迎えた4回には青木、田中の連続タイムリーで2点を追加。続く5回には、再び川端のタイムリーで追加点を挙げた。先発・七條は5回3失点で今季2勝目。中日は先発・ネルソンが4回5失点と誤算だった。

昨季、遊撃にコンバートされた中日の荒木が、今季初めて二塁で先発出場した。荒木が今月上旬に左脚を痛めて欠場した間、代わって遊撃を守った岩崎達が安定したプレーを見せていたのに加え、二塁を守る井端が調子を落としていることもあり、荒木が2年前までのポジションに戻ることに。今回の措置について聞かれた落合監督は「やっと野球になってきた。もうちょっとで落ち着くんじゃないか」。チームの安定につながるとの考えを、独特の言い回しで表現していた。

-
065//07/13wed. vsヤクルト8回戦/神宮18:00開始/16,548人/4時間9分

失敗して、成功して。それでいいんじゃない。

中日 210000002 0  吉見/河原/三瀬/武藤/浅尾/岩瀬 - 小山/小田
乳酸 100400000 1X 館山/久古/松岡/バーネット/林昌勇/押本 - 相川
○押本1勝1敗1S/●浅尾3勝2敗4S
[中日]森野1回6号2ラン/森野9回7号2ラン / [ヤク]畠山4回11号2ラン
[中]大島/[遊]岩﨑/[三]森野/[左]和田/[右]平田/[一]小池/[二]荒木/[捕]小山/[投]吉見
[中]青木/[二]田中/[一]ホワイトセル/[左]畠山/[右]バレンティン/[三]宮本/[遊]川端/[捕]相川/[投]館山

最終回、森野が林昌勇から劇的同点2ラン。しかし延長十回、2イニング目の浅尾が二死無走者からバレンティン左前安打、宮本3ゴロ失また森野だよ、代打宮出に四球で二死満塁。ここで岩瀬。相川右前サヨナラタイムリー。3連敗。

落合監督が指摘したのはサヨナラ負けを喫した場面ではなく、そこまでの不用意な失点だった。4回、先発の吉見が四球を与えた直後に同点2ランを浴び、さらに続いたピンチでは岩崎達の失策で勝ち越しを許した。落合監督「経験をしなきゃいけないメンバーばかり。失敗して、成功して。それでいいんじゃないの。アイツらはこれから。もっととんでもないミスやってるのいっぱい見てるもん」と話した。

-
066//07/14thu. vsヤクルト9回戦/神宮18:00開始/15,261人/3時間48分

引き分け? いいじゃん。

中日 010100000 0 チェン/小林正/鈴木/河原/岩瀬/浅尾 - 小山/小田
乳酸 000002000 0 石川/松岡/バーネット/押本/久古 - 相川
[中日]森野2回8号ソロ/[ヤク]ホワイトセル6回10号2ラン
[二]荒木/[中]大島/[右]平田/[三]森野/[左]和田/[一]小池/[遊]岩﨑/[捕]小山/[投]チェン
[中]青木/[二]田中/[一]ホワイトセル/[左]畠山/[右]バレンティン/[三]宮本/[遊]川端/[捕]相川/[投]石川

首位攻防の第3戦は引き分けに終わった。2回表に中日が森野の2試合連続となるソロで先制すると、4回にも和田のタイムリーで加点。対するヤクルトは6回、ホワイトセルの2ランで同点とする。その後は両チームとも小刻みな継投で相手打線を封じ、スコアボードに0を並べた。

今季初めて4番に置いた森野が2回に先制ソロを放ち、打撃不振により4番から5番に下げた和田も2安打。打順組み替えは的中したが、今季1勝7敗だった鬼門の神宮でまたも白星はつかめなかった。落合監督(引き分けの結果に)「いいじゃん。それ以上何かある?」と指揮官。(打順入れ替えについて)「ベンちゃん(和田)は長年5番を打ってきたんだから、一番居心地のいいのは5番なんだ。森野はどこでも打てる」

-
067//07/15fri. vs広島7回戦/ナゴヤドーム18:00開始/29,022人/2時間35分

バリントンみたび。今季11度目の零敗。

広島 000014010 バリントン/今村 - 石原
中日 000000000 川井/鈴木/ソト/武藤 - 小山/前田
○バリントン9勝4敗0S/●川井3勝3敗0S
[広島]井生5回1号ソロ/栗原8回2号ソロ
[二]東出/[遊]木村/[左]丸/[一]栗原/[中]赤松/[三]小窪/[右]井生/[捕]石原/[投]バリントン
[二]荒木/[中]大島/[右]平田/[三]森野/[左]和田/[一]小池/[遊]岩﨑/[捕]小山/[投]川井

敗れた中日は投打に精彩を欠き4連敗。17日ぶりに先発の川井は6回途中でマウンドを降り、5失点で3敗目を喫した。6回は失策がつかない守りのミス(記録は野選)も絡んで4失点。前回6月28日の横浜戦は7失点で2軍降格。雪辱を期した今回、名誉挽回とはいかなかった。9連戦の4試合目で中継ぎを休ませることもできず「先発投手として中途半端なところで代わり、中継ぎに迷惑をかけた」と責任を背負い込んだ。

落合監督は「一人のピッチャー(バリントン)から3試合で1点しか取れないと3連敗するさ」とだけ語り、早々と会見を切り上げた。バリントンには4月29日に来日初完封を献上。6月24日も8回1得点で連敗を喫した。この試合も8回まで4安打無得点。94球でお役御免となる余裕を見せつけられ、完敗となった。

中日は15日、育成選手の木下達生投手(183センチ87キロ右投げ右打ち23歳)を支配下選手登録した。背番号は97。ナゴヤドームで記者会見した木下は「小さいころからの憧れのチーム。1軍の勝利に貢献することが目標」と笑顔で抱負を語った。木下は名古屋市出身で、愛知・東邦高から高校生ドラフト3巡目で2006年に日本ハムに入団。昨年オフに戦力外となり、中日の入団テストを受けて育成選手として加わった。通算成績は7試合で2勝2敗。

-
068//07/16sat. vs広島8回戦/ナゴヤドーム18:00開始/29,186人/2時間48分

また港に戻って来ちゃった。

広島 001120000 ソリアーノ/豊田/岸本/サファテ - 倉
中日 020000000 岩田/久本/三瀬/河原 - 小山/小田
○ソリアーノ1勝1敗0S/●岩田0勝4敗0S/Sサファテ1勝1敗21S
[広島]丸5回5号2ラン / [中日]和田2回8号2ラン
[中]赤松/[遊]木村/[左]丸/[一]栗原/[右]松山/[三]小窪/[二]松本/[捕]倉/[投]ソリアーノ
[二]荒木/[中]大島/[右]平田/[三]森野/[左]和田/[一]小池/[遊]岩﨑/[捕]小山/[投]岩田

2回に先頭森野左前打、和田先制8号2ラン。だが3回以降は2安打と淡泊な攻撃で逆転負けし、6月29日以来、再び貯金が底をついた。1分けを挟んで5連敗。この日勝った3位阪神とのゲーム差は 1.5 に縮まった。落合監督は「また港に戻って来ちゃった。またあした、出港しないとな」と独特の言い回しで再出発を誓った。

-
069//07/17sun. vs広島9回戦/ナゴヤドーム15:00開始/32,370人/3時間12分

五割陥落。海から上がって、ドック入りしちゃったよ。塗装し直さないといけないな。

広島 201002000 篠田/今村/青木/岸本 - 倉
中日 000000000 伊藤/武藤/小林正/木下/三瀬 - 小田/小山
○篠田3勝3敗0S/●伊藤1勝2敗0S
[中]赤松/[遊]木村/[左]丸/[一]栗原/[右]松山/[三]小窪/[二]松本/[捕]倉/[投]篠田
[二]荒木/[遊]岩﨑/[右]平田/[三]森野/[左]和田/[一]小池/[中]大島/[捕]小田/[投]伊藤

今季12度目の零敗。1引き分けを挟んで泥沼の6連敗で借金1。落合監督にとって2007年に喫したワースト記録に並ぶ連敗となった。落合監督(会見場に入ってくるなり)「昨日の続きを話さないとな。海から上がったな。ドック入りしてしまったよ。ドック入りしたってことは塗装しなきゃいけないってことだ。準備をしないと海には戻れない。スタメンの変更は、調子が良い悪いだけじゃない。使えない奴は下に行くしかない。オールスター休みを上手く使ってな」

落合竜に衝撃…吉見 出場選手登録抹消

中日の吉見一起投手(26)が17日、出場選手登録を抹消された。球団方針で詳細は不明ながら、肩、肘の疲労を考慮したものとみられる。監督推薦で選出されているオールスターゲームの出場も微妙。チーム最多7勝の右腕は「何も答えられないんで、僕に聞かないでください」と言い残し、広島戦の間にナゴヤドームを後にした。

7日阪神戦で10回を132球。そこから中5日の13日ヤクルト戦は今季最短の5回5失点KOだった。この日はキャッチボールだけでブルペンには入らず、異変があったもよう。登録抹消中でも球宴出場はできるが、辞退すれば規定により球宴後10試合に出場できない。動向が注目される。

-
070//07/18mon. vs巨人7回戦/東京ドーム14:00開始/ ◆40,282人/3時間16分

ソト初先発5回4安打1失点初勝利。

中日 020300002 ソト/河原/小林正/浅尾/岩瀬 - 小山/小田
巨人 100000000 グライシンガー/越智/金刃/アルバラデホ - 阿部
○ソト1勝0敗0S/●グライシンガー1勝5敗0S
[巨人]高橋由1回4号ソロ
[右]小池/[遊]岩﨑/[中]平田/[三]森野/[左]和田/[一]佐伯/[二]井端/[捕]小山/[投]ソト
[遊]坂本/[左]高橋/[一]小笠原/[中]長野/[右]大村/[捕]阿部/[三]フィールズ/[二]藤村/[投]グライシンガー

ソトが初先発の起用に応え、5回4安打1失点で来日初勝利を挙げた。「ポイントはコントロール。コースに投げられた」と話すように無四球で、140キロ前後の直球を軸に安定した投球だった。中継ぎで11試合に登板し、好投を続けていた。試合前の練習中に先発を言い渡され、同僚のネルソンに「リラックスして投げろ」と励まされたという。

中日は先制された直後の2回表、小山の押し出し四球、ソトの内野ゴロの間に得点し、逆転に成功。さらに4回には小池、平田のタイムリーなどで3点を追加した。投げては先発・ソトが5回1失点で来日初勝利。6回からは4投手の継投で巨人打線を封じ、連敗を6で止めた。

-
071//07/19tue. vs巨人8回戦/新潟18:00開始/20,350人/3時間3分

青いリンゴが熟すまで、経験を積んでくれれば

中日 000000100 ネルソン/河原 - 小山
巨人 00000200X 内海/久保/東野 - 阿部
○内海10勝2敗0S/●ネルソン6勝6敗0S/S東野2勝8敗2S
[巨人]阿部6回8号ソロ
[二]荒木/[遊]岩﨑/[中]平田/[一]森野/[左]和田/[右]小池/[三]井端/[捕]小山/[投]ネルソン
[遊]坂本/[左]高橋/[一]小笠原/[中]長野/[右]大村/[捕]阿部/[三]フィールズ/[二]藤村/[投]内海

6回裏、阿部のソロで先制を許し、さらに2死一塁から藤村の右飛を小池が落球。その間に1点を献上した。直後に1点返すも、8回から久保、東野。7回1失点の内海が10勝目。落合監督(小池のエラーに)「いいんじゃないの。青いリンゴが熟すまで、経験を積んでくれれば」(前半戦終了時点での貯金なし確定。落合政権では初めて)「今年は消化している試合数が違うもん」

-
072//07/20wed. vs巨人9回戦/新潟18:00開始/20,800人/3時間36分

前半終わって借金2。別にいいじゃん。

中日 000000001 0  チェン/浅尾/河原/岩瀬 - 小山/小田
巨人 000000100 1X ゴンザレス/山口/久保/東野 - 阿部
○東野3勝8敗2S/●河原1勝3敗0S
[二]荒木/[遊]岩﨑/[中]平田/[一]森野/[左]和田/[右]小池/[三]井端/[捕]小山/[投]チェン
[遊]坂本/[左]高橋/[一]小笠原/[中]長野/[捕]阿部/[三]フィールズ/[右]大村/[二]藤村/[投]ゴンザレス

土壇場で野本と和田の安打で追い付いたが、延長十回河原、岩瀬で1死満塁とされ、最後は阿部のサヨナラタイムリーを浴びた。球宴前の9連戦で1勝7敗1分けと大きく負け越し、借金2、首位ヤクルトとは8ゲーム差。22日には地元・名古屋で第1戦を開催するオールスターの指揮を執るが、先発予定の岩瀬とともに後味の悪さが残った。岩瀬「勝ちたかったけど、悔いはない」

落合監督(九回表の平田の送りバントについて)「当たり前じゃん。森野と和田で打ち取られたら、諦めがつく」(前半戦終了時点での貯金なしは落合政権で初めて)(前半戦終了時点での借金2について)「お前たちとは捕らえ方が違っている」「別にいいじゃん」

落合監督「日程過密で他球団もこれから苦しむ ヤマ場は9月」

中日の落合監督が22日、名古屋市内で白井オーナーらに前半戦の報告をした。レギュラーシーズンの半分の72試合を消化して2位ながら、34勝36敗2分けと、2004年から指揮を執って8シーズン目で初めて黒星先行で折り返した。白井オーナーによると落合監督は、「日程が過密で他球団もこれから苦しむ。ヤマ場は9月」などと後半戦の見通しを語った。同監督は今季で契約満了となるが、報告の席上で去就についての話は出なかったという。





-
ALLSTAR-1//07/22fri. 全セvs全パ1回戦/ナゴヤドーム18:05開始
全パ 111000100 寺原/武田勝/斎藤佑/森福/岸田 - 銀仁朗/嶋
全セ 00018000X 岩瀬/江尻/榎田/久保/山口/サファテ/林昌勇/浅尾/藤川 - 相川/石原
[全パ]稲葉3回1号ソロ/[全セ]荒木5回1号2ラン/畠山5回1号3ラン/バレンティン5回1号2ラン/長野5回1号ソロ
○山口1勝0敗0S/●武田勝0勝1敗0S
[遊]川﨑/[二]本多/[指]稲葉/[一]小久保/[三]松田/[左]中田/[中]糸井/[右]坂口/[捕]銀仁朗
[左]マートン/[中]青木/[一]畠山/[三]村田/[指]バレンティン/[右]長野/[二]井端/[捕]相川/[遊]荒木

全セは1-3で迎えた5回裏、荒木の2ランで同点とすると、さらに畠山、バレンティン、長野にも本塁打が飛び出し、一挙8点を奪う猛攻を見せた。投げては、先発・岩瀬から9回の藤川まで、1イニング1投手の継投で全パ打線を4点に抑え、全セが見事な逆転勝利を飾った。

-
ALLSTAR-2//07/23sat. 全パvs全セ2回戦/QVCマリン14:00開始
全セ 000011001 館山/榎田/吉見/沢村/久保 - 阿部/相川
全パ 20010010X 唐川/杉内/牧田/増井/平野/武田久 - 里崎/嶋
[全セ]坂本5回1号ソロ/[全パ]中村1回1号2ラン/中村4回2号ソロ
○唐川1勝0敗0S/●館山0勝1敗0S/S武田久0勝0敗1S
[遊]坂本/[中]青木/[左]マートン/[捕]阿部/[指]村田/[一]畠山/[右]長野/[三]宮本/[二]平野
[遊]中島/[二]井口/[一]小久保/[三]中村/[指]山﨑/[左]中田/[中]糸井/[右]坂口/[捕]里崎

全パは1回裏、中村の2ランで先制すると、4回にも中村の2打席連続となるソロで追加点を挙げる。2点を返されて迎えた7回には、代打・内川の適時二塁打でリードを広げた。先発・唐川はオールスター初登板で初勝利。全セは9回に1点差まで追い上げるも、あと一歩届かず。

-
ALLSTAR-3//07/24sun. 全パvs全セ3回戦/Kスタ宮城12:30開始
全セ 000000000 由規/山口/バリントン/内海/江尻 - 石原/阿部
全パ 20110100X 田中/ダルビッシュ/和田/摂津/斎藤佑/森福/増井/岸田 - 嶋
○田中1勝0敗0S/●由規0勝1敗0S
[中]青木/[三]宮本/[指]マートン/[左]畠山/[一]栗原/[右]バレンティン/[遊]坂本/[捕]石原/[二]渡辺
[遊]川﨑/[二]本多/[一]稲葉/[指]山﨑/[三]松田/[右]T-岡田/[左]中田/[中]糸井/[捕]嶋

全パが5-0で勝利し、今球宴の対戦成績を2勝1敗として勝ち越した。全パは1回裏、稲葉の2ランで先制すると、3回にも稲葉のタイムリーで加点。その後もT-岡田のソロ、代打・内川のタイムリーで追加点を挙げた。投げては先発・田中から8人の投手リレーで全セ打線を零封した。





-
073//07/26tue. vs阪神10回戦/甲子園18:00開始/ ◆45,129人/3時間12分

継投? 中継ぎが死んじゃうよ。

中日 001110000 ネルソン/三瀬/河原 - 小山
阪神 10002002X 能見/渡辺/榎田/小林宏/藤川 - 藤井彰
○小林宏1勝4敗0S/●ネルソン6勝7敗0S/S藤川3勝0敗20S
[中日]和田5回9号ソロ / [阪神]森田5回1号2ラン
[遊]荒木/[二]井端/[中]平田/[三]森野/[左]和田/[一]グスマン/[右]小池/[捕]小山/[投]ネルソン
[右]マートン/[中]平野/[遊]鳥谷/[三]新井/[一]ブラゼル/[二]関本/[左]林/[捕]藤井/[投]能見

3-3の8回1死二塁、代わった三瀬が鳥谷に三塁打を浴びた。100球を超えていた先発ネルソンを8回途中まで引っ張った落合監督「普通だったらその前に代える。あと何試合ある。中継ぎが死んじゃうよ」。同率2位の直接対決に敗れ、2カ月ぶりに3位に転落。「ひと言で言えば、もったいない試合。まだまだ若いな」

-
074//07/27wed. vs阪神11回戦/甲子園18:00開始/ ◆45,256人/3時間5分

みんな若いのにゲーム体力がない。いろんな選手を使えていいじゃん。

中日 100000000 チェン/久本/武藤 - 小山/小田
阪神 10044000X スタンリッジ - 藤井彰
○スタンリッジ8勝2敗0S/●チェン3勝7敗0S
[阪神]上本5回2号満塁
[二]荒木/[右]野本/[中]平田/[三]森野/[左]和田/[一]グスマン/[遊]岩﨑/[捕]小山/[投]チェン
[右]マートン/[中]平野/[遊]鳥谷/[三]新井/[一]関本/[左]浅井/[二]上本/[捕]藤井/[投]スタンリッジ

阪神に大敗し借金を4に増やした中日は、首位・ヤクルトとのゲーム差を今季最大の9へと広げられた。過去、中日が逆転優勝に成功した最大ゲーム差は昨季の8。チーム史上で例のないメークドラマ以外に連覇の道はなくなった。 試合内容にも言い訳の余地はなかった。森野の中前適時打で初回に先制しながら、その裏に荒木の野選をきっかけに失点。グスマンの失策で幕を開けた4回には、その後に岩崎逹の失策も絡んで4失点。続く5回にも先制打の森野が失策と野選をおかすと、とどめに先発・チェンが自身初被弾となる満塁本塁打を浴びた。

「経験を積み重ねるしかない。みんな若いのに体力がないな。ゲーム体力が。それも経験なんだろうけど」。真夏の消耗戦で失策を重ねる選手たちを前に、落合監督は冷静に淡々と話した。日替わり打線で臨む指揮官は「結果が伴わないのに出続けていい世界ではない。だから競わせている」とさらなるオーダー変更を示唆。「いろんな選手を使えていいじゃん」と、現状を前向きにとらえて苦境を乗り切る。

-
075//07/28thu. vs阪神12回戦/甲子園18:00開始/ ◆44,185人/3時間8分

1番平田。ソト6回無失点2勝。

中日 000001001 ソト/河原/小林正/浅尾/岩瀬 - 小田
阪神 000000000 岩田/渡辺/加藤/福原 - 藤井彰/小宮山
○ソト2勝0敗0S/●岩田5勝8敗0S/S岩瀬0勝1敗14S
[中]平田/[遊]荒木/[一]佐伯/[三]森野/[左]和田/[右]グスマン/[二]堂上/[捕]小田/[投]ソト
[右]マートン/[中]平野/[遊]鳥谷/[三]新井/[一]ブラゼル/[左]浅井/[二]上本/[捕]藤井/[投]岩田

中日が接戦を制して連敗を4で止めた。前日はミス続出の大敗で首位とのゲーム差も今季最大の9に開いた。この日さっそく動いた落合監督は2軍から3人を呼び寄せ堂上直を即スタメン起用。流れを変えたのはプロで初めて1番で起用された平田だった。

両チーム無得点で迎えた6回表、荒木のタイムリーで中日が先制。9回には和田の犠飛で貴重な追加点を挙げた。先発・ソトは6回無失点の好投。後を受けた4投手も得点を許さず逃げ切った。阪神は好投の先発・岩田を打線が援護できなかった。ソトは「彼のおかげだよ。しっかりストライクを投げろと励ましてくれたから」と、捕手の小田への感謝を一番に口にした。

-
076//07/29fri. vs広島10回戦/マツダスタジアム18:00開始/23,316人/3時間0分

堂上直。中田亮。天敵バリントンを攻略

中日 000103002 吉見/浅尾/三瀬/岩瀬 - 小田/谷繁
広島 010001001 バリントン/豊田/上野 - 石原
○吉見8勝2敗0S/●バリントン9勝5敗0S/S岩瀬0勝1敗15S
[中]平田/[遊]荒木/[右]グスマン/[三]森野/[左]和田/[一]中田/[二]堂上/[捕]小田/[投]吉見
[二]東出/[遊]木村/[左]丸/[一]栗原/[右]松山/[中]赤松/[三]松本/[捕]石原/[投]バリントン

1点を追う中日は4回表、堂上直のタイムリーで同点とすると、6回に中田亮、堂上直の連続タイムリーで3点の勝ち越しに成功する。9回には平田、グスマンのタイムリーで2点を追加し、突き放した。先発・吉見は7回2失点の好投で今季8勝目。堂上直3打点「年の近い中田さんが前でいいバッティングをしたので、その流れに乗ろうと思った」

-
077//07/30sat. vs広島11回戦/マツダスタジアム18:00開始/28,311人/3時間11分

13度目の零敗。何かしゃべらないといけないの? 引き揚げる選手と首脳陣は重苦しい雰囲気に包まれた。

中日 000000000 伊藤/鈴木 - 小田/小山
広島 03000000X 篠田/サファテ - 倉
○篠田4勝3敗0S/●伊藤1勝3敗0S/Sサファテ1勝1敗25S
[中]平田/[遊]荒木/[一]グスマン/[三]森野/[左]和田/[右]小池/[二]堂上/[捕]小田/[投]伊藤
[二]東出/[遊]木村/[左]丸/[一]栗原/[右]松山/[中]赤松/[三]松本/[捕]倉/[投]篠田

中日は守りで20歳の先発伊藤の足を引っ張ってしまった。2回。バウンドが変わった赤松の遊ゴロを荒木がエラーし、先頭を出した。1死後、赤松に二盗、三盗を許し、倉の適時打で生還された。伊藤は投手の篠田に安打を浴びるなど後続を断てず、この回に3点を失った。打線も三塁を踏めたのは7回の1度だけ。快勝した前夜から一転、攻守ともちぐはぐな完敗に、引き揚げる選手と首脳陣は再び重苦しい雰囲気に包まれた。落合監督「何かしゃべらないといけないの?」

-
078//07/31sun. vs広島12回戦/マツダスタジアム18:00開始/20,104人/3時間51分

延長12回裏、痛恨。ふっふっふ。

中日 00000000100  山内/小林正/浅尾/岩瀬/鈴木/河原 - 小山/谷繁
広島 10000000001X ジオ/今村/サファテ/岸本 - 石原
○岸本3勝0敗0S/●鈴木1勝1敗0S
[中]平田/[遊]荒木/[右]グスマン/[三]森野/[左]和田/[一]中田/[二]堂上/[捕]小山/[投]山内
[二]東出/[遊]木村/[左]丸/[一]栗原/[右]松山/[中]赤松/[三]松本/[捕]石原/[投]ジオ

中日は土壇場で追い付いたものの、延長12回に力尽きた。3位は変わらないが、4位広島とのゲーム差がなくなった。1点を追う8回途中から浅尾を投入するなど、ベンチの執念が9回の攻撃で実り、グスマンの二塁打を足掛かりに相手の失策で同点。延長11回の攻撃は三者凡退。試合時間が規定の3時間半を超え、勝ちがなくなった。

その裏。鈴木が先頭の栗原に二塁打され、続く代打石井は敬遠。バントで二、三塁とされると松本も歩かせて満塁策をとり、マウンドを河原に託した。だが、ベテラン右腕が代打の嶋にサヨナラの中前打を喫した。「フッフッフ」と意味深な笑みを浮かべて球場を去った指揮官に代わって河原が「僕の仕事は内野ゴロを打たせることなんで。抜けてしまってはね」と、痛恨の一打を振り返った。僕の場合「フッフッフ」で連想するのは、「GANTZ」道頓堀篇のぬらりひょんです。