space.gif
2005セ/パ交流戦『対戦監督へエール』
日本野球機構オフィシャルサイトより
space.gif
space.gif
■オリックスvsドラゴンズ篇
ミスター仰木: 落合監督と言えば、現役時代、球界を代表するホームランバッターであり、繊細で個性的な選手であった印象が強い。昨年は大きな補強もない中、リーグ優勝に導いたのは選手個々の特徴を良く見抜いていたと言える。昨年ともに3割前後の打率を残した1、2番コンビ井端と荒木、さらに4番ウッズが加わったことで気の抜けない強力打線になっている。戦いのカギは、この3選手を何とか封じ込めることだ。ドラゴンズ戦は交流戦の開幕カードであり、悪くても2勝1敗と勝ち越して、いいスタートを切りたい。
オレ竜: 初めての試みで、どういうゲームになるか、わからない。けど、146試合の中の36試合。先の事を考えず、その日の試合を勝つことに全力をそそぎたい。
space.gif
space.gif
■ライオンズvsドラゴンズ篇
ミスター伊東: 落合監督とは昨シーズン、お互いに就任1年目で日本シリーズを戦えた。結果的にうちが優勝できたが、落合監督は本当に素晴らしいチームを作ったと感じた。ことしもセ・リーグの本命だと思っているので、昨年のシリーズのように対戦が盛り上がるといい。今のところ、うちはチーム状態があまり良くないので、挑戦者のつもりで胸をかりたい。
オレ竜: 初めての試みで、どういうゲームになるか、わからない。けど、146試合の中の36試合。先の事を考えず、その日の試合を勝つことに全力をそそぎたい。
space.gif
space.gif
■ドラゴンズvsホークス篇
ミスター王: 落合監督は、広角でライトにもホームランを打てる強靭なリストの持ち主で、サムライ的な要素を持った好打者でしたね。現役時代はリーグも違い、対戦したことは少なかったですが、三冠王3回は、すごいの一言です。監督として1年目でチームをリーグ優勝に導いたことは、選手の適性を見る目、やる気を引き出す術に長けていると思います。いわゆる落合流の戦い方に対して、我々の大型野球が如何にそれを粉砕するか。今年も現時点ではリーグ優勝に一番近いところに付けているだけに、徹底した戦いを挑みたいですね。
オレ竜: 初めての試みで、どういうゲームになるか、わからない。けど、146試合の中の36試合。先の事を考えず、その日の試合を勝つことに全力をそそぎたい。
space.gif
space.gif
■ファイターズvsドラゴンズ篇
ミスター
ヒルマン:
落合監督とは過去2シーズン、沖縄でのオープン戦でお会いしたことがある。昨年のセリーグチャンピオンと、今度はレギュラーシーズンゲームで対戦できることを非常に楽しみにしている。ドラゴンズの充実した投手陣と切れ目のない打線に挑むが、臆することなく、相手にペースを合わせることなく、ファイターズの真骨頂である“最後まで諦めない野球”を展開する。
オレ竜: 初めての試みで、どういうゲームになるか、わからない。けど、146試合の中の36試合。先の事を考えず、その日の試合を勝つことに全力をそそぎたい。
space.gif
space.gif
■マリーンズvsドラゴンズ篇
ミスター
バレンタイン:
space.gif
昨年のセリーグチャンピオンで、今年もそれらしい戦いをしている。うちの選手が彼らと渡り合うのが楽しみ。
オレ竜: 初めての試みで、どういうゲームになるか、わからない。けど、146試合の中の36試合。先の事を考えず、その日の試合を勝つことに全力をそそぎたい。
space.gif
■ドラゴンズvsイーグルス篇
ミスター田尾: 落合監督とは年齢も一緒で、普段もよく話をします。オフには「共にプロ野球を盛り上げていこう」と誓った仲です。現状ではシーズン前の予想通りいい状態ですね。こちらは借金を抱えながらの戦いが続いていますが、強いチームにぶつかることで、チームとして何かを掴みたいと思っています。
オレ竜: 初めての試みで、どういうゲームになるか、わからない。けど、146試合の中の36試合。先の事を考えず、その日の試合を勝つことに全力をそそぎたい。
space.gif
うちの監督ってばあれだけ日本一日本一言うくせに、なんだってこんなに交流戦にネガティブなんですか。拗ねてるとゆーか。書くのがイヤなら広報に下書きさせるとか信子総監督に書いてもらうとか、いくらでも方法はあるだろうじゃないか。ツライなー。でも敢えて保存しときます。まあ、これもまた博満ってことで。
space.gif
space.gif
kansokujo_lavender.gif